beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

県道39号線

県道39号、南郷・西都線は小丸川の支流である度川(どがわ)に沿って走ってから峠を越えて一ツ瀬川の支流である銀鏡川(しろみがわ)の渓谷に向かいます。これは小丸川の本流沿いに走る県道22号、東郷・西都線と平行しています。これら2本の県道の中央で山塊の尾根伝いに走る「ひむか神話街道」の中之又・吐合林道と度川・尾八重林道があります。

22号線はすでに走りましたので、39号線の未走行部分を調べることにして、帰り道は神話街道という計画を立てました。39号線は神門の中心地が始点ですが、国道446号線の田口原で234号線経由で39号線までつながっている林道に移りました。この林道には竹ノ野トンネルがあることを知ったので、茶屋越トンネルとどちらが長いかを比べるためです。
e0094349_21494098.jpg
e0094349_21494929.jpg

同じく2002年に開通し、これの890mに対して1301mの茶屋越の方が長いことがわかりました。
林道が県道234号線とT字路で交わりますが、このハイウエイ林道からいきなり1車線の険道となります。200番代の県道はどれもドライブには窮屈千万の道で、離合できる場所が少ない1車線道路です。

234号線は度川ダムの縁に出てから終点の橋で39号線と接続していました。39号線は234号線に比べると同じ1車線道路であっても道幅に余裕があります。
e0094349_21553412.jpg

度川ダムは、案内看板から見ると、かなり古い多目的ダムです。貯水量をオーシャンドームと比べていましたが、比べる相手がなくなっています。県外でも誰でも知っているものと比べるべきでした。
e0094349_21561548.jpg
e0094349_21562445.jpg

ダムの上流にさらに進むと見事な渓流になっていて、ホタルの名所となっています。
e0094349_21581833.jpg
e0094349_21582899.jpg

このホタル看板のある場所は、2年前に無人の「樫葉オートキャンプ場」訪問の時に通過していました。
http://beachmollu.exblog.jp/6202802

キャンプ場へ向かう道と分かれて峠に向かう登り道を進みました。
e0094349_223395.jpg

峠を越えてからの下りは銀鏡川の谷間を走る道だったので、これを終点の国道219号線との合流点まで走るのは無意味に思えました。その時立派な林道の入り口を発見、米良椎葉林道です。椎葉村ではなくて、西米良村に椎葉という地名があります。
e0094349_2294215.jpg

この林道は地図では山を越えて西隣りの小川川沿いに南下する県道316号線の始発点とつながった後でさらに西側の西米良の中心部までの幹線林道ですが、県道よりもドライブが楽なよい道でした。

米良・椎葉林道の西都市側は、周囲の山が自然林で覆われた優れた景観が続いていました。
e0094349_221389.jpg
e0094349_22132465.jpg

ところが、日平越の峠を境にして西米良村側に入ると景観が一変し、伐採された跡が広がっていました。
e0094349_22143870.jpg

e0094349_22154769.jpg

峠では西米良のシンボル、カリコボーズが出迎えてくれました。
e0094349_221634100.jpg

カリコボーズ街道を下ると、途中で大きな滝が二つあります。布水滝は落差が75mで道からは全貌がわかりませんでした。もう一つの虹の滝はこじんまりした二段の滝でした。
e0094349_2219107.jpg

西米良の中心部まで林道を進むと時間がかかりすぎるので、険道316号線に進みました。
e0094349_222444100.jpg

e0094349_22245953.jpg

この道の谷川は小川という地名にある川なので小川川という名前のようですが、これは銀鏡川の西側で並んで流れていて、どちらも一ツ瀬川の支流です。あいにく、どこかで工事中だったようでダンプトラックの隊列と遭遇し、狭い道を通るのに苦労しました。

ようやく国道219号線に出て、その後は前に西米良から戻ってきたのと同じ、ひむか神話街道で中度川まで戻りました。入り口は大椎葉トンネル、途中の山上で空野トンネル、そして茶屋越トンネル経由でした。
中度川の川を渡る橋に下る前に、林道から度川を見下ろすことが出来ます。
e0094349_22293795.jpg

e0094349_22335920.jpg

ひむか神話街道の途中で二つの林道がつながっていますが、空野トンネルの手前で中之又へ下る分かれ道では生徒がいなくなった中之又小学校への案内看板が寂しげに見えました。
e0094349_22301199.jpg

e0094349_22334474.jpg

神話街道は一部区間(約400m)が工事中ですが7月中には工事が終わって全線が舗装道路になるでしょう。
e0094349_22354163.jpg
e0094349_2235495.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-06-26 20:42 | 日記
<< グンバイヒルガオ 虫こぶ >>