beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

秘境、中之又探訪

小丸川の上流(支流)である度川(どがわ)の周辺ではホタルが多いと聞いて、これまで数回訪れています。二年前には、山の上まで車で登って、上度川の(無人の)樫葉オートキャンプ場なども見てきました。
http://beachmollu.exblog.jp/6202802

今回(7日の日曜日)は小丸川に沿って走る県道22号、東郷西都線に沿って美郷町南郷区の下度川から木城町に向かって走り、山奥の中之又の集落を抜けて、さらに奥にある祇園滝キャンプ場なる場所を訪れました。
e0094349_88486.jpg

地図で木城町、中之又周辺を見ると、この谷間の集落は1000m以上の標高の峰で取り囲まれています。

谷間を走る道は祇園滝のキャンプ場まで舗装されていてドライブに支障はありません。
e0094349_7504369.jpg
e0094349_7505173.jpg

祇園滝は78mの落差があるというので、すばらしい景色でしょう。しかしキャンプ場の広場から滝までは700mの険しい歩道のようだったので、ミッキーを連れて歩くのは無理と判断し、滝を見ることは見送りました。ドライブしてきた道を1キロほど散歩しましたが、マタタビがあちこちにありました。
e0094349_7512662.jpg

キャンプ場の施設はかなりよく整備されていましたが、ほとんど利用されている様子がありません。地元の中之又小学校の生徒の遠足道としてはちょうど良い距離にありますが、宮崎市などの都市部からは2時間程度のドライブになります。
e0094349_7542978.jpg
e0094349_7543849.jpg
e0094349_7544722.jpg

広場は草が刈られていました。また、施設の脇の渓流はとても綺麗です。
e0094349_7555573.jpg
e0094349_756391.jpg

祇園滝の手前、中之又の板谷地区では田植えが終わっていました。地元の方を見つけて質問したら、ここには8世帯あり、子どもや若者はいないそうです。
e0094349_7582426.jpg

この村から中之又林道が山に登っているようです。ここの谷のはるか上では1000m近い稜線に沿って、ひむか神話街道の西都市に向かうスーパー林道が走っていますが、それに合流するようです。山上の稜線を見上げたら、林道脇の杉が透けて見えました。
e0094349_812245.jpg

谷間を見ると、傾斜が45度よりキツイように見える斜面に杉が植林されています。このような場所に植林した先人の努力には驚くだけでなく、ただただあきれてしまいます。
e0094349_832451.jpg

県道に沿った中之又の中心集落には小学校がありますが、今年3月をもって閉校となったそうです。
すでに生徒がいない学校ではオバサンたちが花壇に水をやって、周りをきれいに清掃していました。
e0094349_864147.jpg

e0094349_881535.jpg

学校の下の谷間には水泳プールがありました。養魚池に利用できそうです。
e0094349_871060.jpg

道路わきにあった小学生たちが作ったかわいい看板です。
e0094349_88161.jpg

子どもがいなくなって老人だけになり、そのための施設が新たに造られています。
e0094349_893019.jpg

中之又の近く、小丸川には九州電力の水力発電所とそのダムがずらっと並んでいます。
e0094349_8124220.jpg

中之又の少し下流で、県道から外れているので、迷い込まないと見つからない(とても奇妙な)立派な展示施設がありました。
e0094349_8105761.jpg

e0094349_8111814.jpg

ピノッキオをモデルにしたようですが、その意味がわかりません。

遊具もあって、子どもを連れてくる市民のために発電所に関する啓蒙普及をするための施設のつもりのようです。日曜日でしたが、休館のようでした。発電所の見学ツアーもしているのでしょうか。

このピノッキオさんのところに迷い込んだ理由は、道路工事の迂回路の案内標識に騙されたからです(実際は日曜日だったので工事をしておらず、迂回する必要なし)。迂回路の案内が不備で、中八重橋を渡って、対岸に迷い込んだ先で「日向新しき村」という、とても古い村を見つけました。写真を撮っていませんが、HPがありますので、興味がある方はそれを見てください。財団法人、「新しき村」のサイト:http://www.atarashiki-mura.or.jp/
創立1918年 ここは武者小路実篤とその同志が開いた村です。

理想郷を夢見た農村経営のようですが、このような集落が生き残っていることは、中之又の山奥の(おそらく、消え行く運命の)集落と見比べて、興味深いことです。

木城町には、「新しき村」のすぐ近くに「木城えほんの郷」というところがありますが、この辺で時間が押していたので、22号線から枝分かれしている19号線で木城町の中心部に向かい、それから日向市に戻りました。
[PR]

by beachmollusc | 2009-06-08 08:39 | 日記
<< 六峰街道のサルナシ サーファーいろいろ >>