beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

宮崎県の山間部の農地保全と蔓性果樹、特にサルナシ類

はじめに

太陽と水に恵まれた宮崎県は、平野部はもちろん、山間地においても農産物の栽培に適した自然環境が広がっている。しかし、それを経済的に活かす取り組みが欠けたまま、生産者の高齢化が進み、放棄された耕作地が広がっている。また、過去半世紀の林業政策(拡大造林)の失敗で、人工林の持続的な生産が難しくなっており、荒れるがまま放置され、伐採された後もそのまま放棄される場所が少なくない。

県内では山の恵みを糧とするために生産者によって様々な努力がなされていて、シイタケや柑橘類などで一定の成果は認められるが、特産果樹になる可能性を持っているサルナシ類に関しての取り組みは乏しい。最近、国内各地で地域起こしのメニューとしてサルナシの利用が注目され始めている。しかし、東アジア原産であるサルナシの栽培・生産は欧米、特に南北アメリカで進んでいて、ベビーキウイという名称で商品化され、人気を得ている。欧米でブレイクした後、これは日本にも輸入されている。

Yang Toa, The Incredible Chinese Gooseberry By Paul Widerburg
Walk About Magazine Mar-Apr 2006
http://www.unclepaulsproduce.com/articles/walkabout/Kiwi/WA_marApr06.html

かつて中国原産のオニマタタビの種子が1世紀前にニュージーランドに渡り、その後の栽培努力が実って特産果樹となり、キウイフルーツという名称で世界中に広がった。ベビーキウイはキウイフルーツに較べて食味が優れているだけでなく、ブドウと同じように果皮ごと食べられることで人気が出たとされている。日本各地に自生している果樹が海外で栽培されて生産物が逆輸入されていることは、国内での自然の恵みを活かす取り組みが貧弱だった事実を浮き彫りにさせている。

主に西日本の暖地に分布しているシマサルナシは、島根、兵庫、三重で「絶滅危惧I類」、和歌山と東京で「絶滅危惧II類」、そして鹿児島で「準絶滅危惧種」としてレッドリスト入りしている。全国的に分布するサルナシとマタタビは千葉県と鹿児島県で「準絶滅危惧種」に指定されている。また、ウラジロマタタビは熊本で「準絶滅危惧種」に指定されているほか、岡山で「希少種」、そして鹿児島で「分布重要種」とされている。

レッドデータ検索システムのサイトから:
http://www.jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=06030431738  サルナシ
http://www.jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=06030431742  シマサルナシ
http://www.jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=06030431739  ウラジロマタタビ
http://www.jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=06030431741  マタタビ

千葉市は独自のレッドリストでサルナシを「最重要生物」のカテゴリーに指定している。
千葉市の保護上重要な野生生物 − 千葉市レッドリスト −
http://www.city.chiba.jp/env/redlist/redlist.pdf

長崎県佐世保市のレッドリストはマタタビ、サルナシ、シマサルナシの3種を準絶滅危惧種に指定している。
http://www.city.sasebo.nagasaki.jp/www/contents/1039245374614/files/file.pdf

マタタビ属の各種について生態的な分布や生育状況などの調査研究はきわめて乏しく、宮崎県を含む九州ではほとんど情報がない。

KOKUDO K. (2003)
Phylogenetic classification of introduced and indigenous Actinidia in Japan and identification of the interspecific hybrids using RAPD analysis
Acta Hortic 610 pp.351-356.

荒瀬, 輝夫 内田, 泰三 (2009)
マタタビ(Actinidia polygama (Sieb. et Zucc.) Planch. ex Maxim.) の自生地の立地環境と虫えい果サイズの地域間差
信州大学農学部AFC報告. No. 7: 1-10
http://hdl.handle.net/10091/2925

荒瀬, 輝夫 内田, 泰三 (2009)
長野県中南部に自生するサルナシ (Actinidia arguta (Sieb.et Zucc.) Planch. Ex Miq.) の果実形態と収量の系統間差異
信州大学農学部AFC報告. No. 7: 11-19
http://hdl.handle.net/10091/2924


