「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

フジについて

トゲのある植物の話題に混ぜていましたが、フジについて調べていたら面白くなってきたので、分離独立させるべき対象となりました。

アメリカには1830年代に鑑賞用に移植されて、その後は同じマメ科で同様に鑑賞用として移植されたクズの場合とよく似た経過を辿っています。

アメリカの南東部ではクズと同様にはびこりすぎて厄介な「侵略的外来種」と認定されています。自分の好みで導入したものを「侵略的外来種」と呼ぶのですから人間は勝手です。フジの駆除マニュアルまであるようです。
Southeast Exotic Pest Plant Council Invasive Plant Manual 
http://www.se-eppc.org/manual/japwisteria.html

Weeds Gone Wild: Alien Plant Invaders of Natural Areas
  Chinese Wisteria Wisteria sinensis (Sims) DC.
  Japanese Wisteria Wisteria floribunda (Willd.) DC.
  Pea family (Fabaceae)
http://www.nps.gov/plants/alien/fact/wist1.htm
中国原産の同類も一緒に扱われています。

アメリカ森林局のサイトでは野生化した(帰化した)フジの遺伝子型の地理的頻度分布を調査した結果を発表していますが、中国原産の種と日本のフジとが交雑したものが約8割を占めているそうです。
Title: Invasive wisteria in the Southeastern United StateS: genetic diversity,
hybridization and the role of urban centers
Author: Trusty, Jennifer L.; Goertzen, Leslie R.; Zipperer, Wayne C.; Lockaby, B Graeme
Date: 2007
Source: Urban Ecosyst, Vol. 10: 379-395
http://www.treesearch.fs.fed.us/pubs/31506
この報告の結論の最後の文章を引用しておきます。フジがアメリカ中ではびこることができた理由です。
<We conclude that Wisteria’s long history of horticulture,
rampant hybridization, and human-aided dispersal are all implicated in the
successful ability of these plants to invade natural habitats throughout the USA.>


日本国内の情報検索結果を見ると、フジは林業の敵のように扱われています。あのような見事な美しい花を魅せてくれ、すばらしい芳香を出してくれる植物を眼の敵にするとは悲しい話です。

県内の川筋の林道をめぐって車を走らせると、あちこちに咲き誇っているのを見かけます。

写真は家の前の奥野川の川岸でアカメガシワの木に絡み付いているフジです。
e0094349_1822405.jpg

e0094349_1983683.jpg

少し上流にはもっと大きな蔓があります。フジは20mくらいまで伸びると書かれていました。
今朝は曇っていて色がやや冴えませんが、朝日が当たると言葉での表現が難しいほどの美しさです。
e0094349_1985365.jpg

フジは日本一の花、ですね。

伊藤忠林業サイトには社員が「気」になる木の話をグループ社内報に投稿したものを集めています。 その一つにフジが取り上げられていました。
藤波の 花は盛りになりにけり 平城の京を思ほすや君   大伴四綱
http://www.itcringyo.com/column/column38.html

昨年、林道に伸び出ていたフジの蔓を切って持ち帰り、植えてみたのですが、育ちませんでした。オンライン情報では蔓の移植は難しいそうです。種ができるはずですので、いずれ実生苗を作るようにしたいと思っています。フジのマメには薬用成分が含まれているそうです。

日本語の情報検索では、キーワードを「フジ」として植物の一種として抽出することが難しいので、この植物の特性について様々な角度から記述されたものを見つけられませんでしたが、英語のサイトではわかりやすい情報があります。ところが、その点で特に優れているはずのアメリカ農務省のサイトではフジに関する情報を削除しているようです。何か不都合があったのでしょうか。
USDA NRCS - PLANTS Database サイトのリンクが切れています。
http://plants.usda.gov/

自宅隣地の杉林の伐採跡地につる性植物の支柱や棚を作り、サルナシやマタタビ、アケビとムベ、クズ、ツルウメモドキ、などを育てる計画を進めつつありますが、フジも仲間に入れたくなりました。蔓植物の公園つくりです。おいしい果実と綺麗な花を愛でましょう。
[PR]

by beachmollusc | 2009-04-20 18:57 | 植物
<< giant earthworm トゲトゲしい皆さんなど >>