beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

二つの渓流、藤河内と日之影

午前中は天気が持ちそうだったので、大分と宮崎の渓流沿いの道を走ってきました。ターゲットは藤河内渓谷と日之影渓谷です。

国道326号線で北川ダムがある宇目の道の駅の所の橋の手前から藤河内渓谷に向かう山道があります。もっと手前で国道の下をくぐって通る道が本道だったようですが、それとは別に真弓という集落を通る道があって、ダムの橋のすぐ南から入りました。これはなかなかの難路でしたが、対向車が無かったので離合の問題は発生しませんでした。入り口から入った山上にも小さな集落があり、前に訪問したトトロの集落はすぐ近くにあります。パン屋さんへの道案内の看板が道路わきに点々と並んでいましたが、店が道から外れていたので訪れていません。

大分には温泉の名所がいくらでもありながら、この渓谷のすぐ手前には「湯~とぴあ」という名前の公共施設(行政が運営しているらしい温泉)があります。営業中の札が出ていましたが駐車場は空で、客は誰も来ていなかったようです。建物脇に1台だけありましたが、多分従業員のものでしょう。入浴料金は420円だそうです。
e0094349_21135816.jpg

大きな看板の案内を見たら、林業振興を名目にした行政によってつくられた箱物で、日帰り客だけが対象です。近くにバンガローの施設もつくられているので、その宿泊客の利用を見込んだのでしょうか。一番多い利用客は林業関係者かもしれません。

大分市や延岡市などからここまで車で1時間以上かけ、温泉入浴が目的で来る人がいるのでしょうか。この渓谷の南隣の祝子川渓谷に大崩山の見事な景色が楽しめる「美人の湯」温泉がありますが、藤河内の温泉は誰がデザインしたのか、利用者に楽しんでもらえる工夫はされていないような印象でした。「温泉の利用者以外駐車禁止」だの、「タバコの吸殻を捨てるな」などと役所が管理運営する施設ではどこでも目立つ「禁止」の看板が印象的でした。公衆トイレらしきものが駐車場の脇にありましたが、この駐車場で車をとめないと利用できませんので、「トイレの利用者を除く」と但し書きが必要です。美しい渓谷で、見苦しい看板であれこれ警告や注意をされたくないものです。利用者の利便よりも管理上の都合が優先されるのでしょう。

「湯~とぴあ」についてデータや利用者のブログなどを見たら、23度の冷泉を加熱していて、塩素殺菌しているようです。浴室に入ったら猛烈な塩素臭が歓迎してくれた、とありました。ネット上でかなりの悪評が流れています。

温泉から渓谷に向かうと、その侵入路の入り口で林業の傷跡が目の前に広がります。渓谷美を損なうことに鈍感な林業とそれを支える行政が運営するレクリエーション施設の激しいアンバランスがここにあります。
e0094349_21315644.jpg

(下の画面をクリックすると大きな画像で文字が読めます)
e0094349_21405998.jpg

渓流のバンガローは相当くたびれていますが、露はともかく雨はしのげます。この施設の利用者がどのくらいか、知りたいものです。
e0094349_21371430.jpg

バンガローの所の渓流はスベスベの岩が天然の滑り台、ウオーター・シュートに使えそうです。
e0094349_21382347.jpg

舗装道路の終点まで行ったら橋があってダート・ロードの林道が続いています。のぼり旗が立てられていて林道交通安全協会というのがあると知りました。免許証更新の時に寄付金を強制する協会をなぜか思い出します。
e0094349_2142923.jpg

この橋から上流を見た渓流の景色はすばらしいもので、これがこの渓谷を訪問した慰めになりました。
e0094349_21425855.jpg

藤河内渓谷の温泉のところから国道326方面に戻らずに、木浦藤河内林道を走って大切峠を越えて県道6号線へ向かいました。温泉は400mくらいの高度で、標高800mに近い峠に登る林道は狭くて急傾斜です。途中に落石も沢山あり、ノウサギも鹿も出ます。ただし、路面はしっかりしていて対向車が全く来ないのが救いでした。

木浦鉱山の案内サイトに略地図がありますので、このあたりの道筋を見てください。
http://nanjaroka.com/siseki/kiurakouzan/index.html

木浦鉱山の集落に出てから走った県道6号線は大分県の県道ですが、杉ヶ越峠のトンネルを出て日之影町に入ると宮崎県の県道6号線となります。トンネルの上には神社があるそうです。木浦からこの峠までこの険道を走って約30分でしたが、対向車3台に出会いました。宮崎県側で1時間半くらいゆっくり走って、同じく3台と郵便配達のスクーター1台でした。

二つの県をまたいで続く幹線道路は普通は国道となっているはずですが、6号線はなぜ県道であって、しかも同じ番号がふってあるのか、謎でした。6号線の道路標識は、どれもやっと読める程度に汚れていました。宇目町は佐伯市に併合されていますので、その書き直し部分は綺麗です。
e0094349_21571098.jpg
e0094349_21571862.jpg

トンネルを出て、日之影に入ったとたんに雨が降り出しました。

このトンネル内では大型車がすれ違えます。しかし、大分側にある道路の途中にあったトンネルは狭くて照明がなく、かなり長いのに中が真っ暗で少し怖い所でした。電線が引けないならば、太陽光発電でLED照明でもつければよいのに大分県はケチです。

今回はこの日之影渓谷のすばらしい景色をゆっくり楽しむことが出来ませんでしたが、上流部は見事なものです。人工林は上流では見られず、また砂防ダムが見当たりません(ただし、道路の上側の支流にはあります)。

人間が余計な手を入れていない自然が残っている貴重な場所です。ぶち壊しになるような変な「整備」がされないことを祈りましょう。道路工事中の場所は途中で2箇所ありました。(これまでサルナシ探しで出かけた山奥にはどこでも必ず道路工事中の場所があります。)

天気が悪く、車中からの写真がうまく撮れなかったのが残念でしたが、よい雰囲気の片鱗を感じ取ってください。中でも手掘りのようなミニトンネルが気に入りました。
e0094349_2224281.jpg

e0094349_2225310.jpg
e0094349_223234.jpg
e0094349_2235694.jpg
e0094349_2241665.jpg

日之影町は森林セラピーの拠点づくりをしているようです。
e0094349_2253613.jpg

今回は急いで通過してしまいましたが、6号線沿いには、民宿とかいろいろな宿泊施設が並んでいました。ドライブを楽しむことは少し辛い道路ですが、渓流釣りや森林浴などが快適に楽しめる場所が沿線にてんこ盛りのようです。不幸にも、すぐ隣に高千穂渓谷という競合する観光地があるので、日陰の状態の日之影渓谷のようですが、改めてゆっくり自然を楽しむために探訪したい場所です。
[PR]

by beachmollusc | 2009-07-01 22:09 | 日記
<< 花盛り 干支の町、北方の絶景林道ネットワーク >>