1 サルナシ類(マタタビ属)の利用と商品化

マタタビ属の植物は東アジアに分布し、分類的に再検討が必要とされているが、中国の南西部を多様性の中心として60種あまりが記載されている。

宮崎県内で記録された種(サルナシ、シマサルナシ、ウラジロマタタビ、ヒロハナシカズラ、マタタビ)の5種はマタタビ科マタタビ属のつる性落葉樹であるが、植林された杉などに絡んで大きく生育するものは林業の障害として積極的に除去されてきた。

マタタビの虫こぶを焼酎に漬け込んだ果実酒として「マタタビ酒」が延岡市で生産されているが、同様なものは日本各地に見られる。マタタビについては野生のものから採取された実、特に虫こぶ、や茎が薬用とされる利用が中心であって、果実は生食されていないようである。しかし、寒冷地のミヤママタタビの熟した実は美味であるといわれるので、マタタビの栽培と利用が検討されてもよいだろう。ロシアではミヤママタタビが果樹として定着しているらしい。

網走産完熟またたび果実「フルーツまたたび」
~北のパッションフルーツ~
http://www.city.abashiri.hokkaido.jp/web/pd_cont.nsf/0/571759F8C89BCDF4492572840022D9A2?OpenDocument

サルナシの蔓はきわめて頑強であり、昔からつり橋を編むためのかずらとして利用され、現在も徳島県の祖谷渓、そして福井県の足羽川渓谷では渓谷にかけられた「かずら橋」が観光の目玉となっている。また、サルナシのかずらで編んだ篭などは装飾品としても珍重されている。九州では、宮崎県と大分県で渓谷に観光用として金属製の橋が架けられているが、残念ながら自然景観とマッチしたサルナシの蔓は使われていない。山林の公園でサルナシの蔓のブランコを作っているところがある。

サルナシを地域の特産果樹にするための取り組みは九州を除く国内で最近になって広く注目を集めている。ネット情報を見ると、北海道、岩手、山形、新潟、福島、長野、岐阜、岡山、香川などの各県の特産品つくりに関する取り組みが紹介されている。ワイン、果実酒、ジュース、ジャム、その他のネット販売も広がっているが、いまのところ国産のサルナシは生食される果物としてはほとんど流通していないと思われる。

東京三鷹在住の外国人が高尾山の山頂近くでサルナシの実が「コクワ」として販売されていたのを見かけ、それについて質問を出した記事が見つかった。その回答にはサルナシについて詳しい情報が提供されている。

JAPAN TIMES Tuesday, Nov. 18, 2008 
SO, WHAT THE HECK IS THAT?
Kokuwa (monkey pear)

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/ek20081118wh.html

サルナシとマタタビの実を果実酒のために販売しているサイトがいくつかある。

青森県、夢の森 山の実ネット販売
http://www.iwatetabi.jp/product/detail/taste/30.html

岩手県産マタタビ・サルナシ
http://www.nanyado.net/i/ogura/matatabi.html

新潟県十日町市 魚沼山菜農園
http://www.tokamachi-cci.or.jp/05kaiin/uonuma/sansai

日本各地でネット上でサルナシの加工品を販売している主なものを下に列記する。

岩手県、軽米町 さるなしジャム・さるなしドリンク・さるなしワイン
http://www.iwatetabi.jp/product/detail/taste/30.html

岡山県のサルナシジャム
http://www.pref.okayama.jp/mimasaka/tokusanhin/tk_rokujisangyoka/pdf/sinjo.pdf
同、さるなしのお酒
http://www.gozenshu.co.jp/mimasaka/mimasaka_noren_0307.html

新潟県のサルナシワインとジャム
http://www.valley.ne.jp/~seki-y/sarunasi.html
同、さるなしジャム と さるなし酒 『 愛らぶ結う 』
http://www.nagumoyui.com/nagumoyui/data/tokusanhin.html

福島県、玉川村の「こぶしの里」のサルナシ商品
http://www.kobushinosato.com/sarunashi/index.html

長野県、木曽くらしの工芸館が販売するサルナシ商品
http://www.kiso.or.jp/shop/products/list.php?category_id=17
同、小谷、道の駅おたり サルナシ商品各種
http://www.vill.otari.nagano.jp/mitinoeki/sub7.html

