beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ナミノコガイの繁殖戦略

外海に面した砂浜海岸という環境は嵐による波浪で砂も海水も激しく動きますので、チョウセンハマグリやナミノコガイなどでは、幼生の約2週間の浮遊期間、そして着底後の稚貝(0.2mmからスタート)が強い悪影響を受ける恐れがあります。これらの貝類は繁殖期に台風シーズンが重なっていますので、集中的な繁殖で一発勝負をやるとタイミングによっては浮遊している幼生が沖に運ばれたりして壊滅するでしょう。

沖縄で調べた結果では、ナミノコガイは危険分散を繁殖の基本戦略としていました。温度が25度以上であれば繁殖可能ですから、沖縄では5月から10月にかけて集団として何度も繰り返し繁殖できました。同じ個体が年間に少なくとも2回繁殖できるように思われます。

それに対して冬に水温が下がる温帯海域では、繁殖可能な高水温の時期が夏の盛りに狭まり、物理的に危険分散が難しくなります。また、水温が17度より低くなると成長が止まります。

宮崎県の沿岸でナミノコガイは繁殖の危険分散をするのかどうか、予備的に調べていますが、これは本命であるチョウセンハマグリの繁殖戦略の調査・研究にとりかかる前の準備体操です。小倉ヶ浜にはナミノコガイが少ないので北浦の浦城海岸でサンプルを採集しています。

浦城海岸で6月21日に調べたナミノコガイは生殖巣が前の月に比べて急に発達していましたが、外部から見える部分で雌雄の判定ができませんでした。それが7月20日にはほぼ全部の性別がわかるようになり、4分の1がすでに部分的に放出(放精・放卵)している様子が見えました。つまり繁殖期が始まっていて、集団の個体によってバラバラに活動しているようです。特に大きい個体(3才以上)は早めに繁殖する傾向が見られます。

7月27日に採取して調べた結果、繁殖開始(部分放出)済みと、これから始めるのとが4割ずつで、カラッポ(全部放出)が2割でした。

この結果から見て、あと数週間で全員がカラッポになるような気がします。夏の約1ヶ月間に数回に小分けして産卵しているように思われます。台風の時化があっても全滅を防ぐには十分効果があるでしょう。しかし、メスの貝からの卵とオスの貝からの精子が海水中に別々に放出されて受精しなければならないので、一斉に多数の個体が繁殖行動に参加しないとうまく子孫が残せません。テンデンバラバラというわけには行かないので、何らかの引き金の合図で活動するはずです。小出しにするためには生殖巣の中で細胞グループの成熟状態をずらせば可能です。ただし、こういった仕組みの詳細についての研究はほとんどなされていません。

27日には昨年生まれの小さい稚貝が波間で遊んでいました。丸一年かけてこの大きさ、殻長約6mmです。
e0094349_14263153.jpg

2才の連中は15~20mmとなっていて立派な大人です。

3歳以上は成長が止まるので年令はわからなくなります。最大30mmくらいまでなりますが、25mm前後が大きくなりきったナミノコガイです。最大で何年生きるのか、まだわかっていません。
[PR]

by beachmollusc | 2009-07-29 14:28 | ナミノコガイの仲間 Donax
<< maypopの実とハサミムシ 大分県、波当津海岸のサルナシ >>