beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

大分県、波当津海岸のサルナシ

北浦のナミノコガイは7月20日の時点で産卵期に突入していたので、1週間後の様子をチェックするため採集に出かけました。干潮が午後遅くなるので、海岸に出る前に大分県の蒲江周辺の海岸近くにサルナシ類があるかどうか探索しました。

国道10号線の北川から宗太郎峠越えは北川の支流である小川の渓谷に沿っていて、景観が良いのでお気に入りのドライブ・コースです。交通量が少ないこともよい点です。景色を楽しみながらゆっくり走っていると後続車が現れますが、道を譲れる場所が限られています。

大分県の直川から県道603号線に入り、山道で佐伯方面に向かいました。この道は大分県の県道ですが、今まで見た舗装道路の中でもっとも厳しい、五つ星の険道です。宮崎県内にはこれに匹敵する険道は無いでしょう。もしこの路線を佐伯市から直川に向けて走っていたら、途中で立ちすくんでいたかもしれません。幸い、運転席側が壁で、反対側が崖だったので、車を精一杯壁に寄せて崖下を見ないで走りました。

路肩は何時崩れてもおかしくない所がそこらじゅうで、峠には普通車がやっと通行できる真っ暗で狭いトンネルまであります。ただし、途中にある直川ダム付近の温泉保養施設、鉱泉センター直川までは良い道です。

道路地図に「日向街道」と記されている道ですが、かつては重要な路線だったのでしょう。昔の日向街道の路線について検索したら、この区間は佐伯城と宇目を結ぶ街道筋だったようです。
http://homepage3.nifty.com/hyuuga/michi/hyuuga.htm

この険道のもっとも厳しい山間部に入る直前に「グリーンピア大越」という怪しい施設がありました。グリーンピアというのは、確か和歌山県あたりで政治家による問題が発生したような名称ですが、ここは全国的に作られた一連のグリーンピアとは別個に大分県佐伯市が独自に建設したもののようです。
e0094349_8585795.jpg

宇目にある「湯~トピア」も同様ですが、大分県の役所は語尾にピアが付く名称が好きみたいです。

この施設は山奥でひっそりと誰かがやってくるのを待っているようです。年中無休で駐車場は50台分もあり、宿泊にはバンガローがあります。子どもが川遊びできるし、大人にはテニスコートがあります。
http://itp.ne.jp/contents/kankonavi/oita/camp/oit_cam17.html

トイレを利用した私を入れて、開設されてから、のべ何名くらい利用したのか情報公開を求めたくなる施設ですが、建設することに理ではなくて利があるのですから、余計な詮索はやめておきましょう。こんなものを建設するなら険道をどうにかすればよかろうに。

超険道603号線は佐伯の中心街の手前で県道37号線に出ましたので、そこから蒲江方面に向かいました。佐伯と蒲江の間には国道388号線が平行して走っています。ツーリングマップルでも示されていますが、388号線は大分県内で酷道ですが、蒲江の周辺で二車線林道のバイパスが建設されていました。おまけに宮崎県に入ると「ふるさと林道」というハイウエーが古江と波当津を結んでいます。これにはトンネルがいくつもあります。いずれこれらの林道が国道に取って代わるのでしょう。

37号線から388号線に移り、さらに県道122号線で波当津の集落を目指しました。この周辺では九州自動車道の建設が急ピッチに進められているようで、ダンプトラックが頻繁に走っています。122号線は大型車の離合が難しい路線で、曲がり角の膨らんだ場所が離合指定箇所になっていました。

波当津海岸に下るすぐ前の離合場所で念願の果実つきのサルナシを発見しました。
e0094349_9201027.jpg

持って帰った枝先サンプルの果実です。実の大きさは親指の先ぐらいで、長さが約2センチ半のタル型です。
e0094349_921066.jpg

葉の特徴は典型的なサルナシではなくて、ヒロハナシカズラのタイプだろうと思います。宮崎県ではこのタイプはほとんどが標高1000mに近い場所で見つかっていますが、この株は海岸の崖上で海抜60mくらいでした。これまで見つけたサルナシ類でもっとも標高が低い場所です。

実は、海岸付近ではシマサルナシが見つかるものと予想していたので、サルナシがあったので驚きました。不思議なことですが、空想すると、この波当津の周辺に多いサルたちが食べた山のサルナシの実から広がっているのかもしれません。波当津の集落の外れで、今回もまた畑を荒らして山に戻る途中のサルの群れに出会いました。白昼に人家のある周辺の畑から野菜をいただいていました。

サルナシの実は秋に熟してサルの食べ物になっているのでしょう。熊の落し物の中には消化されていないサルナシの種子が大量に見られるそうですから、サルの消化管の中でも種は通過して発芽できると思われます。北浦から蒲江にかけてのサルナシは秋に収穫しようと思ってもサルが先に採って食べるでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2009-07-28 09:31 | サルナシとマタタビ
<< ナミノコガイの繁殖戦略 シマサルナシの実 >>