beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

美郷町南郷区の某所にて

サルナシについて論文や資料を集め、サルナシの種類の問題について検討しています。日之影町の道路わきなどで見つけた六峰街道周辺のサルナシと思っていたものは、葉の形が異なり、裏側が白くて、ヒロハナシカズラあるいはウラジロマタタビという別種ではないかと考えています。この参照論文は時代が古いので、その後に誰かが改訂を加えているかもしれませんが、とりあえずこの文献を出発点にします。

小泉 源一 1940 日本本土のマタタビ属 Actinidia of Japan
植物分類・地理 Acta phytotaxonomica et geobotanica 9(2) pp.97-99 1940

http://nels.nii.ac.jp/els/110003762214.pdf?id=ART0004973919&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1247739936&cp=

今日のサル・マタ探しは、広域農道で木城町まで行き、19号線、22号線を以前とは別の山に向けての方向に進み、未踏査だった中之又林道から神話街道に登り、険道39号線に出ました。39号線の下度川から神門にかけての峠を越える道は未踏査でしたので、これを主なターゲットとしたのです。この道筋には「恋人の丘」という目的がよくわからない施設とバンガロー式の町営の宿泊施設があります。

宿泊施設の入り口の案内看板には「許可無く立ち入り禁止」とありました。ビデオカメラでモニターしているとあったのですが、別にやましいことがないので、あえて立ち入りました。公共利用施設であるはずなのに、どこに連絡して立ち入り許可が得られるかも示されず、ただ禁止というメッセージです。
e0094349_2038844.jpg

駐車場は2箇所に分かれて数十台分もありますが、どこにも車が見られず、関係者が歩いてくるはずが無い山中なので、本当に誰もいなかったものと推定できます。だから防犯カメラで監視しているわけでしょう。

「霧の宿」ですが、まさにこの施設にぴったりの名前が付けられていたので感心しました。誰もいない山で霧の中に隠れた状態が続いているのでしょう(宿泊者は霧だけかも)。

外見はとても立派な施設ですが、完全遊休状態だと思われます。このような箱物は計画当初から造っても利用されることは期待されず、造ること自体に理由、ではなくて利が有ります。もしそうでなければ議会でこのような計画の予算が承認されるはずがありません。

南郷区にはこれのほかに、度川の源流域の山奥深い場所に樫葉オートキャンプ場があります。以前そこを訪問した時は完全に無人で自動販売機の電気も止められていたと記憶しています。ただし、施設の草刈はされていました。
e0094349_1953231.jpg

「恋人の丘」の案内看板を見ると、文字が小さくてかすれていて大変醜い、ではなくて、見にくい案内がされています。クリックすると画像は大きくなりますが、それでも細かい文字は読み取れません。看板をつくって案内するということはどういうことなのか、デザインした行政担当者には全くわかっていないのでしょうが、この施設が利用されたくないという深層心理が働いたのかもしれません。
e0094349_19574689.jpg

駐車場が3つありますが、第2と第3は空き地でセミが鳴いているだけでした。カナカナとニイニイ。
e0094349_1958010.jpg

第一展望台という場所まで行くためには草ボウボウの遊歩道を歩くようになっていますが、〇〇暑い最中ですからそれは遠慮しました。

第一があるからには少なくとも第二展望台があるかもと思って、見にくい看板をしっかり見つめても、どこにも示されていません。しかし、道の途中で道路から南郷区、神門の中心地と周囲の山並みを見渡せる場所がありました。なるほど、「隠れ展望台」があったのです。
e0094349_204405.jpg

恋人の丘の施設にある第一駐車場に着いたら、何と、驚いたことに車があります。しかも5台もです。でもよく見ると作業機材を積んだ軽トラ4台と軽乗用車1台でした。そして周囲ではセミではなくてエンジン音が響いていました。草刈作業の真っ最中です。
e0094349_20112055.jpg
e0094349_20112982.jpg

駐車場には記念植樹がされた標識がずらっとあって、韓国のお偉方と一緒に、かなり前の県知事の名前もありました。彼によって19年前に植えられた木は、その樹齢で考えられるほどには大きくなっていません。
e0094349_20181055.jpg

草刈のリーダーと思われる人物に話を聞いてみたら、平日はまず無いが、週末には観光客が来ることもあるそうです。その目当てはこれ。ハートを縛り付けるためです。
e0094349_2014227.jpg

その脇にある松の木に妙なキノコが生えていました。種類はわかりませんがペアでいるのが好きな奴です。最初は作り物かと思いましたが、マジに生えているようです。
e0094349_2032229.jpg

この場所にはおしゃれな建物があります。百済にちなんでいて、名前は百花亭だそうです。
e0094349_2015966.jpg

この施設の草刈は年に3回やるそうですから、少なくとも草刈の雇用を創出していますので地域経済に貢献しています。

四国の大規模林道の事業評価の書類では道端の草刈が特記事項となっていました(しかし、路面の崩壊や土砂崩れなどによる災害復旧事業の雇用創出による経済的貢献には触れていません)。

家の前の広域基幹林道でも最近草刈がされましたが、不思議なことに門川町の区間だけです。日向市区間の方が通行する車の台数は圧倒的に多い(1日に数台に対し数十台)のですがなぜでしょうか。

百花亭と鍵で金縛りの下には白い壁がサイケデリックに変色した野外劇場があります。
e0094349_20214988.jpg

駐車場が3つもあった理由が判明しました。劇場で何かのイベントの時に必要になります。しかし、これまで何かのイベントが何回あったのか、町の担当者に教えてもらいたくなります(しかし、聞くのが気の毒なのでやめておきます)。

駐車場にはお店がありますが、もちろん斃店していました。ただし、草刈隊の役に立っています。

お店の自動販売機のスペースらしき場所が空いていますが、これはよいことです。冷やしたり暖めたりするためにデンキを食う路上自動販売の氾濫状態を見ると、低炭素社会が聞いてあきれます。車で運べるのですから、水筒やクーラーを持って出かければよいのです。過剰に便利にすることはよくありません。
e0094349_20262333.jpg

トイレが必要になりましたが、左右のどちらがどちら用かわからないので困りました。しかし、ふと上を見上げたら、ありました。まことにお上品な案内表示ですね。デザインした人物の顔が見たいものです。
e0094349_20293423.jpg

この公共施設で行うべき大事な用が済んだので、他にすることも無く、帰宅の途につきました。
[PR]

by beachmollusc | 2009-07-16 20:33 | 日記
<< コブシの虫こぶ、と思ったら変な... ミニスイレンの花 >>