「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ダムの無い川のダム群

日向市の北となりの門川町には五十鈴川という大きな川が流れています。流域面積で見ると、県内で大きい方から7番目となり、日向市の耳川に匹敵するほどです。この川には貯水池としてのダムはありません。

降雨と水源となる河川に恵まれ、宮崎県のダムは発電用のものが多くを占めています。これが集中豪雨をかわしきれないで、さらにまた斜面崩壊などを引き金にした河川氾濫・洪水を繰り返しているようです。ダムの存在そのものが洪水の源となるのでしょう。

耳川の上流域の椎葉村、諸塚村などで川が水面から数十mも上の国道を洗い流したことは信じがたいことでした。造林すべきでない急傾斜の山に人工林地帯を闇雲に広げた影響が大きかったようです。

2005年台風水害で、耳川上流などの斜面崩壊の様子を空中写真で見ることが出来ます。
http://www.ajiko.co.jp/bousai/kyusyu2005/kyusyu.htm#a1

延岡市の北川や宮崎市の大淀川などの氾濫は下流域で起こっていますが、発電ダムの放水管理がうまく行かないのでしょう。しかし、五十鈴川では、そのようなパターンの洪水は起こりにくいようです。

ダム便覧 14.宮崎県ダムのまとめ
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jdf/Dambinran/binran/TPage/TPSyosi367.html
<発電ダムは多目的ダムのなかの発電ダム10基を含めると34基と増え73.9%を占める。宮崎県は、富山県、長野県と同様に発電王国といえる。>

五十鈴川の源流域は旧北郷村(現美郷町)の奥山にあります。6月1日、高い山の中のサルナシを探しに北郷から日之影を結ぶ県道210号線を椎野谷沿いに走ってきましたが、その途中で次々に砂防(治山)ダムが出現するのであきれ返りました。全部でいくつあるかわかりませんが、道から見えただけで6基ありました。

一番の傑作ですが、最近流行している砂防ダムの公園化と思われる現場がありました。建設予算を獲得するために、治山・防災だけでなく、市民の憩いの場所を提供するという名目を付け加えた、賢い役人の「(悪)知恵」です。建設する意味が(わから)ない場所でも造ってしまえ、となります。
そして、いつものように、相手がいないままでむなしく語りかけている看板を立てます。緑をはぐくむのは自然の力ですが、それを人工林の造林と「治山」対策のダム建設事業が破壊しています。
e0094349_74498.jpg

e0094349_745152.jpg

なぜか、この場所で泳げるようにしたつもりのようでした。
たしかに水溜りが出来ていて、ハヤッコが泳いでいましたが、ヒトッコ一人いません。
e0094349_747246.jpg

e0094349_7473132.jpg

上流側にわずかな水量で流れていましたが、このようなダムでは土砂の堆積が進んで水はほとんど伏流してしまいます。
e0094349_74967.jpg

本流に段々畑のようなダム群を造っただけでは飽き足りないようで、それに合流する谷からの小さな流れにも堰を造っています。
e0094349_7584671.jpg

これらのお飾りダムのすぐ上には本格的な砂防(または治山、同じ構造ですが造った予算で名称が変わる)ダムが二つ(おそらくさらに多く)並んでいました。
e0094349_7531694.jpg

e0094349_7503276.jpg

ダムの上流側は土砂でほぼ埋まっています。このようなダムの存在する意味・目的が理解できませんが、埋まることは(本来の)目的を達成したことのようです。しかし、それで何がどうなるのかわかりません。
e0094349_756117.jpg
e0094349_7562060.jpg

渓流の自然を壊すだけで何の役にも立っていないダムをずらっと並べて建設してきたのは、役人たちが正気ではなかった証拠に思えます。
[PR]

by beachmollusc | 2009-06-03 08:02 | 評論
<< シマサルナシの結実 北川のマタタビ酒 >>