beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

植樹のその後

2年前に自宅のすぐ近くで日向市ふるさとの自然を守る会が主催した植樹行事がありました。
2007年3月18日のことでした。
http://beachmollu.exblog.jp/5351266
その2ヵ月後の様子です。
http://beachmollu.exblog.jp/5742309
2008年7月の夏草がよく茂った時の状況です。一部で草刈が行われていました。
http://beachmollu.exblog.jp/8369329
昨日(5月2日)の午後、西日が植樹された斜面に当たっているところを記録しておきました。
この植樹された場所は急斜面であって、中央部の谷間は崩落しかかっています。

まず全体像を写した画面です。右側の杉の下側にある密林状態が植樹されなかった、放置された状態です。その左側の植林されたゾーンとの間に明瞭な空間が開けていますが、これは植樹前に雑木が刈り倒されていたことによるものです。隙間の左側に見える大きい樹木は伐採されずに残されたもので、よく育っています。
e0094349_7531667.jpg

植樹されたイチイガシの苗は当初は腰の高さくらいでしたが、現在は肩の高さくらいまで成長し、新葉が出て元気に育っています。下草刈りの効果で、歩留まりも高いようです。今年もこれからススキなどが急激に伸びて苗木より高くなるでしょうが、さらなる手入れが続けられるのでしょうか。

植樹された(事前に伐採された)ゾーンとそれに隣接した右側の林の所を撮影した写真です。草がまだ伸びていないので、植えられたイチイガシの姿を見ることが出来ます。おそらく2ヵ月後には草に隠れて姿が見えなくなるでしょう。
e0094349_804262.jpg

植樹ゾーンの中で、谷のようになっている、崩落しそうな中央部分です。このゾーンでは、植樹の事前準備で伐採されるような樹木がもともと無かったようです。ここでは新しく植えられたイチイガシもかなり苦戦しているように見えます。
e0094349_814533.jpg

植樹されたイチイガシについて「木の知恵」サイトの説明を一部引用します。
http://www.geocities.jp/kinomemocho/tie_jushu.html

<材は古来船の艪材,槍の柄として最も賞用せられ鋤鍬の柄,轆轤,歯車其他堅牢を要する器具に賞用せらる 又堅牢にして水切れよきをもって下駄の歯に適す 此樹の老大なるものの内部は黴菌(ばいきん)の為めに蜂巣状を呈し雅なるをもって煙草盆,額縁,短冊掛等の如き堅牢緻密を要せざる所の装飾材に用いらる。

別名櫓樫(ロガシ)。戦国時代に高鍋藩や細川藩では、長槍用に植樹していたという。一位樫のアラメは、一方の木口から息を吹くと他方に抜けるもので槍材として最良とされていた。イシメは全く息が抜けないもの。コマメはこれらの中間とされる。この槍の柄のお陰で鹿児島軍勢は強軍と言う評判を勝ち得たと言われている。>


薩摩の槍部隊に貢献したということですが、現代と近未来では何に使う予定でしょうか。船の櫓の需要はほとんど無いし、鋤鍬の柄にしてもあまり期待できません。何かに使うための木材を生産するための植林ではなかったと言うことでしょう。国の林業政策で需要と供給の関係が昔から無視されているようです。

樹木は利用される大きさになるまでに多くの年数がかかることは自明です。将来予測というのは難しいことですが、多様化という戦略があるはずです。照葉樹の自然林、水源涵養林として保全されるべき奥山を杉の人工林とし、それを皆伐して大規模林道建設に狂奔し、その一方で里山の林産資源の利用に無関心、無策である林野庁は存在意義が疑われて当然でしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2009-05-03 08:30 | 評論
<< 門川防災ダム ムギワラトンボとカクレミノ >>