beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

大分県の大規模林道

7月20日は浦城海岸で午前中にナミノコガイを採集してから、ついでに大分県の林道探索をしました。

前回は国道326号線から藤河内渓谷経由で県道6号線で日之影まで出ましたが、今回はその奥にある7号線(緒方・高千穂線)で高千穂に出ることにし、326号線から緑資源大規模林道の宇目・小国線、宇目・三重区間と清川・緒方区間(途中県道688号線が併用されている)を走りました。

経路が複雑なので説明を書き込んだ地図をつくりました。(クリックすると大きくなります。)
e0094349_80460.jpg

国道326号線で大分県に入ると宇目の道の駅があります。そこで昼食を食べてから北に向かいました。

道の駅のすぐ先にミニ道の駅がありました。1年くらい前に出来たもので、石窯を使い、薪でパンを焼いて売っているパン屋と地元産品を販売するみやげ物屋さんです。

道の駅のところで一緒にやらないで独立独歩ですが、なぜかこちらの方が楽しそうで好感が持てました(多分、メガ版の道の駅は行政のハコもの主導でウメリアなどとつまらない名称が付けられ、一方ミニ版の「杜のショップ」の方は出店したのが民間独自のアイデアだったのでしょう)。
e0094349_865451.jpg

石窯が駐車場から見えるところにあり、焼いている様子が見えるのはよい企画です。注文を受けてから、見物人の前でピッツァの生地をつくりながら焼くと、さらによいアトラクションになりそうです。ただ、囲いがやや見苦しいので、安全のためのフェンスの工夫がいまいちでした。
e0094349_8727.jpg

国道から緑資源林道に入る場所はわかりにくくなっています(一応案内標識はあります)。

この林道は途中の山中で県道45号線との交差点に出ますが、そこには大分県知事の名前が刻まれている大きな石碑があります。これについては以前のブログで紹介しました。
http://beachmollu.exblog.jp/10433635

役目を終えていたはずの森林開発公団が名称を変えながら生き延びた「成れの果て」が(緑資源公団から最後に)緑資源機構ですが、この大規模林道は途中で県道688号線という、谷間を走る、暗くて狭い、ほとんどが1車線の道路を併用しています。

県道区間には小さい集落があり、生活道路となっています。しかし、林道では対向車とは出会えず、途中で何かの工事中の作業チームと出あっただけでした。私の車がやって来たので作業員がびっくりしていました。

今回も林道でいつもおなじみの鹿と出会いました。鹿がしっかり走る、今は亡き緑資源機構が残したハイウエイ林道です。
e0094349_8263746.jpg

険道688号線を進むと再び2車線の林道ハイウエイが現れ、それを進むと大きな立派な橋が見えました。

橋の写真は撮りそこねましたが渡る前の所に巨大な石で立派な記念碑が立てられていました。ここにもヒラマツ知事の名前(だけ)が刻まれています。本当に県知事が汗を流して造った橋だったのでしょうか。
e0094349_829296.jpg

それにしても、この人物は(公費を使って)自分の名前を後世に残したい意欲がありすぎでしょう。

林道の探検ツーリングをやっているライダーさんのブログで感想が述べられていました。1年あまり前に撮影された、この大規模林道の途中の景色(問題の橋を含む)などの写真があります。その記事に、今回は行かなかった、県道7号線との交差点より西にも大きな石碑があるそうです。区間ごとに建設記念碑も建設されています。

ツーリングレポート

最果ての地へ!大隅&薩摩半島ツーリング+九州の大規模林道を探る PART5
~大隅半島東岸、佐多岬、薩摩半島、大規模林道 宇目・須木線、宇目・小国線、竹田城址を訪ねて~
5日目 大規模林道 宇目小国線を走る+岡城跡散策
http://www.geocities.jp/thkyd/hiho/0803kagosima/5day/kagosima5.htm

訪問日:2008年3月初旬


<県道45号線との交差点には、巨大な石碑があった。「緑幹線林道開通記念 大分県知事 平松守彦」とある。道が要るかどうかも怪しいが、少なくとも石碑は要らないんじゃないかな?>

<前方に巨大橋梁が出現。橋の袂には・・・

やっぱり「開通記念 大分県知事 平松守彦」の記念碑が・・・。

石碑はあれど、渡る人は居ない。いと勿体なし。

もう、この道は祖母山スカイラインと名付けて観光有料道路にしちゃったらどうだろう?有料にすると地図上で色つき表示になるから知名度もあがるし・・・。観光で村おこしもアリではないだろうか。>


最初に示した地図で見ると、林道は白い線で隠されたように示されます。周囲の県道よりも走りやすい立派な自動車道路ですが、大規模林道の道路事情を知らない一般ドライバーはアクセスをためらうでしょう。大分県知事さん、このライダーさんの名案を採用したらいかがでしょうか。
e0094349_8264642.jpg

橋を渡ると南に向けて高千穂に進む県道7号線ですが、なぜか標識にはその番号が示されていません。林道の続きは示されていますが、県道は関係ないのです。

険道7号線は6号線と平行に隣の谷筋を走っていて、途中に渓谷や鉱山の跡地があって峠に真っ暗なトンネルがあるなど、共通しています。また極めてきつい坂では1車線で離合が難しい場所が多いのも共通しています。昨日は山中で対向車が5~6台ありましたが、1回は離合できる場所まで数十mバックしました。
e0094349_914595.jpg

峠に登る少し前の大分県側でしたが、険道がいきなり2車線道路に変った場所に出会いました。しかし、その先に小さい集落があって、家屋の間を通る場所では狭くなっています。なぜごく一部だけ広い道路にしたのか、わけがわかりません。そして、その道端には廃屋がくずれかかっていました。道路ばかり立派になって村が寂れます。
e0094349_945828.jpg

宮崎県側に出たら雨でした。たしか、6号線を走った時も県境を抜けると雨でした。

7号線を下っていたら「ふるさと林道」の分岐があって、そちらの方がよい道だったので、立派な大きな橋で深い谷間をわたり、走ってみました。それが途中で県道207号、岩戸・延岡線の険道に変り、そのまま走ると岩戸温泉付近で元の7号線に合流でした。

ここでも、車が通らない場所で(林道として)立派な道路が部分的に整備されていました。森林開発公団→緑資源公団→緑資源機構は一貫して大規模な(ほとんど誰も通らない)自動車道路建設にかこつけて、トンネルや橋などの予算消費が増大するルートを計画し建設し続けてきたようです。林野庁が何兆円もの借金を抱えたのは不思議ではありません。お役人様方に好き勝手にしてもらっていたつけです。
[PR]

by beachmollusc | 2009-07-21 09:05 | 日記
<< シマサルナシの実 昨日の収穫 >>