beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

山幸彦もびっくり、ピカピカ林道と皆伐跡

北浦の浦城ビーチでナミノコガイの生殖状況のモニタリングを続けているので、今日の午前中にサンプリングを済ませました。その後は388号線経由で10号線に戻り、延岡市内を流れる祝子川(ほうりがわ)に沿って県道207号線をドライブしました。マラソンランナーの練習走行道路となっているらしく、距離標識があります。

この川は、花崗岩の岩礁が奇観を呈する渓谷の評判が高いことと、「美人の湯」という温泉が上流にあることで知られています。また景観が優れた大崩山(おおくえやま)の登山路もあります。地質的に特異的なために周辺の山岳景観とは異なった姿のようですので、とにかく一度は見ておきたかった川筋でした。ところが、川が刻んだ渓谷に沿った道路は山中で極めて狭いので、ドライブの厳しさは尾鈴山の道路とよい勝負です。

祝子ダムの手前に川の中に半分崩壊した魚道のようなものがあったので、それが見える道路わきの狭い空き地に車を止めました。壊れていてよくわかりませんが、昔は魚道だったもののようです。
e0094349_1945663.jpg

写真を撮影して歩いていたら何かに捕まって足元が止まりました。ズボンの裾にイバラの棘が絡んでいました。なんと、先日存在を知ったばかりのジャケツイバラさんです。まだ小さいので裾で済みましたが、もし大きかったら身動きできなくなる相手です。縁は異なものですが、正体を知っているので、皆さんのために取り除くことにしました。ついでに自宅まで持って帰って、西米良から来た苗達と一緒に育てることにきめました。
e0094349_1971972.jpg

ダムは想像以上に大きく、道路から全容を撮影できないほどです。ダム湖の水位は低かったようですが、堰きとめられた水が濃いチャイロでした。藻類が繁茂しているようです。その栄養源があるはずですが、温泉のある地域で山中に農地と住居が広がっていました。
e0094349_1911418.jpg

e0094349_19111269.jpg

e0094349_2023345.jpg

大崩山の花崗岩が露出した山頂付近はとても荘厳な感じです。
e0094349_1913105.jpg

温泉の駐車場に山幸彦の像が大崩山を背景にして建っていました。祝子というのが山幸彦の神様としての名前だそうです。海幸彦から借りた釣り針をなくした経歴を持っていて、神武天皇の祖先だそうです。
e0094349_1932123.jpg

この地域が神話街道の路線から外れているのは、地形的に厳しくて尾根を越えて高千穂方面まで道がつくれなかったからでしょう。県道207号線は岩戸・延岡線という路線名ですが、岩戸のある方に行けないどん詰まり道路です。

同じ道を戻るのは知恵が無いので、温泉のところから国道326号線まで林道を走ることにしました。ツーリングマップルによれば、2本のトンネルがある林道があって、その道に侵入する入り口も少し南にありました。しかし、建設直後の林道では沿線にサルナシは無いだろうと思い、平行して走っている北の古い基幹林道である祝子川・下赤線を進みました。この林道沿いには山中に農村集落があり、生活道路となっているようです。

標高約880mの黒原山の山腹を走っているこの林道では、道沿いにサルナシは次々に見つかりますが、若いものかオスばかりで、実がついた株はゼロでした。

山頂を越えて下りにかかると、突然視界が開けましたが、それは山林の伐採地に出たからです。
森林開発公団の看板が残っていました。これが自然との共生だそうです。

水をはぐくむ、と書いてありますが、これでは洪水を育んでしまうでしょう。
この山地から流れる支流は北川に合流しますが、北川流域は4年前にも大洪水を経験しています。
山の自然を改変し、緑のダムを壊すことが税金でまかなわれ、山と川、そして海の幸が損なわれています。
e0094349_1938893.jpg

e0094349_193945100.jpg
e0094349_19395461.jpg
e0094349_1940278.jpg

斜面防護の工事が施された斜面でも伐採されています。ここはいずれまた崩れるでしょうね。
e0094349_19451584.jpg

伐採は現在進行中で、林道はこの伐採地の周辺で真新しく舗装されていました。

下山途中で、もう一本の平行する林道とトンネルの出口で合流しました。トンネルのある道を通れば、温泉や登山口までは近道となるはずです。つまり、延岡市内からでも、県道207号線を走るよりも、国道326号線の下赤からトンネル林道経由の道が早いだろうと思われます(国道に入り口の案内標識があります)。

自分が走ってきた迂回路の道筋の案内板がありましたが、祝子川の方向がトンネルと迂回路で食い違っていて変ですが、これはトンネルの向きが実際と違う(クネクネの下を通る)からです。林道を下から登ってトンネルに入るか、または迂回路を通る場合には結果的に混乱を生じませんが、逆向きのコースでは道がわからなくなります。そのようなコースを辿るドライバーは滅多にいませんから、不親切な案内であっても結果的に支障はないでしょう。しかし、林道には枝道がいくつもあって、簡単に迷子になります。
e0094349_19442192.jpg

e0094349_19432830.jpg

山幸彦の国で山林を皆伐して裸にするために、立派な林道がつくられていました。林業の振興(付随して林道建設)のためになりふり構わない公共事業が自然環境と観光資源である景観を損ない、さらに河川と海の水産資源を失わせています。林道ではカモシカは見ませんでしたが、鹿が1頭走っていました。鹿などの野生動物たちも環境の激変で戸惑っていることでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2009-06-21 19:47 | 日記
<< 生命の営みに対する干渉 大規模林道の存在価値 >>