beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

林道探検

日向市の塩見川の支流である富高川の上流、源流域の様子を見に行って、新緑で眼を洗ってきました。

県内の山奥の国道よりも立派な広域農道を走り、本谷地区で山中に入る枝道を曲がり、山口の集落を通過し、林道山口線そして仏川内線を通って、分水嶺を越えました。その林道がわが小原地区に出る奥野川の上流、横尾谷の渓谷沿いの林道につながっています。ごくわずかに舗装されていない部分がありますが、ほぼ全域が立派な4m幅の舗装道路です。しかし、地図には載っていません。今日は珍しく対向車1台に出会いましたが、めったに車は通りません。これは生活道路ではないからです。宮崎は全国一の林道県であって、高速道路は後回しです。過去の地域出身代議士の利権の歴史を物語っているのかもしれません。

最初に出くわしたのが、名前は出ていませんが、おそらく(市役所)が立てたアリバイ看板です。
e0094349_13235436.jpg

ホタルをダシにして、渓流の自然環境を壊す事業予算を獲得したようです。

この看板のすぐ近くに大きな砂防ダムがありましたが、日向市内だけ数えて、全部でいくつ(不要な)砂防ダムが建設されているのか、誰か教えてください。渓谷を遮る大型の砂防ダムの建設費は1つが数億円だと聞きました。

さらに上流にはもっと立派な看板がありましたが、伸びた草の陰に隠れていました。
e0094349_13265720.jpg

何が書いてあるのか見るために、草を倒して見えるようにしました。
e0094349_13273450.jpg

事業者がPRのために作った看板のようですが、説明文として書いてあることは意味不明で支離滅裂です。
このどこがどうして変であるか、読者の皆さんの突っ込みに期待します。

看板の周囲の急傾斜の山腹には一面に杉が植林されていました。杉林の「保水力」に期待しているのでしょう。谷筋の渓流を観察していると、杉の人工林のところでは、雨が降った後のわずかな時間だけ水が流れていて、普段は水の無い沢となっています。
e0094349_13321260.jpg

しかし、谷の反対側の斜面は自然林のまま残されたようで、一面に見える新緑が見事です。
e0094349_13323569.jpg

人工林を尾根まで急斜面の上に広げて林道を縦横無尽に建設し、さらに渓谷の流れを遮る砂防ダムを並べた、過去の大きな負の遺産が眼につきます。それがさらに産み出す災害復旧事業がおまけについてきます。

分水嶺近くの高い場所、多分標高300mくらいから見下ろした景色です。谷を挟んで自然林と人工林のコントラストがはっきりと見えます。
e0094349_13314585.jpg

林道の側面の吹き付け面では水抜き穴からアカメガシワがたくましく成長していました。
e0094349_13371060.jpg

この林道が舗装整備されたのは最近数年間のことでしょう。日向市の林道ですが、予算が余っているのでしょうか、最近あちこちで林道が新規に舗装されているようです。誰も通らない道なので、知る人ぞ知るの世界です。
e0094349_1346629.jpg

林道を探検したのは、サルナシやマタタビの姿を求めてでしたが、さっぱり見つかりません。
どこか似ている蔓植物がありましたが、これは違うものでしょうね。
e0094349_1338454.jpg

葉の特徴から見てマメ科のようですが、面白い実をつけている蔓植物を見つけました。
e0094349_13395540.jpg

小原に戻ってきたら、長年放置されていた石積みの炭焼きガマが働いていました。これは自宅から1kmのところにあります。周囲に薪炭用の樹木を増やして、炭焼きの需要に備えると良いでしょう。
e0094349_1341542.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-04-27 13:46 | 日記
<< ポポーが結実したらしい 北川流域の家田・川坂湿原 >>