beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

大潮の干潮、GIビーチ

サーファーがGIビーチと呼んでいる北小倉ヶ浜に大潮の干潮を狙って出かけました。
小倉ヶ浜の北と南の両端は特に遠浅になっています。干潮で露出した部分が広がって、砂浜の幅が普段見ている二倍くらいに見えます。塩見川の北側から南の方向に向かって撮影した景観を見てください。
e0094349_18193459.jpg
e0094349_1819456.jpg

このような浜の景観を見れば、小倉ヶ浜が砂浜侵食と無縁になっていることがわかります。

しかし、干潮と満潮の砂浜の広がりかたが極端に違うので、満潮の時に見て、干潮の時の記憶を元にして勘違いする人がいるのかもしれません。日向市のホームページでは市が指定したアカウミガメに関する説明文がありますが、いくつか間違っていることの一つが侵食の記述です(宮崎市のケースをごちゃ混ぜにしています)。
http://www.city.hyuga.miyazaki.jp/bunkazai/browse.php?number=48
市指定文化財

天然記念物 アカウミガメ及びその産卵地
所在地 / 日向市お倉ケ浜、金ケ浜
指定年月日 / 平成15年9月29日

 アカウミガメは世界的にも生息数が減少している絶滅危惧種で、国際保護動物に指定されている。日本の本州、四国、九州、沖縄の海岸一帯は北半球唯一のアカウミガメの産卵地であり、宮崎県は屋久島に次いで産卵の多い地域となっている。
 日向市の主な産卵地はお倉ケ浜と金ケ浜であり、例年5月頃からアカウミガメの上陸、産卵をみることができるが、砂浜の侵食が進み、海岸利用者の増加などもあって、近年、アカウミガメの上陸、産卵活動が脅かされつつある。


私が観察した小倉ヶ浜のアカウミガメの産卵上陸についての保護問題としては、行政の「お墨付き」で熱心に行われている卵の移設が最大の脅威でしょう。

どこから引用したのかわかりませんが、北半球唯一の産卵地というのは間違いであって、大西洋とインド洋の北半球でそれぞれ日本の太平洋沿岸よりも多くの産卵上陸が見られます。北太平洋で唯一、と書き直すべきでしょうが、その前に確認すべきことは、タイワンや中国の一部の沿岸でも産卵しているのではないでしょうか。なお、世界一ウミガメにやさしくない国として日本が槍玉にあげられていることは前のブログでシリーズで紹介しました。
http://beachmollu.exblog.jp/8415022
http://beachmollu.exblog.jp/8417261
http://beachmollu.exblog.jp/8417727
http://beachmollu.exblog.jp/8477645

屋久島という鹿児島県の一部と宮崎県全体を比較するのも変だし、日向市が県の指定とは独自に地域で天然記念物指定をした理由を明記するべきでしょう。鹿児島と高知は県条例で保護動物に指定していますが、宮崎県は有数の産卵上陸を誇っていながら、バラバラの保護行政のもとで「名ばかり保護動物」となっています。

塩見川の河口部分でカラスが4羽、潮干狩りに熱中していました。貝類のほかにキンセンガニが食われていました。
e0094349_18195675.jpg

また、掘り出したチョウセンハマグリを食卓岩まで運ばないで現場で食べていました。
e0094349_18234041.jpg

近くのカラスが何かを掘り出して口にくわえたところを目撃したので、脅かして落とさせ、それを確認してやろうと接近したら、くわえたまま飛び去ってしまいました。相手はこちらを観察しながら安全距離をしっかり維持して餌とりしているので、双眼鏡を持って出なければ獲物はよくわかりません。
e0094349_18251558.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-04-08 18:30 | 海岸
<< 干潮の青島海岸にて Olivella情報 >>