beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

野生の鹿

尾鈴山塊の周辺ではこれまでサルナシを探索していなかったので、昨日は都農町側からドライブして見てきました。広域農道の尾鈴サンロードを南下して、都農の観音滝の案内標識を通り過ぎ、都農川沿いに山に向かう名前のわからない立派な道路を進んだところ、山の麓の集落、木和田に着きました。

東郷の観音滝と同じ名前の都農の観音滝の存在は地図を見て気にしていたので、6月11日に現場に立ち寄りました。その時の写真ですが、この滝は農道の橋の下を通過した川から水が落ちているもので、滝の最上部しか見えません。藪を掻き分けてマムシを気にしながら滝の見下ろせる場所まで行くことは遠慮しましたので、どのくらいの落差があるものかわかりません。
e0094349_8331526.jpg

この滝の上の、つまり橋のすぐ下に若い鹿の綺麗な(死んでまもない、外傷もない)死体が浅い水中に沈んでいました。
e0094349_834248.jpg

通りがかった地元の人にそれを教えたところ、引き上げて食用にする気があったようなそぶりでした。その後どうなったか知りませんが、このような場所に鹿が死んでいたことは不思議でした。

木和田の集落からは急な坂道を登ります。地図上に道として記してありますが、特に標識も何も無い1車線の舗装道路で、路面はしっかりしていました。このあたりに、地図上にトンネル(尾鈴隧道)が記載してあったのですが、これを通過しなかったのは別のルートを通ったのでしょう。この周辺の山中には標高約600mの山上の牧場とすぐ下の山腹の芋川の集落があって、生活道路・林道・農道となっているようです。しかし、交通量が極めて少ないことは言うまでもありません。

目標がないまま走るのは気合が入らないので、尾鈴神社という案内標識を見つけて進みました。GPSで位置を確認しながら一部舗装が崩れた山道を走り、牧場で放牧された牛の姿を見ながら、すぐ手前まで進みました。牧場の建物があるところで舗装が切れ、神社へは徒歩でしかしか進めないことがわかりました。シーズンがよければミッキーと散歩でしたが、あいにく日が射して蒸し暑かったので、神様には挨拶せずに引き返しました。

牧場に沿った道で目前に鹿が1頭出現しましたが、これは即座に藪の中に消えました。

戻り道は木和田方向には進まないで、芋川の分岐路から名貫川沿いの道路、つまり尾鈴の瀑布群のある尾鈴山へ登る県道307号線に出るルートを選びました。道を下りながら、これまでの道よりも南側の斜面に面していた明るい道路わきでシマサルナシを次々に見つけました。(深い谷間の暗い道や北向きの斜面では見つかりません)。その中に異常な果実をつけた株がありました。
e0094349_95489.jpg

何かに寄生された一種の虫こぶかもしれませんが、肥大しないで乱雑な姿となっていました。

このシマサルナシのすぐ近くで、曲がり道を曲がった先に鹿が2頭出現しました。すぐに車を停めたら、逃げようとしていた鹿の脚が止まり、こちらをじっと見ています。そこで、デジカメをオンにし、ズームを最大にして車の前面のガラス越しに撮影した写真です。1頭は陰に隠れていますが、同じくこちらを警戒しています。
e0094349_992421.jpg

e0094349_9101284.jpg

2枚目のショットの後で2頭とも姿を消しました。

野生の鹿はいつも猟師に狙われているので、警戒心が強くて出会っても瞬間的に逃げ去ります。すぐ逃げなかったのはなぜなのかわかりませんが、今回初めて、対面したままの状態で数秒間お互いに見つめあったのでした。
[PR]

by beachmollusc | 2009-06-28 09:13 | 日記
<< ヤムイモの仲間たち グンバイヒルガオ >>