サルナシのジャムについて調べあげた情報提供がある。

さるなしジャム考(三部作):各地のサルナシジャムの比較情報
http://ww5.enjoy.ne.jp/~hajime.hunt/sarunasi.htm
http://ww5.enjoy.ne.jp/~hajime.hunt/sarunasi2.htm
http://ww5.enjoy.ne.jp/~hajime.hunt/sarunasi3.htm

家庭園芸用に販売されているサルナシの苗には多くの品種があるが、それに関しては省略する。

キウイフルーツがヒットした背景には、その商品名の工夫があったといわれている。英名がChinese gooseberry であったものを、この名称ではマーケットで相手にされないだろうという懸念から、ニュージーランドの生産者が国鳥のキウイのイメージと重ね合わせたのが成功したらしい。

下の論文ではキウイフルーツの渡来100年を記念して、歴史情報がまとめられている。
FERGUSON A. R. (2004)
1904-the year that kiwifruit (Actinidia deliciosa) came to New Zealand
New Zealand J. Crop Hort. Sci. 32 pp.3-27
http://www.royalsociety.org.nz/Site/publish/Journals/nzjchs/2004/002.aspx

マタタビは知名度が高いが、サルナシやシマサルナシなどは一般に知られていない。宮崎県、日向市ではシマサルナシを「ヤナマシ」という地方名で呼んでいるが、全く別種のヤマナシが実在するので商品化するときの名称としては不適当である。ナシカズラという別名がシマサルナシに与えられているので、それが通称に使えるかもしれない。ちなみにサルナシについては、北海道や東北地方でコクワという地方名が使われている。

2 サルナシ類など蔓性果樹を栽培する利点と意義

野生のサルナシ類は雌雄異株であり、メス株として実がなる大きさに育つまでかなり長い年数がかかるようである。そして成熟した蔓は長さ数十メートルと極めて大きくなる。野外では成育する場所の足場が悪いこともあって、一般に野生の果実を採取することが困難で、計画的に人工栽培することが必要となる。これは休耕農地の活用となるだけでなく、小規模な農家でも季節的に一定の副収入を得ることにつながるだろう。また、大きくなった蔓は雑草の影響を受けにくいだろうし、作付けが整えばその後の農園の維持管理は相対的に楽な作業であろう。しかし、病害虫などの問題が生じる可能性があり、サルによる食害も考慮しておくべきであろう。

マタタビ属の各種は樹木などに蔓を絡ませて成育するので、栽培のためには蔓を支える構造物が必要となる。その支えとしては山間部で自給できる間伐材や竹材を使い、棚あるいはフェンスの形に整えればコストがかからない。棚であればブドウ栽培と同様な形となり、観光農園として客が果実を採取できるような形態がとれるはずである。また、突風や台風時の強風から他の果樹や農作物などを守るための防風フェンスを兼ねさせることができる。しかし、サルナシ類をはじめ多くの蔓性植物は冬に落葉するので、それを考慮に入れて常緑樹の生垣を組み合わせて設計しなければならないだろう。場所によっては人工林の伐採地において、あらかじめ適当な間隔で立ち木を残し、それを支柱として利用することを考えたらどうであろうか。

サルナシ類だけでなく、支持構造物を複合的に造って、複数の蔓性植物を栽培することも考えてよいであろう。特に果実が採取できるものとして、ムベ、アケビ、ヤマブドウ、サンカクヅル、ブラックベリー、ラズベリー、チャボトケイソウなどがあり、また、蔓を編んだり観賞用素材になるツルウメモドキ、サネカズラやモミジカラスウリなどが考えられる。

蔓性植物の利点としては、地下部分が健在であれば地上部が損傷を受けても再成長、復活がたやすいことである。宮崎県では、平均すると数年に一度、台風の直撃を受けるので、防風対策を施してあっても地上の植物体は痛めつけられる可能性があるが、そのような被害を受けても一過性として早い復活が期待できる。

防風対策がしっかり出来ていれば、それによって各種の果樹が一緒に栽培できるので、季節的に様々なものが次々に採取できる。その対象としては、シバグリ、ヤマグワ、クコ、ジューンベリー、ポポーなど、一般に流通していないが地産地消できる山の幸を活用したらよいだろう。食用になる木の実で未利用資源は多くあり、オニグルミ、カヤ、トチノキ、ガマズミなどを並べて植栽し、グリーン・ツーリズムの受け入れ環境を整備することができるだろう。

