beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

サルナシとマタタビ

キウイフルーツの栽培に関しては、スーパーなどでいつでもいくらでも安価に購入できるため、興味はありません。柑橘類に関しても同様です。ミカン類の木を庭に植えているのはチョウチョのためですので、幼虫が葉を食べ荒らしているのを見てニコニコしています。お客さんがそれを見つけて幼虫を虐待しようとするので困ります。幼虫やサナギは鳥達が見つけ次第食べて、適当に間引きしてくれますので、鳥はいつでも歓迎しています。

昨年、ホームセンターでキウイの苗、それもオスが1本、寂しげに売れ残っていたので買ってしまいました。メスの苗を購入する予定はありませんが、サルナシと交配するための受粉に利用したら面白いかと考えました。

サルナシには種類も品種も多数あるようです。宮崎県ではサルナシ類をヤマナシと呼んでいて、それにはただのサルナシとシマサルナシの二種があるようです。キウイフルーツの原種について、いろいろ間違った情報が流されているので騙されていましたが、いつもお世話になっている岡山教育大学の波田研サイトの雑学記事で疑問が解けました。キウイの原種はオニマタタビというものだそうです。
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/actinidiaceae/onimatatabi/onimatatabi.htm

雑学の項目内で、マタタビ科 Actinidiaceae のメンバー3種が紹介されています。
  サルナシ Actinidia arguta
  オニマタタビ(キウイ) Actinidia chinensis
  マタタビ Actinidia polygama

オニマタタビの学名の種名が中国を意味しますので、これが別の和名がシナサルナシとされる元になったようです。シマとシナではまぎらわしく、またシナという接頭語の使用は控えたほうがよいので和名はオニマタタビとするのが妥当だろうと思います。ついでにチョウセンが頭に付いた貝類の和名も変更したいものです。(熱帯産で朝鮮半島に分布していないチョウセンサザエとチョウセンフデ、そして分布していないと思われるチョウセンハマグリなど)

和名の問題はともかく、サルナシとマタタビが同属の植物と知って、両者を一緒に考えています。
学術論文検索で小泉源一(1940) 「日本本土のマタタビ属 (Actinida of Japan) 」 植物分類・地理 Acta phytotaxonomica et geobotanica 9(2) pp.97-99 という古い文献が見つかりました。種の検索表があります。

サルナシを地域起こしの目玉にしたいと希望するグループが日向市の近郊にあります。リーダーのKさんは山中の自分の農園で多くの野生品種のサルナシを栽培しています。宮崎県や日向市の行政に対して、サルナシを地域特産品にするための何らかの支援をお願いしたようですが、相手にされなかったようです。マンゴーのような、地球環境にやさしくない「石油の卵」のような果物の生産には多額の補助金が出るようですが、地域環境に密着したものは軽視されています。

おそらくマタタビの方が知名度が高いので、両者をセットにして「マタタビとサルナシの里」をつくる、と宣言する方がインパクトがあるかもしれません。

山中でサルナシやマタタビを見つけて栽培する元を確保したいと思っていましたが、海洋生物が専門で、山の経験が浅い身ではなかなか見つかりません。また、つる性植物は林業では敵視されるようで、人工林だらけの近隣で見つけることは難しそうです。Kさんがサルナシの苗を提供してくださることになっていますが、それと平行して、自分でもいろいろな栽培品種を育てたいので、ネット販売サイトからいろいろ取り寄せました。庭で新葉を出している連中を写真で紹介します。

一冬を越したオニマタタビのオスです。小さな苗だったのが相当伸びていますが、今年は更に育って、もてあますかもしれません。
e0094349_8195213.jpg

大分の業者が販売しているのを昨年購入した、標高1000mあたりに自生するサルナシです。
e0094349_8192128.jpg

今回、定額なんとかで購入したのが赤い実がなる栽培品種のハーディ・レッド(たぶん、サルナシ)です。
e0094349_8205817.jpg

おなじく、インパルという品種名のサルナシ(たぶん、シマサルナシ)です。
e0094349_8213524.jpg

マタタビもオス、メスセットで苗を購入しました。上がオス、下がメスです。
e0094349_8224878.jpg
e0094349_8242296.jpg

北国のマタタビである「ミヤママタタビ」をついでに購入しています。これが宮崎県の気候で育つかどうかわかりませんが、何でも試してみる、ダメもと精神でやってみます。
e0094349_826261.jpg


サルナシの栽培技術について試験研究をしている行政機関があります。岐阜県森林科学研究所サイト:http://www.com.rd.pref.gifu.jp/~forest/rd.html
ここでは林産資源の利用開発に関する情報発信をしている林業関係機関としては、いまどき珍しい、極めて意欲的なところでしょう。

「おいしいサルナシづくりをめざして」
http://www.com.rd.pref.gifu.jp/~forest/rd/rinsan/74mj5.pdf
http://www.com.rd.pref.gifu.jp/~forest/rd/shigen/0601gr.html

