beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

六峰街道のサルナシ

標高の低い山中で見つかるのはシマサルナシばかりで、サルナシの実付き株がなかなか見つかりません。

昨日は地域面積あたり日本一(つまり世界一でしょう)の林道を誇る諸塚村まで踏み込んで調べてきましたが、1000m前後の稜線めぐりの諸塚山スカイラインはスカでした。どうやら林業の敵である蔓植物、サルナシたちは生存を許されない地域のようです。

山地めぐりのブログで紹介されていますが、このスカラインの一部は六峰街道と重なっていました。
http://precious.road.jp/miyazaki/morotsukayamaskyline.htm

今日のドライブ・コースは、広域基幹林道:塩見谷・土々呂内線(自宅前)→県道225号線→国道388号線→県道20号線→六峰街道(北方の入り口から)→論出林道→県道210号→国道388号(宇納間経由)→塩見谷・土々呂内線(北郷の入下、にゅうした入り口から)→帰宅、でした。

国道388号線は門川町から美郷町・北郷区にかかる部分で狭くなっていて、「酷道」と呼ばれています。このあたりでは対向車とそのままでは離合できない崖道が断続しています。また、道路には猿の置石まであるようです。サルの注意標識が二箇所ありましたが、その一つです。
e0094349_19172693.jpg

サルナシ探しにサルの標識はなかなか縁起が良い?かもしれない、と喜んでドライブしました。

六峰街道には、標高約900mの速日の峰(二子山)の山頂に風力発電の風車が一つある遊園地:ETOランドがあります。NEDOという役人の天下り機関が地元の北方町(現在は延岡市)と費用を折半して建設した施設であると書かれていました。

20号線から六峰街道(最初の部分は二子山林道)に入る角に大きな看板があります。
e0094349_19263488.jpg

ETOとは、この施設を誘致したに違いない地元の代議士センセイの名前に違いないだろうと想像したのですが、施設のウエブサイトによると、フランス語の「えとらんじぇ」、つまり「異邦人」をもじったそうです。想像を逞しくすると、センセイの名前をぜひ付けたいと思った地元の役人が苦心して(このようなこじ付けを)考え出したのではないでしょうか。とにかく、役人の頭脳はこのような局面では極めて優秀です。

風車までの距離が1kmごとに表示されていましたが、3km手前の上り坂の曲がり角から山頂に(自称、日本最大級の)風車がさびしく見えます。よその風力発電所では、複数の風車が並んでいる光景が普通ですが、一基だけというのはなぜでしょうか。
e0094349_19363551.jpg

風車が見えてから少し登るとカーブの路肩に「ポケットパーク」という旧北郷村が造ったらしい施設がありました。
e0094349_19385651.jpg

案内標識は洒落ていましたが、この公園の利用者は一体全体誰でしょうか。北郷村は合併して美郷町の一部となりましたが、このようなチッチャな公園の維持管理まで予算もなく、手がまわらないのでしょう。

水が出ない水栓がありました。
e0094349_19425732.jpg

公園の中のパーゴラに蔓植物が見えたので、駐車場に車を止めて検分しました。

蔓はムベでしたが、果実はできていないようです。
e0094349_19441340.jpg

パーゴラの下のベンチは伸びた草で覆われ、公園の草地には誰かの落し物が見えます。
この施設はシカさんたちが利用しているのかもしれません。
e0094349_19451413.jpg

ETOランドは火曜日が休園で、ゲートが閉まっていました。
ここはゲートが開いている日でも休業状態のようです。宮崎市の青島の遊園地も苦戦しているようですが、建設計画で、このような場所に採算がとれるような利用客が見込めたのでしょうか。延岡の市街から車で1時間くらいの場所ですから、従業員が通勤で通うのも大変でしょう。
e0094349_19495576.jpg

本日の林道探検ではサルナシの実が付いていた株を、ETOランドとポケットパークの間に、一つ発見しました。これで、めでたく2株目のメスのサルナシがみつかり、挿木用に枝先をいただいて帰りました。
e0094349_1951498.jpg

e0094349_195223.jpg

その他の収穫ですが、土々呂内渓谷の林道でキツネさんを見かけました。生まれて初めて野生のキツネを見ました。あっと言う間に藪の中に逃げてしまったので、撮影チャンスはありませんでした。
[PR]

by beachmollusc | 2009-06-09 19:59 | サルナシとマタタビ
<< 土々呂内渓谷の巨大砂防ダム 秘境、中之又探訪 >>