beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

Japanese beetle マメコガネ

チャボトケイソウことmaypopの葉っぱをかじっている小さなブンブンがいました。
e0094349_7485586.jpg

写真を撮ろうとしたら体操選手みたいに脚を突っ張ってポーズをとりました。

見たことが無い小さな変なカナブンだなーと検索してみたら、どうやらマメコガネという和名が付けられたコガネムシの仲間です。アメリカにわたって作物害虫となっていて、Japanese beetleと呼ばれているそうです。小さいからこの和名かと思ったら、マメ科植物が好きだとあるので、それが元で命名されたのかもしれません。
http://www.mushitori.jp/old_sansakuki/gallerykoga/mame.html
http://www.cirrusimage.com/beetles_japanese.htm

Japanese beetleと呼ばれる甲虫には、これとは別に通称が「タイワンカブト」、和名はサイカブトと呼ばれるヤシの木を枯らすカブトムシの仲間がいます。サイの角みたいな角を生やしたカブトムシで、堆肥の中で幼虫が育ち、沖縄ではごく普通に見られます。

沖縄ではこの東南アジア原産の「外来種」がはびこっていて、本島と久米島など各地で街路樹として植えられたヤシを枯らしました。国道58号線に植えられたココヤシに目の細かい網がかぶせられているのはその対策のためです。ミクロネシアでもサイカブトの仲間にココヤシが食い荒らされ、日本原産でもない虫にJapanese beetleという名前をつけています。あたり構わず世界を荒らす奴、というイメージが重なったために付けられた名前でしょう。

日本でもマメコガネは農作物の害虫として認識されているようですが、海外に渡って大発生して頑張っているほどの活躍は見られないとされています。おそらく天敵ぬきで新天地に渡ったからでしょう。ホーム・グラウンドの日本では天敵や病原体がコントロールして、一人勝ちの大発生を抑えてくれます。
http://www.mokichi.net/insect/mamekogane.html

しかし、何らかの環境撹乱があると、マメコガネは日本でも大発生する潜在性を秘めているようです。だから害虫とされるわけです。そのメカニズムの一つとして集合産卵の行動習性があるのでしょう。、

岩淵 喜久男・日高 敏隆: マメコガネ成虫の集中分布とそれを起こさせる要因(分布様式)
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨1978年
http://nels.nii.ac.jp/els/110001081754.pdf?id=ART0001237867&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1247527549&cp=
この研究報告は、要するに、集中的に集まる仕組みとしてフェロモンがあるだろうということでしょう。そのフェロモンはすでにわかっていて、防除に利用されているようです。

農薬会社のサイトで、ゴルフ場の芝生の害虫としてマメコガネの生態の説明文書が見つかりました。
http://www.syngenta.co.jp/golf/insect/insect03.htm
北海道から九州にわたるゴルフ場に広く分布します。
名前のとおり、成虫は晴天の昼間にマメ科の植物を好んで摂食します。発生が多いときには、1匹の雌に何十頭もの雄が群がっているのを見かけることがあります。成虫発生時期は6月から10月頃の年1回で、寿命は約2週間です。地中に生み付けられた卵は2週間前後で孵化し、2週間程度の1令期、3~4週間の2令期を経て3令幼虫となります。幼虫による芝の根に対する被害は2~3令幼虫によって9月前後に乾燥害とあいまって現れることが多いようです。3令幼虫で越冬し、翌年の5月頃から蛹になりはじめ、2週間程度で成虫となります。


外来種であるチャボトケイソウには日本では天敵が少ないだろうと思っていましたが、迎え撃つ在来種の敵がいました。作物としてチャボトケイソウを栽培する障害にならなければよいのですが、さてどうなるでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2009-07-14 08:21 | その他の昆虫
<< ミニスイレンの花 土建化せんといかん >>