beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

北川流域の家田・川坂湿原

昨日の北川ホタルの館におけるホタル博士講座の前に、長井地区の家田・川坂湿原を見ました。これらの湿原を埋立て、工業団地の造成が進められていたところ、ヒメコウホネ群落やグンバイトンボなどの希少種の生息する重要湿地であると環境省によって認定され、一転して保全区域となったそうです。

宮崎のページ・ようこそ宮崎の中に「家田・川坂湿原」の説明があります。
http://www.0503ak1025.net/zz-ieda.html

<「家田(えだ)・川坂湿原」は鏡山(645m)などに降った雨の伏流水が湧いて流れる家田川の周辺の湿原である。先の大戦中に食料確保のために水田にしたが、減反政策で水田の耕作が放棄されて元の湿原に戻った。(旧)北川町は工業団地にする決定をして家田湿原の約半分を買収して埋め立てをしたが反対運動が起こり、2002年に埋立て工事を中止し、湿原は壊滅直前でかろうじてその生命線を維持できた。>

以前からその存在は知っていましたが、今回初めて現地を見ました。

浦城海岸でナミノコガイの定期サンプリングを済ませ、須美江から北川に抜ける県道240号線で鏡山の中腹を通り、家田川の源流が刻んだ渓谷沿いの険しい山道を下って平地に出た場所に湿原がありました。

湿地の上手は沼になっていますが、樹木がよく茂っていて、道路から見てその状態は良くわかりません。少し下流の人里周辺で家田川は石積みとコンクリート護岸の直線水路になっています。昨夜の雨で増水したらしく、かなりの濁流が流れていました。

ヒメコウホネの群落がこのような人工的に改修された水路に群生している姿は不思議に思われました。おそらく水路の底は泥が堆積しているのでしょう。鉄砲水で堆積土砂が洗い流されるならば、このような植物は成育が難しいはずです。3面張り工法が広がる以前の時代に河川改修されたのでしょうか。
e0094349_745472.jpg

湿地の近くでは東九州自動車道の建設が進められていて、遠くにコンクリートの支柱が並んで見えます。
e0094349_7455937.jpg

可愛岳(えのたけ)の花崗岩の侵食された姿が不思議な形となって、そして727mという高さもあって、地域景観のランドマークになっています。長井地区では家田川周辺の田園風景と見事にマッチしています。
e0094349_746992.jpg

【可愛岳、えのたけ】のページ
http://www3.ocn.ne.jp/~jl6obb/yama/enotake/enotake.html

家田川の流域でも「農地・水・環境保全向上対策」の活動が行われているPR看板がありました。その隅っこにホタルの絵が描かれていました。
e0094349_851351.jpg

家田・川坂湿原の環境保全について宮崎県が「整備計画」を始めている様子が伺われました。
聞いた話ですが、この整備工事の場所でホタルが増えることが期待されているようです。
e0094349_87437.jpg
e0094349_871461.jpg

1200万円の道路と橋です。宮崎県の予算には余裕があるのでしょうか。
e0094349_8312744.jpg

現地の様子を見た印象で、この湿原はトンボたちの楽園でしょうが、ホタル、特にゲンジボタルの生息環境としては難しいようです。たとえ人為的に幼虫を放流しても育つことは期待できないでしょう。水底がヘドロになっていて、ホタルの幼虫の餌になる貝類が成育していない(できない)ような気がします。
[PR]

by beachmollusc | 2009-04-26 08:24 | ホタル
<< 林道探検 里の畑でキジをよく見かけます >>