「サルナシってどんな植物?」から引用します。
『岐阜県での安定生産に向けて』
 サルナシは、リンゴやモモなどの果樹に比べ土地を選ばないため、荒れ地や休耕地、そして傾斜地を活用した栽培が可能です。しかも、植え付け後の管理作業も少なくて済むため、副業栽培に有利な林産物であるといえます。そして、もともと山間地に自生し、寒さにも強い事から、岐阜県の山間地で栽培可能な特用林産物としての適性を十分に備えています。しかし、実際に岐阜県の山間地で安定した生産を行なうには、まだデータが不足しています。
 そこで、山間地でのサルナシ栽培を実施できるよう試験研究を進めています。現在は、植栽に用いる苗の優良品種を作出するために準備を進めています。そして将来は、栽培管理が容易で収量も多いなどの特性を持つサルナシを提供していきたいと考えています。
http://www.com.rd.pref.gifu.jp/~forest/rd/rinsan/0409gr.html
岐阜県に自生するサルナシNo.1株を探して
http://www.com.rd.pref.gifu.jp/~forest/rd/shigen/mori071201.html
県の予算で運営されている研究所ですが、岐阜県だけに自生する植物ではないので、近隣も含めて各地の遺伝子資源の探求をしたら良いと思います。(しかし、研究担当者にそのような意欲があっても、県外調査に出る出張費は認めてもらえないでしょう。日本の行政機関の病気の一つ「縄張りの死守と鎖国(県)」がセットになっていることは、いろいろ見てきました。道州制などの行政の枠組織の変更以前に、このような場面での意識改革がもとめられます。)

この岐阜県の森林研究所ではアケビの栽培試験もやっています。
http://www.com.rd.pref.gifu.jp/~forest/rd/cold/akebi.html

なんと、私の大好きなクズにも注目していました。ただし、林業のやっかいもの対策としてです。それでも研究担当者は健全な思想を持っているようです。下に引用した文章がそれを示しています。

 アメリカでは、クズの葉の栄養価が高いため、クズを家畜の飼料として利用しています。もし、クズが樹木に巻き付きさえしなければ、日本の林業において悪者にならなかったはずです。それどころか、土壌を肥えさせる肥料木として造林木と一緒に植栽されるようになったかもしれません。結局、クズが自然環境の中で生きていくために身につけた、樹木に巻き付くといった性質が、林業という人間の社会環境に合わなかったということでしょうか。
 最近、いじめや暴力により、登校拒否や学校から排除される子供が増えていると聞きます。原因は、子供達の生活環境や現在の社会環境の影響が大きいようです。私達大人は、子供達が人間の屑にならないような環境を作っていく必要があります。
http://www.com.rd.pref.gifu.jp/~forest/rd/ikurin/9609gr.html
宮崎県では畜産、特に牛の飼料作物の自給生産に努力するべきでしょうが、なぜクズが注目されていないのでしょうか。

AGsearchではキウイフルーツ関係の報告が多数見つかります。サルナシに特に注目した報告は限られているようですが、交配実験の成果も出ているようです。面白そうなものを拾い出していますが、本文がそのままで読める文献は限られています。

片桐孝樹;末澤克彦 (1997) 「マタタビ属植物の種間交雑における新系統KC−183及びAM−203の特性」 香川県農業試験場研究報告 49号 p. 43-54 
http://rms1.agsearch.agropedia.affrc.go.jp/contents/JASI/pdf/PREF/56-0112.pdf

水上 徹 , 金 鎮国 , 別府 賢治 , 望岡 亮介 , 福田 哲生 , 片岡 郁雄 (2005) 「サルナシ (Actinidia arguta) の結実および果実形質に及ぼす同種および異種花粉の授粉の影響 」 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表 74(2), 339

片岡 郁雄 , 高橋 和寛 , 別府 賢治 , 福田 哲生 , 佐藤 義機 (2001) サルナシ(Actinidia arguta)およびシマサルナシ(A. rufa)諸系統の特性評価 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表 70(1), 191

FERGUSON A. R. (2004) 1904-the year that kiwifruit (Actinidia deliciosa) came to New Zealand New Zealand J. Crop Hort. Sci., 32 pp.3-27
本文のファイルがオンラインで出ていないので読めませんが、キウイフルーツがニュージーランドに渡来して100周年の論文のようです。オニマタタビが栽培品種のキウイフルーツに作り上げられるまで、相当長い期間を要したのではないでしょうか。しかし、この論文では種名が違っていますが、品種の差異か種の差異かよくわかりません。

キウイフルーツ研究室、という駒沢女子大学のサイトがありました。日本のキウイフルーツに関する情報センターです。http://www1.ttv.ne.jp/~kiwi/

Cyber Greenというサイトにサルナシの栽培品種や野生種についての詳しい情報がありました。
http://f61.aaa.livedoor.jp/~skcnc/
サイトではキウイフルーツ関係がトップ項目ですが、ブルーベリー、ラスベリー、マルベリー(桑)、その他について情報発信されています。果樹と混植する山野草についての項目もあります。マタタビにも注目していて、その理由として、観葉植物となること、アブラムシの天敵であるクサカゲロウを誘引すること、そして果実の味も良いことが述べられています。有名なネコの誘引効果だけではなく、また薬用・強壮以外にも用途が広いということです。

このサイトの中にあったコメントで興味深い部分を一部引用します。

<国をあげたビジネス性を最優先させた諸外国の農務研究者が、マタタビ属の野生種の遺伝資源としてアジアから、多種類集められ交雑や選抜を行い、我が国でサルナシと呼ばれる果実がBaby Kiwiと呼ばれ、輸入される果実となっております。>

Baby Kiwiについて駒沢女子大学のキウイフルーツ研究室サイトの記述を引用します。

<一般に流通しているのは輸入物ですので、2~3月には南半球のチリ産が、また、9~10月には北半球の USA(主にオレゴン)産が入荷します。 市販される時機が短いので、なかなか入手が難しいフルーツです。>
[PR]

by beachmollusc | 2009-04-18 08:26 | サルナシとマタタビ
<< トゲトゲしい皆さんなど カモとカラスとキジバト >>