beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日之影町のダミーさんたち

大分県から6号線で日之影渓谷沿いにドライブしてから日之影ファンになりました。そこで六峰街道の日之影サイドからのアクセス道である県道209(日諸峠へ出る道)と210号線(登って中小屋に出る道で北郷の宇納間に降りる)そしてその間にあるスーパー・ハイウエイ林道:緑資源機構の大規模林道(宇目・須木線)を走って回りました。何と言っても林道のほうが県道よりも比べようも無い立派な自動車道路です。

国道218号線(日之影バイパス)からこれらの道路への接続場所は極めてわかりにくくなっていて、出かけるたびに計画した道を間違えます。地図に記載されている道路と実際とが違っている場所もあるような気がしますし、どこもかしこも工事中です。景気対策とはほとんど誰も通らない道の建設のことのようです。走っていると立派な広い道がいきなり狂路、ではなく狭路・隘路になってびっくりしますが、対向車がほとんど無い道ばかりなので狭くても離合は大丈夫です。

片側1車線の広い路上の片側で、刈り取った牧草か何かを干している、のどかな光景も見られました。1車線だけあれば通行はOKです。ガードレールは稲の掛け干しに利用されるなど、田舎の林道・農道は高度に利用されています。いずれ近い将来、見捨てられるだろうと思われる集落を結ぶために多大な公共投資、インフラ整備が行われているとしか思えません。漁港ばかりを整備して漁業を衰退させたのと同じ構造です。

道がよくなっているので山中に集落を維持して住む必然性がなくなり、農作業も機械化で短時間で楽に出来ますから、パートタイムあるいは請負作業でできるでしょう。生産性・収益性から補助金の削減でこれらの山間部でも従来型の営農は無理になるでしょうが、それに代わる産物などを考えて早く手を打つべきです。

県道210号線は登り道の途中で、二股という集落で、名前どおり道が二股に分かれています。最初にここを通過した時、六峰街道へ向かう標識(どちらに進んでも結局出ます)を見間違えて、県道から外れて途中から未舗装のガタガタ山道を登ってしまいました。途中の分岐路ごとに「六峰街道」へ進む方向指示が出ていたので、県道を走っているものと勘違いしました。

さすがに、舗装が無くなったところで間違いに気づきましたが、引き返さずに標識頼りに進み、思いがけない貴重な経験を積みました(標高1000m近い山中で道路が張り巡らされていて、農地やシイタケ栽培、植林された杉畠などがあります:日之影だけではありませんが、山奥の隅々まで開拓されているのが驚きです)。

途中の悪路でタイヤがパンクしなかったので助かりました。自分が通ったのは県道と平行した林道でしたので、目指していた210号線と六峰街道の中小屋交差点のすぐ近くに出ました。

昨日の午後は、国道218号線から緑資源林道を登って六峰街道めざして進みました。途中で前回通過した時と同様に頂上に上り詰めるあたりで路上にいたワシの仲間(種不明)のつがいに出会いました。トンビを除き、ワシ・タカ類と山中で出会うのは県北部では極めて稀なことなので、二度出会いが続いて驚いています。

スーパー林道が六峰街道と合流する少し手前で、路の脇に等身大の人形が出現します。最初は子どもとあっちの方を向いて藁束を抱えているおばさんのペアで、そばの標識には「上は展望台」とあります。
e0094349_8473920.jpg

この「上」がどこを指すのかと、周りを見ると道路の反対側に上へ登る道がありました。
e0094349_9203442.jpg

この道を進んでみましたが、展望台は無くて、ダートロードのヘアピンカーブがあって、草ボウボウで木が視界をふさいでいる道でした。騙されたと思って引き返し、標識の脇の「下り道」を登ってみたら、こちらも怪しげな道だったので、車で進むのはやめて、展望台の探索は結局あきらめました。立派な標識でしたが、人を迷わすだけのものです。日之影の皆さんは「プラクティカル・ジョーク」が好きなのかも知れません。

スーパー林道をさらに進むと、道端の両側にエライ人たちのダミーが出現します。左側には皆さんおなじみの「ドゲンカおじさん」がいました。このダミーの本物は東京でボスになって暴れたいようです。アメリカでは元映画俳優のシュワチャンは州知事に、レーガンさんは大統領になったのですから、日本でテレビタレント知事が首相をやっても特におかしくはありません。行政は「従来どおり」役人に任せておけばよいだけのことです。不思議に思われることですが、(規約がどうなっているのか知りませんが)自民党の総裁候補者は党員の中から選ばれるのが筋だろうと思います。この人物はかくれ自民党員だったのでしょうか。それとも、条件次第で党員になるのでしょうか。

e0094349_8544424.jpg

道の向かい側には、いました、いよっ、大統領。
e0094349_921437.jpg

どうぞ変革をお願いします。
日之影の皆さんの着想のセンスは優れています。

さらに進むと、今度は農民の夫婦がモデルでしょうか、一服中のオッサンたちがいました。
e0094349_943649.jpg

宮崎県の成人男子の喫煙率は全国一ではないでしょうか。
一服後に吸殻をワラ束に投げないように願いましょう。

日之影の県道、林道を走り回って、美しく厳しい山の自然の中で、営々と開墾された農地、中でも段々になった沢山の小さな水田を見て驚嘆しました。田植えがされたばかりの水田が多いようです。また、休耕・転作で別の作物が植えられた場所もありました。どこでも農地の管理は丁寧になされているようです。
e0094349_995874.jpg

帰り道は国道218号線でなく、五ヶ瀬川の川岸を通る県道237号(北方・高千穂)線を走りましたが、高千穂鉄道の線路と併走する部分で線路に草が伸びていた様を見て心が痛みました。

北方に入り、干支大橋の下を通過しましたが、下から見上げた姿は威圧感がありました。橋のはるか向こう側に見える山地には、以前この干支大橋を見下ろした林道が走っています。
e0094349_916024.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-07-07 09:16 | 日記
<< 緑資源大規模林道、宇目・須木線... クヌギの受難 >>