県内の山間部にはオートキャンプ場やバンガロー式の宿泊施設がそれぞれの地域行政の主導であちらこちらに同じようなものが建設されている。しかし、六峰街道周辺をはじめ県北部にある多くの施設は遊休化しているようである。それらの建造物へのアクセス道路はかなり整備されているが、訪問者・滞在者が楽しめる工夫がほとんど見当たらない。

このような山間地の自然を背景にした施設では、春のツツジ、山桜やフジの花、初夏のアジサイ、そして秋の紅葉狩りなどの観賞できる景観植栽と季節の味覚が楽しめるような果樹園などが周辺にあることが望まれる。ツーリング、ハイキング、森林浴、渓流釣り、山菜採り、など山間地を訪れる客が滞在する施設の周辺で、それぞれの立地条件を活かす工夫が求められる。そこで、山間地で放棄が進行中の農地がその受け皿となる可能性があるが、総合的なデザイン設計と実現のための取り組み支援が必要であろう。入れ物だけで魂が入っていない施設は、維持費がかかるだけで地域のお荷物でしかない。

3  サルナシ栽培の先進地情報

原産地の日本では、特産果樹としてサルナシの栽培に取り組んでいる地域は少なく、規模も限られている。

多くの地域でサルナシワイン、サルナシの果実酒、ジュース、ジャム、菓子類などを商品化しているが原材料を組織的に栽培・生産しているところは少ないようである。

アメリカでは民間業者が独自の品種を開発しているし、コーネル大学やオハイオ大学などでの研究・普及活動の情報もある。オンラインで詳しい情報を出している専門企業のサイトもあるので、それを紹介したい。

Ohio State University Extension Fact Sheet
Horticulture  Kiwifruit and Hardy Kiwi
http://ohioline.osu.edu/hyg-fact/1000/1426.html

SUCCESS WITH KIWI 's
http://kiwifruit.tuinkrant.org/

Hardy kiwi (Actinidia arguta, Actinidia kolomikta)
http://www.hort.cornell.edu/forestfarming/content/crop-fact-sheets/hardy-kiwi.pdf

kiwifruitsalad
http://www.geocities.com/kiwibobg/kiwifruitsalad.html
このサイトには様々な品種のサルナシ果実のバラエティを示した画像がある。
http://www.geocities.com/kiwibobg/12_20forKEJ.jpg
様々な品種の果実の断面の写真
e0094349_15254981.jpg

"The Colors of Kiwifruit" photographer unknown

KiwiBerries.com Hardy Kiwi aka: KiwiBerries
http://www.kiwiberry.com/index.html
本サイトはサルナシの生産販売農家が出していて、サルナシ(ここではキウイ・ベリーと称している)の生産現場、果樹の品種や特性などについて詳細な情報、特に栄養についての解説、直販と配送、有機栽培の証書などが豊富な画像で紹介されている。

日本では駒沢女子大学、西山研究室が「キウイフルーツ研究室」サイトで、サルナシ類の商品と栄養などの情報を提供している。
http://www1.ttv.ne.jp/~kiwi/

<サルナシとマタタビの栽培に関する研究報告>
オンラインで全文が読めたものを主体とし、すでに紹介した文献も一緒にまとめておく。

戸澤一宏 (2006) サルナシ(Actinidia arguta)の増殖法の検討
山梨県森林総合研究所研究報告 25号 p.139-141 (2006-2) http://rms1.agsearch.agropedia.affrc.go.jp/contents/JASI/pdf/PREF/73-4869.pdf

戸澤一宏 (2007) サルナシ(Actinidia arguta Planch)の栽培特性
山梨県森林総合研究所研究報告 26号 p.9-11 (2007-2)
http://rms1.agsearch.agropedia.affrc.go.jp/contents/JASI/pdf/PREF/73-4874.pdf

山口陽子・菊沢喜八郎  (1993) 樹木だより マタタビ,サルシナ,ミヤママタタビ
北海道立林業試験場、光珠内季報 No. 93, 17-20
http://www.hfri.pref.hokkaido.jp/kanko/kiho/pdf/kiho93-5.pdf

脇田陽一 (2006) サルナシ類の苗木を大量にふやす.
光珠内季報 No.142, 5-8.
http://www.hfri.pref.hokkaido.jp/kanko/kiho/pdf/kiho142-2.pdf

