beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ヤムイモの仲間たち

尾鈴山の周辺の道路わきで極めて大きな葉の蔓草が目にとまりました。大きくて赤っぽい色の葉がとても目立っていました。樹木に絡んでよじ登ったり、草原の上に広がったりしていました。大きい葉は長さが30センチ近いものもありました。
e0094349_8554645.jpg

名前がわからないので「宮崎と周辺の植物」サイト(リンク先リスト参照)の画像掲示板で教えていただき、ニガカシュウという名前がわかりました。学名はDioscorea bulbifera L.でリンネが命名した種です。 ヤマノイモ科のヤマノイモ属の1種です。

大きなムカゴと丸い根茎は名前のとおり苦くて食用にならないそうです。その苦味は、ステロイド系の成分であるDiosgenin(サポニンの構成成分)だそうですが、晒せば消えるのでしょうか。英語のウイキでは芋を煮ると苦味は消えるとありました。このステロイドは薬品をつくる原料として利用されているようです。

このニガカシュウの栽培品種では苦味がない系統(カシュウイモ)もあるそうですが、トンガでは染色体数の異なる食用の株があると、文献検索したら簡単な報告がありました。このヤムイモの一種は熱帯に広く分布しているようです。

ニガカシュウ(ヤマノイモ科)のむかごの漂着と海流散布
中西 弘樹 , 久保田 信 , 中西 こずえ 漂着物学会誌 4, 15-18, 2006/12

本文・概要がオンラインで読めず、この学会には所属していないので学会誌も手元にありません。そのため本文も概要も読んでいませんが、海流でムカゴが漂流して太平洋や東南アジア各地に広がっていることが論じられているのでしょうか。

トンガやフィージーなどの南太平洋諸島には頻繁に出かけていたので、タロとヤムの芋はおなじみですが、ヤムイモの葉をシゲシゲと見たことが無く、このニガカシュウの存在には気がつきませんでした。

自宅の周辺ではヤマノイモ科の植物が急速に成長していて、いろいろな葉を持っている蔓が見られます。ニガカシュウとそっくりですが、これはオニドコロというものでしょう。
e0094349_9114162.jpg

葉がハート型で丸いのと細長いものとがあり、さらに葉が切れ込んだものもあります。ヤマノイモ、ナガイモ、カエデドコロなどでしょうが、これまで注意してみていなかったので種の査定は不確かです。だいたいは識別できますが、葉の形の種内変異もかなりあるようです。
e0094349_9164077.jpg
e0094349_9165785.jpg
e0094349_917759.jpg
e0094349_9171834.jpg

以上が、自宅近くの様々な連中ですが、これらとはちょっと感じが違うものが1つありました。
これはなんだろう。
e0094349_9191732.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-06-29 09:20 | 植物
<< 干支の町、北方の絶景林道ネットワーク 野生の鹿 >>