beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

大規模林道の存在価値

緑資源機構のあとを継いで林道建設に邁進している森林農地整備センターのHPには昔の機構が書き残した情報があります。緑資源幹線林道事業については下のように書かれています。

林道ネットワークの軸となる幹線林道を整備しています
-緑資源幹線林道事業-

 複数県にまたがるような大きなまとまりを持った森林を、健全に手入れしていくためには、森林の隅々に到達するための林道のネットワークが必要です。
 植物の葉の隅々に栄養を届ける葉脈や、体内に血液を循環させるための血管と同じです。
 血管にも大動脈-動脈-毛細血管などの違いがあるように、林道ネットワークにも幹線林道-一般林道-作業道などがあり、それぞれが互いに機能しあい、より大きな役割を果たしています。 緑資源幹線林道事業は、日本の7つの山地に広がる広大な森林地帯(林業圏域)において、幹線となる林道を設置する事業です。 7つの林業圏域には、全国の森林の30%にあたる約750万ヘクタール(東京都の約34倍)の森林があります。
 幹線林道を軸とする林道ネットワークは、水の供給や地球温暖化防止など森林の持つ機能をより多く発揮させるだけでなく、山村地域の生活道路や都市と森林を結ぶパイプラインとしても役立ちます。

 緑資源幹線林道事業は、現在計画されている延長2,025kmのうち、65%に当たる1,312kmが完成しています。完成した幹線林道は、地域振興の基盤として活用されてます。

http://www.green.go.jp/green/gyoumu/rindo/index.html

正しい文章をつないで嘘をつくテクニックは官僚が業務を遂行するための基本技術ですが、上の文中で森林と人工林を上手に摩り替えています。また、都合の悪いことは伏せておくことも基本です。たとえば森林を都市と結ぶ国道や県道など、一般道のネットワークの存在については忘れられているようです。

九州北部の山林は地質時代の激変の傷跡を残していて、稜線がきわめて複雑に入り組んでいます。人工林をつくることは山地の地形に依存していて、水系のまとまりに沿った、すでに出来上がっている一般道を基本に、下流の拠点から山地に放射状に伸ばす作業道が搬出などの林業の基本作業を考えると合理的でしょう。それはすでに出来上がっているようです。

大規模幹線林道を大動脈と考えて、もともと連結する意味が薄いブロックの間に自動車通路を設けても、それを走る、つまり道路が利用される動機が産まれないでしょう。都市と森林を結ぶパイプライン、というのは何を意味したのでしょうか。観光を意識していることは一応考えられますが、一般道路から遠く離れて、走る時間ばかりがかかり、ただ禿山の景観が広がっている北九州の稜線を見に観光客がやってくることは期待できるのでしょうか。

完成した大規模林道を広範囲に走ってみましたが、地域振興に役立っているかどうかについてはきわめて疑わしいと思います。むしろ、一般道の維持と整備の予算だけでもアップップの地方行政に余分な維持コストを強いているのではないでしょうか。ただし、4年前のように大規模災害が起こって、災害復旧予算が国からの別枠で出てくれば、土建に関しては結果的に地域「振興」になっているかもしれません。崩れ易く、特に誰も走らない(崩れても不都合が無いような)林道は予算獲得の仕掛けとして有益な存在でしょう。

森林農地整備センターのHPには、大規模林道建設の(計算根拠が示されていない)コストベネフィットのプラスの計算結果と検討委員会の積極的な評価を元にしたゴーサインの「自己評価」が記載されています。お手盛りの評価であることは素人でも一目でわかりますが、専門家の委員会は何を検討していたのでしょうか。

複数の県をまたがって建設する事業は国からの予算でという、農林水産官僚がひねり出した(予算獲得)構想が大規模林道と広域農道システムであったと思われます。そして、事業を進める公団(機構)もできて天下りポストも生まれ、省益にぴったりでした。建設のための理屈は後からいくらでもついて来ます。一部の受益者と官僚のために自然破壊がビジネスと化し、山奥の河川から海まで自然の恵みを壊しまくりました。

北海道から九州まで、全国でこの建設に異を唱えている個人と団体がありますが、一般市民の関心は低いようです。

北海道の大規模林道問題 
北海道の山奥に理不尽な超大型公共事業の手が伸びている.
http://city.hokkai.or.jp/~kagami/Daikibo/Daikibo_menu.html

細見谷に大規模林道はいらない 
止めよう無駄な公共工事・なくそう無駄な天下り先
http://hosomidani.no-blog.jp/jumintohyo/

大規模林道の呆れた費用対効果分析
(渓流2005夏号掲載)
http://web.mac.com/s.ura/iWeb/9C156D2E-90CC-11DA-BB68-000A95B12BB6/9C3260B0-90CC-11DA-BB68-000A95B12BB6.html
< 結局のところ、大規模林道建設の目的は地球温暖化の防止でも林業の再建でもなく、むろん地域の活性化といったものでもない。むしろ土建業者の活性化と役人の天下り先の確保、この2点が緑資源機構の目的と断言してよいだろう。苦し紛れに災害時の迂回路を持ち出す区間もあるにはあるが、現実は災害時になれば真っ先に通行不能になるのが大規模林道なのである。>

NPOエコシステム 「林野庁の林業暴走」
http://www.ecosys-jp.net/

この林道建設問題について、犬と一緒の登山を楽しんでいる方のエッセイがあります。

第43話 戦後林野行政の罪と罰
http://www5a.biglobe.ne.jp/~katsuaki/heta043.html

(前略)

こうした林野行政のありさまをみてくると、林野庁という役所は林道を造る役所であって、日本の自然環境や生物多様性を守る役所ではないことがよく見えてくる。

 現在の森林政策は、木材生産から生態系や生物多様性の保全をはじめとする森林の公益的機能の維持・拡大の時代に入っている。こうした状況の中で、林野庁、緑資源機構に国有林の管理を任せておいていいのかという声が大きくなるのは当然だろう。

 林野庁と森林開発公団は、巨額の負債を生んで日本の自然を荒廃させるという罪を犯して、いまだに罰を受けることなく、存続を図っている。たとえば02年度には、地球温暖化対策のための森林整備に今後10年で1兆2千億円を費やす必要があると試算し、その半分近い5000億円を林道建設費用に充てようとしている。

 しかし国有林が木材生産事業の対象から公益的機能の維持・拡大の時代に入ったということは、国有林が収益事業の対象から環境管理の対象に大きく転換したということにほかならない。ならば、一般会計から今後長期にわたって資金を繰り入れる、すなわち国民の税金で林野行政の失敗の穴埋めをする代わりに、国有林管理の環境省への移行、大規模林業圏構想の見直しなどを今からでも行なうべきではないだろうか。現在のままの林野庁には、森林の公益的機能の推進などはとても任せられない。

 日本の森をより豊かにして子孫に残すという環境重視の森林政策を実現するためには、林野庁を解体して必要な機能を環境省に移し、森林行政の一元化を実現することが必要ではないだろうか。

[PR]

by beachmollusc | 2009-06-21 07:59 | 評論
<< 山幸彦もびっくり、ピカピカ林道... Maypop(チャボトケイソウ)の実 >>