beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

緑資源林道と山三ケの集落

17日もよい天気に恵まれたので、未踏査の緑資源林道を探検し、山の上の林道でミッキーと一緒に散歩してきました。

今回は、国道388号線の森の駅の手前にある林道入り口から入って、国道327号線の諸塚発電所までの道で、大規模林道、宇目・須木線の一部です。片側1車線でない部分もありますが、対向車との離合を気にしないで全線通れます。落石もほとんど無く、ツーリングやドライビングが快適に楽しめる路線です。オートバイ1台と乗用車、軽トラック合わせて4,5台と出会いました。

南郷区の中心部である神門を抜けて森の駅に向けて進むと緑資源林道の標識があります。
e0094349_9373296.jpg
e0094349_9374138.jpg

この道は、南郷と諸塚とを結んでいますが、国道388と327号を走った方が走行時間は短いでしょう。しかし、山奥に山三ケ(やまさんが)という集落があって、その生活道路となっている点でただの林道ではありません。

標高600m付近ですが、又江の原川の渓谷沿いに山三ケの集落がありました。住居と田んぼがあり、民宿まであるようで、道案内のサインがありました。
e0094349_940959.jpg

e0094349_9402281.jpg

谷の向こう側は標高約1100mの熊山ですが、あちら側の山腹にも集落らしきものがあり、林道も走っているようです。

林業の前進基地のような感じですが、山の斜面は一面のスギ畠で、時期がずれながら伐採されて再植林された場所がモザイクになっています。
e0094349_9442634.jpg

林道のすぐ下の斜面も谷底めがけて植林されています。
e0094349_9451875.jpg

段々畠のようににされている場所もありました。崩落地の修復かもしれません。
e0094349_9461814.jpg

集落を通り過ぎて尾根を登って行くと、標高が900m台になりました。清水岳、標高約1200mの山頂のすぐ下です。南郷区と西郷区の境界がこのあたりです。

林道の谷側は杉が視界を遮っていてよく見えませんが、曲がり角で視界が開けます。
山中にビニールハウスのようなものが見えましたが、園芸農業か、シイタケ栽培でしょうか。
e0094349_9495531.jpg

道端に放置された旗印がありました。調べてみたら、シイタケ栽培研究会の研修会の会場を示していました。研修会の後で片付けられなかったようでした。
e0094349_9512334.jpg

標識に道路工事の工区が示されていますが、道路建設から時間がそれほど経過していません。
e0094349_9524498.jpg

4年前の台風豪雨の爪あとでしょうが、修復されたばかりの崩落場所がありました。
e0094349_9541265.jpg

サルナシは収穫がありませんでしたが、道路脇には実がついたサルトリイバラが目立ちました。

道路建設後の時間が短いので、遷移初期のイバラ類が多く、蔓植物はクズが主でした。
道路わきにはなぜかフキの群落までありました。
e0094349_9563739.jpg

諸塚ダムのところで橋を渡り、耳川沿いの327号線にたどり着きました。
e0094349_9574491.jpg

耳川では相変わらず河川改修を熱心に進めていました。
e0094349_9583033.jpg

おやすみどころ、の看板がある店はいまだにお休みしているようでした。
2005年の大洪水では、この国道まで耳川の水が上がってきて、橋のたもとの公衆トイレの床がえぐられ、使用できなくなっていたのですが、修復されていました。disabled toilet の復活です。
(3年前の8月のブログ、http://beachmollu.exblog.jp/i4/ 椎葉村でなく、諸塚村の間違い)
e0094349_1012699.jpg

ここは宮崎交通のバス停留所となっていますが、日向市のロックタウンと結ぶバスは1日に5本です。
e0094349_1064214.jpg

自家用車で327号線を走ると、ここからロックタウンまでは50キロあまりの距離で、約1時間で着きます。
[PR]

by beachmollusc | 2009-06-18 10:08 | 日記
<< 西米良村のジャケツイバラ 椎葉村、飯干峠にて >>