beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

緑資源大規模林道、宇目・須木線、須木区間

「全国の農林道を日本風景街道として現代の里道によみがえらせよう」という標語を掲げている「林道評論センター」のホームページには大規模林道について現場訪問の詳しい報告と解説があります。
http://www8.plala.or.jp/forestroad/index.html
<大規模林道は12万キロを越える林道の幹線道として作られつづけていた。 ある部分においては林道の高速道路でもある。 しかしその考えは間違えだろう。 幹線が必要なのは集中する交通の要として存在するのであって、林業において交通の集中が予測しえるものなのかどうか。 農道もそうだが、そもそも農林道に幹線を期待する考え方が間違っているのではないか。>

上に引用した林道評論センター長さんの述べた正論と緑資源機構が主張した建設理由:

複数県にまたがるような大きなまとまりを持った森林を、健全に手入れしていくためには、森林の隅々に到達するための林道のネットワークが必要です。
 植物の葉の隅々に栄養を届ける葉脈や、体内に血液を循環させるための血管と同じです。
 血管にも大動脈-動脈-毛細血管などの違いがあるように、林道ネットワークにも幹線林道-一般林道-作業道などがあり、それぞれが互いに機能しあい、より大きな役割を果たしています。 (以下略)

以上をよく読み比べてください。

血税を大量に流して日本経済を失血させ、後の世代に莫大な(つけ、財政赤字)と環境破壊という負の遺産を残した官僚による「合法的犯罪」を政治がチェックできないのはなぜでしょうか。一般市民の目が触れない海辺や山の中でやりたい放題の土建「公共」事業を続けているのは変りません。役に立たないマスゴミは氾濫しているようですが、社会的な問題がある現場の状況を取材して情報を流すはずだった報道は見当たりません。市民の関心が薄いことは情報が知らされていないからでしょう。

九州地方の大規模林道  宇目・須木線 須木区間
http://www8.plala.or.jp/forestroad/daikibo/suki.html
このレポートに添付されている路線図の写真を拝借してここに示します。(この案内看板の場所は通行止めだった区間内にあって、現場を訪れていないため、自分で撮影していません。)この地図を参照しながら本ブログ記事を見てください。

e0094349_8205524.jpg

昨日は青島に出かけたついでに、気になっていた緑資源林道宇目・須木線の最南部を訪れて、現状を見てきました。

2005年の冬に綾町を訪問した時、有名な綾の大吊橋のある場所まで行って、その先の県道26号線が通行止めだったので須木村(現在は小林市)に足を伸ばせませんでした。

大吊橋の先で県道26号線は険道となりますが、39号線や225号線ほどではありません。緑資源林道の入り口にたどり着くまでに、対向車として大型林業トラック1台と乗用車4~5台に出会いましたが、長距離をバックして離合するなどの不都合はありませんでした。また、実のついたサルナシが2株みつかり、収穫もありました。

綾南ダムの湖岸を走って、26号線が国道265号線に接続する前の二つのトンネルの手前側、小野トンネルが上に見える場所に林道の入り口があります。
e0094349_8512273.jpg

しかし、道には通行止のバリケードがあり、4キロ先で土砂崩れのため通行できないという説明がありました。
e0094349_854145.jpg

崩れた現場がどのようになっているのかを確かめるため林道に進むと、強く繰り返し曲がりながらの急な登りで、路上にはかなりの落石がありました。ここでは工事が終わってからの経過時間も短く、誰も通らない道路なので路面そのものは綺麗でした。

道路が大きな落石と土砂で埋まって通行不能になっている場所に出ました。GPSで見たら高度が680mくらいで、緯度経度を地図上でチェックしたら県道26号線と401号線のほぼ真ん中、林道のもっとも高い位置です。
e0094349_921239.jpg

