beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

椎葉村、飯干峠にて

15日はよい天気だったので、椎葉村に向かう国道388号線の未走行区間(美郷町南郷区にある、3人の神様がトイレ番をしている森の駅から先)に出かけました。椎葉村には327号線で諸塚経由でより早く行けますが、前に走っているので別のルートを取りました。目的地はカリコボーズの里、西米良村です。

走行コースは、国道327号(日向市永田)→国道446号(東郷町、道の駅)→国道388号(神門経由)→ふるさと林道中山・夜狩内線(中山トンネル通過)→国道265号(椎葉経由)→国道219号(西米良経由)→ひむか神話街道(広域基幹林道、中之又・吐合線、空野トンネル通過)→県道39号(中度川)→米良・椎葉林道(茶屋越トンネル通過)→国道388号(鬼神野、森の駅)→国道446号→国道327号(帰宅)、サルナシを探し、道の駅、森の駅、川の駅と湖の駅(西米良)の売店などに立ち寄り、約200キロ走行、7時間のドライブでした。

今回は国道と林道の多数の新旧トンネルを通過しましたが、なかでも一番期待したのが宮崎県の最長林道トンネル、中山トンネルでした。2,452m、県内の全トンネル中で長さが2番目です。林道トンネル2位の1301mの茶屋越トンネルは長さで6位ですが、建設中の高速道路のトンネル群が出来ると順位はずっと下がります。
e0094349_10432521.jpg
e0094349_10433337.jpg

実に立派なトンネルで、標高約500mの高さで山をくりぬいていて、ほぼ直線です。これは酷道という別名を持っている国道388号のバイパスとして機能しているので、交通量も多いようです。トンネル内で対向車線を走る車が3台もありました。茶屋越トンネルは両方向に数回走っていますが、対向車は平均1台でしょう。しかし、神様の走る神話街道の空野トンネル(476m)は中央のカーブで1個の照明だけが点灯されていて、真っ暗でした。神様に照明は必要ないわけですね。

椎葉村のダム湖脇の道から飯干峠に向かう酷道265号の山道は、対向車と出くわすと「さあ大変」の世界です。登りつめた峠の標高は1050mと地図にありましたが、GPSの記録と一致しました。
e0094349_10593796.jpg

途中で見えた山肌にはスギとヒノキの畠がモザイク状態でした。
e0094349_10561984.jpg
e0094349_10563199.jpg

そして林道部分から斜面が崩壊した様子があちこちにあります。おそらく4年前の台風14号の集中豪雨の時に崩れたものでしょう。
e0094349_112367.jpg
e0094349_1121063.jpg

峠に近いところに古い標識がありました。緑資源機構以前の公団時代から残っているようですが、薄暗くて太陽光が当たらない場所だったから色褪せずに残ったのでしょう。
e0094349_1141038.jpg

火(山火事)が嫌いなのは人間であって、自然ではないと思います。アメリカの森林では公園の管理が山火事防止を徹底させて、山火事による若返りが防止されて老化が進み、山林の生態系が不健康になったといわれています。もちろん、地域住民の生命と財産を脅かす山火事は望ましくありませんが、自然の営みの中には山火事も織り込まれている、という話です。

飯干峠の近くで実がたくさん付いているサルナシを見つけました。
e0094349_11115064.jpg

その実はたしかにサルナシだったのですが、葉はシマサルナシの特徴を見せていたので不思議です。
e0094349_11112642.jpg

サルナシの葉はシマサルナシに比べて葉柄の色が濃い赤であって、葉は細長く、軸のところから内側に折れるようになっています。
近くで見つけた実がなかった(多分オスの)サルナシの葉です。表と裏の写真です:
e0094349_11131742.jpg
e0094349_11132538.jpg

それに対して実が付いていた株(メス)の葉の表裏の写真です:
e0094349_11142352.jpg
e0094349_1114359.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-06-16 11:14 | サルナシとマタタビ
<< 緑資源林道と山三ケの集落 バームの形成 >>