片桐孝樹;末澤克彦 (1997) 「マタタビ属植物の種間交雑における新系統KC−183及びAM−203の特性」 香川県農業試験場研究報告 49号 p. 43-54 
http://rms1.agsearch.agropedia.affrc.go.jp/contents/JASI/pdf/PREF/56-0112.pdf

水上 徹 , 金 鎮国 , 別府 賢治 , 望岡 亮介 , 福田 哲生 , 片岡 郁雄 (2005) 「サルナシ (Actinidia arguta) の結実および果実形質に及ぼす同種および異種花粉の授粉の影響 」 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表 74(2), 339

片岡 郁雄 , 高橋 和寛 , 別府 賢治 , 福田 哲生 , 佐藤 義機 (2001) サルナシ(Actinidia arguta)およびシマサルナシ(A. rufa)諸系統の特性評価 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表 70(1), 191

<サルナシ栽培に関する情報が含まれている書籍(専門学術書を除く)>

Lee Reich (2008) Uncommon Fruits for Every Garden 308ページ Timber Pr

長野県林業後継者対策協議会 (2006) 山菜の栽培と村おこし―信州山菜の風土と技術 157ページ 川辺書林

大沢 章 (2003) 山の幸利用百科―山菜・薬草・木の芽・木の実 115種の特徴・効用・加工・保存・食べ方 217ページ 農山漁村文化協会

マタタビ属の成分の薬理効果の研究成果

中国をはじめ東アジアではマタタビやサルナシは健康維持の薬膳食品として長い歴史があるが、最近の研究で有効成分の構造が決定され、ある種のがん細胞の細胞死や喘息発作を押さえる効果などが報告されている。

Yoshizawa Yuko, Fukiya Yoshihiro, Izumi Yoshikatsu, Hata Keishi, Iwashita Jun, Murofushi Noboru, Abe Tatsuya (2002)
Induction of Apoptosis with an Extract of Actinidia polygama Fruit in the Promyelocytic Leukemia Cell Line HL-60
Journal of health science 48(4) pp.303-309
http://nels.nii.ac.jp/els/110003641472.pdf?id=ART0004153516&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1249102318&cp=

Yoo Kyung Kim, Hyo Joo Kang, Kyung Tae Lee, Jin Gyu Choi and Sung Hyun Chung (2003)
Anti-Inflammation activity of Actinidia polygama
Archives of Pharmacal Research Volume 26, Number 12, 1061-1066
http://www.springerlink.com/content/c2j42972tt175312/

Young-Cheol Lee, Seung-Hyung Kim, Young-Bae Seo, Seong-Soo Roh and Jang-Cheon Lee (2006)
Inhibitory effects of Actinidia polygama extract and cyclosporine A on OVA-induced eosinophilia and bronchial hyperresponsiveness in a murine model of asthma
International Immunopharmacology Volume 6, Issue 4, Pages 703-713

Jie Ren, Eun Jung Han, and Sung Hyun Chung (2007)
In vivo and in vitro anti-inflammatory activities of -linolenic acid isolated from Actinidia polygama Fruits
Archives of Pharmacal Research Vol 30, No 6, 708-714

マタタビ成分を含む飲料に関する特許
免疫賦活剤及びそれを含有する飲食品
【要約】
【課題】優れた免疫賦活作用(一酸化窒素(NO)産生促進作用、腫瘍壊死因子(TNF)-α産生促進作用、インターフェロン(IFN)-γ産生促進作用、貪食能活性化作用等)を有し、かつ、安全性の高い免疫賦活剤、及び、前記免疫賦活剤を利用した飲食品を提供すること。
【解決手段】マタタビ(Actinidia polygama)の果実の抽出物を含有することを特徴とする免疫賦活剤、及び、前記免疫賦活剤を含有することを特徴とする飲食品である。

http://www.j-tokkyo.com/2009/A61K/JP2009-046420.shtml

(今後、追加情報が増えたら新しいブログとして新規に掲載する予定)
[PR]

by beachmollusc | 2009-07-31 21:49 | サルナシとマタタビ
<< 青島のウラジロマタタビ Actinidia 属の新葉の多様性 >>