斜面の上部で斜面の崩壊止めの工事がなされていた上から崩れています。
e0094349_915610.jpg

この部分では片側1車線におまけの1車線分のスペースがある場所のすぐ上でした。
e0094349_9103276.jpg

土砂崩れのところから先の方に、やや下る道続きのカーブが見えましたが、そこの崖が前に崩れて最近修復されたようにも見えます。
e0094349_971714.jpg

そもそもこの場所にハイウエイのような大規模林道をつくって、二つの細い交通量が極めて少ない県道をつなぐことに何らかの意義があったのでしょうか。建設する名目はなんとでも作文できるでしょうが、この「幹線」林道が何のためにあるのかわかりません。崩れたら災害復旧工事の予算がとれるくらいしか存在価値が無い道路です。

この土砂崩れの場所から引き返して26号線に戻り、国道265号線で小林市に向かうと新軍谷トンネルというかなり古くてうす暗い、長いトンネルを抜けます。そのすぐ先で県道401号(奈佐木・高岡)線に曲がる三叉路があって、そちらに進みました。この県道が厳しい山道となって狭い道をクネクネと曲がりながら登っていったら、再び大規模林道の接続場所に出ました。当然、こちら側も交通止めのブロックがされています。
e0094349_9195294.jpg

そして県道と林道が一緒のよい道路を走り続けると大規模林道の終点に着きました。
e0094349_9214219.jpg

この終点はT字路になっていて、401号線を高岡方向に進むか、または山道を通って野尻町に出ると案内されていました。

距離的に近い野尻町に向かって、国道268号線に移ろうと思い、右折したのが不運でした。舗装はされていましたが、ものすごい下り傾斜でヘアピンカーブの連続、対向車と離合する場所も無い最悪の道路でした。対向車がゼロで助かりましたが、もしあったら登り優先でバックするとしても、とても実行出来そうにない道路でした。ここではおとなしく県道に進むべきです。山の上で広い自動車道が建設されていますが、麓の集落を通って国道と接続することは後回しです。林業トラックなどを効果的に走らせることは大規模林道の基本設計のコンセプトに含まれていないようです。

{追記}

上のレポートは大規模林道から野尻町に下る「ふるさと林道」があって、その接続点に出る前に別の林道に誘導されて走ったようです。つまり、この宇目・須木線の須木区間は北側では県道26号線から国道265号線に、そして南側ではふるさと林道から国道268号線に接続されているわけです。したがって大型トラックなどは十分に利用できます。

須木区間とふるさと林道を2008年3月に走ったライダーのツーリング・レポートを見つけました。

ツーリングレポート
最果ての地へ!大隅&薩摩半島ツーリング+九州の大規模林道を探る PART4
4日目 大規模林道 宇目・須木線を走る  訪問日:2008年3月
http://www.geocities.jp/thkyd/hiho/0803kagosima/4day/kagosima4.htm

このライダーは野尻町側のふるさと林道から入って県道26号線までの様子をレポートしていて、峠の崩壊した場所の近くで写真撮影しています。つまり、ここが崩壊したのは昨年3月以後の出来事だったと推定できます。

ロングツーリングクラブの管理人ライダーさんがここを走ったときの感想、コメントが面白いので、拾い出したコメントのいくつかを下に引用します:

 車は全然通らないし、人っ子一人居ない。ここ走って良かったんでしょうか?何かあったら帰れないんじゃないだろうか・・・。次第に背筋が寒くなる。

 舗装と白線こそピカピカだが、交通量が無いだけに、落石が随所にみられる。無造作にスピードを出したら、あっという間に事故間違いなしだろうと思う。

 数え切れないほどのカーブを経て、終点に到着、県道26号宮崎須木線に合流する。
なんて深い道だ!なんか全然使われてないし・・・。

九州の大規模林道について

今回のレポでは、宇目須木線と宇目小国線を取り上げた訳ですが、九州にはもう一本、菊池人吉線という大規模林道があります。
実は、この3路線で九州山地をグルッと周遊してしまおうという、壮大な計画だった訳です。さすがに、実現する前に緑資源機構はポシャってしまった訳ですが、まあこんな費用対効果も滅茶苦茶な計画を立てる組織ですから・・・潰れても仕方ないでしょう。

[PR]

by beachmollusc | 2009-07-10 09:30 | 日記
<< 土建化せんといかん 日之影町のダミーさんたち >>