beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

前途多難、小原のホタルの里づくり

最近、自宅前の林道を林業用大型トラックが頻繁に往復し、杉の丸太を満載して運んでいます。どこで伐採をやっているのかわかりませんでしたが、ようやく見つけました。

塩見川の支流である奥野川は、小原(こばる)集落の外れにある自宅前より約100m上流で二股に分かれていて、東は横尾谷、西は権現谷に流れています。二つの合流点の下流部、つまり自宅周辺、で農水省が実施している補助事業「農地・水・環境保全」の一環としてホタルの里づくりを進めています。5年計画の事業で3年目に入ったばかりのところです。飼育して周囲に放流したゲンジボタルの幼虫はすでに上陸して土繭を作っているでしょう。

5月末から6月上旬には3種類のホタル(ゲンジ、ヘイケ、ヒメ)が飛び回るでしょうが、問題が残っています。

ヒメボタルが群れて飛ぶ杉林では冬の間に間伐が行われましたが、そのために、昨年まで一番多く飛び回っていたゾーンの地面が相当荒れています。そのため今年は飛翔する数が減ることを想定しています。

ヘイケボタルの成育環境は、小原の皆さんの協力があって、かなり良好です。これは心配ないでしょう。

ゲンジボタルですが、奥野川には幼虫の餌になるカワニナなどの貝類がほとんどいません。ホタルの名所である北隣の谷筋の三ヶ瀬川(五十鈴川の支流)とは天地ほどの差があります。なぜこのような極端な差異が生じているのか考えると、主な原因として砂防ダム建設、杉林の伐採、林道工事と、養鶏場からの排水が疑われます。

三ヶ瀬川では上流部にシイタケ栽培と小規模な農地があるだけで、集落が現れるところまでの河川改修もあまり行われておらず、また杉の植林もあまりされていない、宮崎県内で稀な自然が色濃く残っている地域です。ホタルのシーズンには川筋全体に無数のゲンジボタルが乱舞していて、集落の家々の周りでも飛び交っていました。

砂防ダムについては、横尾谷に大きなものが3つ並んでいることを前のブログでも指摘しました。昨日権現谷で見つけたのは、比較的新しい、しかしすでに土砂が堆積して埋まっている砂防ダムです。これも隣の谷のものと同様に、なぜここに、何のために建設しなければならなかったものか理解に苦しむものです。
e0094349_10142034.jpg

林道から見えたのはこれ一つでしたが、他にもあるかもしれません。権現谷は上流で二股になっていて、西側の枝道で、このダムが見えた林道で舗装工事がなされたのが私が引っ越す寸前で、4年前くらいです。東側の枝道を北に進んで峠を越えた向こう側に三ヶ瀬川があります。

説明のために地形図をスキャンして地名などを書き込んだ画像です。
e0094349_10184232.jpg

権現谷沿いには二つ養鶏場があって、一つは山の斜面上の高まりにありますが、地鶏の方は二股分岐部分の川に密着しています。この施設が川の環境に何か影響しているかどうか即断はできませんが、下流には奥野河川プールがあって、夏には大勢の利用者が泳いでいますので、プールの管理責任がある日向市による水質のチェックは必要でしょう。

地鶏養鶏場のすぐ上の山の斜面では杉林が大規模に伐採されていました。
e0094349_10243151.jpg
e0094349_102440100.jpg

この伐採された斜面のすぐ上流にすでに埋め尽くされた砂防ダムがあります。それとは無関係に、次の大雨で今回伐採された谷の両側の斜面から大量の土砂が奥野川に流出することは避けられないでしょう。塩見川まで影響が及ぶかもしれません。

ホタルの里づくりは前途多難です。
[PR]

by beachmollusc | 2009-04-16 10:26 | 環境保全
<< カモとカラスとキジバト ポポーの花が咲いています >>