beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

昨日の収穫

外がきわめて暑くなってしまったので、エアコンの屋内でサルナシ類(マタタビ属)について本格的に勉強を始め、論文や資料など情報を集めて読んでいます。

この属の分類について調べているうちに、自分が見ている「サルナシ」にはひょっとすると3種あるかもしれないという気がしてきました。分類が明確でなければ出発点でコケてしまいます。

マタタビとシマサルナシはそれぞれはっきりと識別できていますが、無毛の果実をつけるのでサルナシであろうと思っていたものが、よく見ると葉の形態と色などが明瞭に違っています。発見株数が増えて、やっと見分ける目ができてきました。

まだ暫定的ですが、大分県の北部の高山から(業者から購入して)来ているのがサルナシだったとすれば、宮崎県内で見つけたものはヒロハナシカズラとウラジロマタタビであって、サルナシと同定できるものはまだ見ていないのかもしれません。しかし、葉の形質は成長で変化し、その上に個体変異が激しいようです。何も定量化して比較していないので今はヤマカンの段階ですから、間違っているかもしれません。本州や北海道の野生のサルナシの実物を見たいものです(画像では見ています)。

昨日は六峰街道とアクセス路の未踏査部分である県道209号線を目指して諸塚村から県道50号線で日諸峠まで登りました。その途中でヤマトタマムシが飛んでいる姿に宮崎に来てから初めて出会いました。

峠の手前でイヌマキの実がなっていました。自宅の生垣はイヌマキですが全部オスなので花粉を飛ばすだけで実を見たのは初めてです。情報検索してみたら、食べられる部分があるはずですが、これにはなかったようです。まだ実が若いのでしょう。{訂正:実の形が違うようなので植物図鑑で調べたら、カヤの木の実がこのような姿をしていました。カヤというものを知らなかったのでイヌマキと思い込んでいました}
e0094349_20423395.jpg

このイヌマキのそばにあったヒロハナシカズラ(かもしれない)ですが、実がついていない株です。
e0094349_20475980.jpg

峠から日之影に向けて209号線を目指したら、道路が(災害で?)閉鎖されていました。どのような災害か見物に行くのも非生産的なので、六峰街道を少し進んで平行している緑資源林道で日之影に下りました。
e0094349_20485450.jpg

六峰街道では出かけるたびに新しいサルナシの仲間に出会います。実がついていない株ですが、これは多分ウラジロマタタビでしょう。葉の裏側が真っ白です。
e0094349_20512589.jpg
e0094349_20513828.jpg

日之影に降りて緑資源林道と209号線の交差点で右折して進まず林道を直進しました。この部分は初めて通行したのですが、ウラジロマタタビ(かもしれない)実がたわわの株に出会いました。
e0094349_20554295.jpg

e0094349_20572530.jpg

道路から手が届くところにあり、実がなっているのがよく見えるので、秋の収穫は難しいかもしれません。

マタタビもついでにチェックしていますが、昨日見つけた実には緑色のカメムシがたかっていました。
e0094349_20582292.jpg

サルナシも同様ですが、マタタビの実には黒い斑点やしみが見られることがあります。若い実にはシアン化合物が含まれているはずですがカメムシはそれをものともせずに果汁を吸い取るのでしょう。
e0094349_2125250.jpg

ブドウ栽培でカメムシ対策が大変であると聞いています。特に果樹園の周辺の杉林というのはカメムシが増える絶好の環境だそうです。サルナシやマタタビを果樹を採る作物にする場合、害虫対策の筆頭はカメムシの仲間となるかもしれません。

(追記)
むしナビのサイトで情報を見ました。
http://mushinavi.com/navi-insect/data-kame_tyabaneao.htm

チャバネアオカメムシ

体長 約11mm
分布 本州,四国,九州,対馬,南西諸島
出現期 4~11月
エサ さまざまな果実の汁,花の蜜

幼虫は主にスギ・ヒノキの球果。

コメント 緑色の体色に茶色の翅を持つカメムシ。
草木の葉上によく見られるカメムシで、緑色の体色と茶色の翅のコントラストがなかなか綺麗である。
触れると身を守るために悪臭を放つが、触らなければ悪臭は出さない。
晩秋に集合フェロモンを発して集団で越冬する。


チャバネアオカメムシ, Plautia crossota stali Scott
http://www.fruit.affrc.go.jp/kajunoheya/apdb/hetero/P_stal.htm

果樹のカメムシ「チャバネアオカメムシ」は侵入害虫
http://www.pref.nara.jp/nogyos/nousou/midori-mini/04kajunokamemusi.htm

フェロモントラップにおける チャバネアオカメムシの誘殺数
http://www.pref.aichi.jp/byogaichu/Investigation/Fruit/4204.pdf

果樹カメムシ(チャバネアオカメムシ)越冬量調査
http://www.pref.ehime.jp/060nourinsuisan/130byocyubojo/00002406030129/byocyubojo/htm/kameettou21.html

平成20年度 主要害虫発生消長「チャバネアオカメムシ」
http://www.pref.nagano.jp/xnousei/kamikai/yosatu/chabane.pdf

チャバネアオカメムシの移動能力と移動パターン
http://farc.pref.fukuoka.jp/farc/seika/h18a/08-01.pdf
[PR]

by beachmollusc | 2009-07-19 21:02 | サルナシとマタタビ
<< 大分県の大規模林道 砂の上の足跡と這い跡 >>