beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

干支の町、北方の絶景林道ネットワーク

旧北方町(延岡市)は地区名が干支で統一されている日本唯一の干支の町であると謳っています。昨日は時々小雨が降る中、林道探検をしてきました。奥山のあちこちで工事中で、ダンプトラックやタンクローリーとばかり出会う道でしたが、渓流と山並みの景色がよくて、六峰街道よりもよいドライブでした。

自宅から北方には険道225号、酷道388号、県道20号で1時間半くらいで行けますが、一部無料区間がある自動車道で門川と延岡を通って北方インターまで行きました。

延岡南道路の区間だけ有料で、数分間の通行で250円ぼったくられます。ここは国道10号線の1車線・慢性渋滞区間ですので、バイパスとして無料にすべきです。自宅から広域農道(日豊グリーンライン)と県道226号線経由で北方インターまで約40分でした。これなら、そのまま足を伸ばせば高千穂まで自宅から1時間半で行けます。

北方のどこをターゲットにするか考えて、行縢(むかばき)山という変な名前に興味をひかれて、その登山道がある県道235号線を進みました。ツーリング・マップルによれば、この道のずっと奥にある細見川の西谷の渓谷で「手付かずの自然」が残っているそうです。

渓流の桑水流(くわずる)というあたりは大きな岩がゴロゴロある面白い景色でした。
e0094349_8452488.jpg

もっと上流の自然渓谷目指して進むと、県道が終わって林道に入ったところで道路工事中で行き止まりでした。(看板では工事期間は6月30日までで、惜しくも通れません)
e0094349_8485758.jpg

その手前で車を止めて渓流釣りをしている人の姿を見かけました。
e0094349_8475671.jpg

山間部に入ると砂防ダムが次々に出現しますが、その人工の滝が滝つぼを作っていて、そこで渓流釣りをする人がいるという何とも形容が難しい状況です。

砂防ダムの上に溜まった土砂を動かす仕事もあるようです。
e0094349_8521551.jpg

このあたりに重機が川に出入りする道が出来ていたのでミッキーを連れて河原に降りました。
e0094349_8453422.jpg

川岸に着いたら、長いものが大急ぎで逃げだしました。ヤマカガシですが、カジカガエルを狙っていたのでしょう。オタマが沢山いました。岩の陰や隙間を逃げ回る被写体は撮影しにくいものです。
e0094349_8543040.jpg

このあたりにはミツバチの巣箱が道路沿いに多数仕掛けられています。崖の上にあったものはどうやって処理するのでしょうか。梯子が必要な場所で設置されていました。
e0094349_96178.jpg

細見川沿いの山奥の二股集落から隣の曽木川の渓谷沿いの道路で石上の集落に出る林道が地図にあったので、進んでみると、建設記念標識が地べたに置かれた石に見られました(石碑の代金を節約したのでしょう)。
e0094349_9013.jpg

しかし、道路は張られたネットでブロックされていました。立派に舗装された道路のようでしたが、この林道は一般者の通行を嫌っているようです。
e0094349_913554.jpg

このあたりにもミツバチの巣箱がずらっと並んでいます。ミツバチの集団失踪事件はこの地域では起こっていなかったのでしょうか。
e0094349_1032134.jpg

しかたなく二股の下流にある別の集落まで戻って、樫原から屋形原まで小さいトンネルを抜けて出ました。途中で工事中のため、通行時間の規制がありましたが、丁度通行できる時間帯でした。

屋形原から曽木川の上流目指して県道215線を走りました。こちらの方が隣筋の235線よりも走りやすい道路でした。二股地区の干支はイノシシですが石上地区は犬です。
e0094349_910170.jpg

e0094349_9112049.jpg

県道215号線が終点となる大保下(おほげ)の集落から先の山中には幹線林道、大保下・下鹿川線が走っていました。ツーリング・マップルにはローカルな林道と紹介されていました。確かにローカルであることに間違いありませんが、立派で道幅が広く走りやすい舗装道路です。下鹿川はもう一つ西の谷筋で北方と日之影の境界となる綱の瀬川に沿って走る県道214号線にあります。

この林道で大きなシマサルナシの株を見つけましたが、それだけでなく、鹿が次々に現れ、仔鹿を連れたメス、そして初めてのオスの鹿を見ました。このオス鹿を見つけたときはかなり距離があって、車をすぐ止めて様子を見たら、相手側もこちらの様子を確かめるようにじっと見てから、斜面の上に登って足を止めていました。
e0094349_9242652.jpg
e0094349_9243442.jpg

大保下・下鹿川線の林道は山の中で分岐していて鹿川方面と蔵田に向かう道が分かれていました。後者は(一部古い舗装が壊れた区間が残っていますが)最近舗装されたばかりのピカピカの自動車道路で、700mくらいの高度で尾根伝いに南に進み、国道218号線、日之影バイパスに出ます。

茶臼山という頂上の周囲で岩盤が露出した標高約700mの山頂の近くを通過しました。
e0094349_9321363.jpg

この山を最初の細見川沿いの県道235線から見上げた姿と比べてください。
e0094349_9334624.jpg

山頂の周辺では皆伐されていますが、このような海抜の高いところで山頂まで丸裸です。
e0094349_9345649.jpg

高温多雨の環境ですから伐採後はすぐに草木が生えて緑が戻るでしょうが、集中豪雨があればかなり崩れるかもしれません。山の下を流れる渓流はそれぞれが五ヶ瀬川に合流します。アユが名物ですが、それに悪影響が出ても不思議ではありません。

伐採地を過ぎると、尾根を切り抜いた林道の両側で広大な山並みの景観が見えます。六峰街道から見下ろす五ヶ瀬川は遠すぎるのでよく見えませんが、干支大橋の姿がくっきりと見えました。
e0094349_9395142.jpg

五ヶ瀬川のはるか向こう側でETOランドの風車も見えました。(写真では見えにくい)
e0094349_9405148.jpg

さすがETOの町でした。

五ヶ瀬川と別の方角を見ると、行縢山と思われる山の姿をはじめ、まだ名前が認識できていない山々が見えます。
e0094349_942383.jpg

この林道、蔵田・下鹿川線は絶景街道ですが、道路脇に「九州自然歩道」の標識があり、昔の登山道が拡幅、舗装された道のようです。

九州自然歩道、宮崎県コースのガイドによると:
延岡市北方町(きたかたちょう)内約32キロメートルの一部、延岡市内約17キロメートル、美郷町北郷区約26キロメートルのコースです。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/kankyo/shizen/trekking/yuhodo/map_03.html
[PR]

by beachmollusc | 2009-06-30 09:50 | 日記
<< 二つの渓流、藤河内と日之影 ヤムイモの仲間たち >>