beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ポポーの花が咲いています

ポポーというのは熱帯のパパイヤと紛らわしく、同じバンレイシ科のものがほとんど熱帯植物であるためか、熱帯果樹のカテゴリーで苗をネット販売しているサイトもあります。しかし、アメリカ合衆国の南東部原産ですから、宮崎県や鹿児島県くらいの気候で成育するものです。

沖縄ではバンレイシ科のアテモヤとサワーサップを庭で栽培して果実を収穫して食べていました。この類ではチェリモヤが一番うまいのですが、授粉が難しくて花は咲いても実が付かずで、木は大きくなりましたが結局収穫できませんでした。

日向市に移住してからチェリモヤの苗を購入して栽培を試して見ました。熱帯産と言っても高山地帯が原産ですから、耐寒性はあるかもしれないと思ったのでした。しかし、霜には落葉して耐えても、氷が張るような寒波には耐えることができず、実を食べて得た種からの苗も含めて全滅です。パッションフルーツも同じくダメでした。

熱帯種はどうせダメだろうとおもっていましたので、バックアップとして眼を付けたのがポポーです。ネット販売サイトから取り寄せ、おいしく食べた実の種から育て、最初の冬を過ごした苗が35本ありますが、今週から新葉を出し始めています。これを大きく育てて、ポポーの果樹園の基礎をつくるつもりです。その一方で、アメリカからいろいろな栽培品種の接木苗が輸入されてネット販売されているので、4品種を1本ずつ庭に植えました。そのうち1本は枯れてしまいましたが、残る3本は元気で花芽をつけて越冬し、今週から開花を始めています。下の写真はウェルズという品種です。花が下向きに開花するので撮影しにくいのですが、LED内臓の接写で何とかなりました。
e0094349_1881446.jpg
e0094349_1882262.jpg

花芽はこげ茶色で、開花する前は緑色になり、花は濃い赤ムラサキになります。
これから開花するものが下の写真です。
e0094349_1810868.jpg

ふた冬過ぎても、接木苗はまだ肩の高さまでしかありません。高さが4~5mになる木ですが、はじめのうちは生長が遅いようです。今の木は花の数とバランスが取れていないので、授粉したとしてもいずれ落果が落下するでしょう。少し咲いていた一昨年と昨年の花は全部落ちましたが、今年は少し残るかもしれません。

アメリカでは政府の研究資金援助(Land Grantという仕組みがあります、水産ではSea Grantがあり、私はグアム大学在職中にシャコガイの養殖の基礎研究を担当しました)でポポーの優良品種を確保するために選抜育種などの試験を続けています。すでに数十品種あるようです。喫煙者の減少で葉タバコの生産が縮小を続けていることを背景にして、代替作物としてポポーが注目されているからです。作物の転換や果樹の生産には時間がかかりますので、農業試験場や大学などの農学研究者が時間をかけて基礎を固めるように試験研究を進めていなければなりません。
ケンタッキー州立大学にはポポーの専門家の情報サイトがあります。
http://www.pawpaw.kysu.edu/
アメリカ政府の農務省にあるUSDA ARS National Clonal Germplasm Repository
Asimina Genetic Resources Pawpaw
http://www.ars-grin.gov/ars/PacWest/Corvallis/ncgr/minor/asiinfo.html

葉タバコ生産量日本一の宮崎県では、進行中の生産縮小をにらんで、その生産農家を救うために作物の転換などをあらかじめ検討して、具体的な計画を立案するべきだと思いますが、この問題に関した県議会議員の質問や行政担当者の答弁を見ていると、無為無策のまま、崖っぷちまでズルズル行き、そのまま見捨てることになりそうな姿が見えてきます。
[PR]

by beachmollusc | 2009-04-15 18:12 | ポポー pawpaw
<< 前途多難、小原のホタルの里づくり ムベの花 >>