beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

青島のウラジロマタタビ

昨日8月2日、青島に出かけたついでに周辺の探索をしてきました。

青島こどもの国という遊園地の中を知福川という小さな川が流れています。その川沿いには、ホタルを守る地元の会の看板が数箇所にあります。上流の山中に入ると、ログハウスのレストランなどがあり、子どもを含むお客さんたちが川で水遊びをしていました。

まず、この川の上流に向けて未舗装林道を探索しましたが、ほぼ全域が杉畠になっていて、しかも数年前に伐採されていて、その後の植林中とかで立ち入り禁止の標識がありました。前に伐採された直後の状態を見ていたので驚きませんでしたが、岸辺がものすごく荒れていて、川のホタルは全滅だろうと想像されました。

林道の枝道が支流沿いにあって、青島ゴルフ倶楽部の西を迂回しながら南の折生迫に出るように道路地図で示されています。その道は完全舗装されていて、道幅も十分にあります。その先には、知る人ぞ知る、青島自然休養村:「好隣梅(こうりんばい)」があります。

所在地 宮崎県宮崎市折生迫
青島自然休養村「好隣梅」の場所マップリンク 
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=31.47.29.707&lon=131.27.13.224&la=1&sc=4&CE.x=262&CE.y=246
GPS N=31.47.29 E=131.27.13
http://www.pmiyazaki.com/flower/ume/

山頂に青島や宮崎空港まで見渡せる見晴らし台があるようですが、長い階段を登って歩くようなので、涼しくなってからにしましょう。

この展望台から2008/12/20に撮影された赤江浜の「人工リーフ」の姿が「宮崎の風景」ブログの記事にあります。人工リーフは埋没中ですが、突堤群がずらりと並んでいる海岸景観が極めて異様です。
http://blog-imgs-41.fc2.com/a/u/d/audeo/P1240991a.jpg

同じブログで好隣梅の梅の開花時期の写真がありますが、周辺におサルさんたちが多いことも写真で見ることが出来ます。
http://audeo.blog73.fc2.com/page-6.html#entry118
青島の住宅街でもサルの群れが頻繁に出没していて、家の近くで目の前の道路を横断するサルの群れを目撃したことがあります。

サルが多い山でサルナシを見つけても、サルが先に食べてしまうかもしれませんので、気合が入りません。しかし、好隣梅の公園内のカブトムシの森を通りすぎた後で林道は山腹を登って行き、海抜約200mあたりで実がなっているウラジロマタタビを見つけました。
e0094349_15111024.jpg

e0094349_15113135.jpg
e0094349_15114027.jpg

このウラジロマタタビの実は押しつぶされた球形で、これまで見た縦長の果実とはかなり違っていました。
e0094349_15114945.jpg

ウラジロマタタビはサルナシとほぼ同じような外見ですが、葉の裏が白く見えることが特徴です。

道路が途中で二又になっていたので、山へ登る方向に進んだのですが、周辺では人工林の伐採が進められ、再植林された跡が広がっていました。サルナシ類は周囲が開けた、明るい場所に成育し、北向きの斜面や杉の大木に囲まれた暗い場所では見つかりません。伐採後の開けた場所とか、林道が山腹でカーブする場所が狙い目の場所です。

オンラインで見ることが出来る地図と道路地図にはこの枝道の林道は示されていません。空中写真で見ると、それらしき道筋が見えますが、道路の改修と舗装がかなり最近のことだったようですので、昔の(未舗装時代の?)映像でははっきりしません。林道は折生迫の南の谷筋に出てからかなり綺麗な渓流沿いの極めて狭い道路に合流し、その道は内海の集落で国道220号線(バイパス)の堀切峠の下を通る真新しいトンネルの手前に出ました。

ウラジロマタタビについて最新のブログ記事があります。
http://blog.goo.ne.jp/wildwatcher2007

植物生態学者の見た「自然と山の幸」
刻々と自然は移り変わり,人工の景観が,自然の植生を破壊する。さあ!大変。せめて食べられる野生植物のすべてを次世代へ残そう

ウラジロマタタビが実り始めた
2009-08-01 20:37:27 | ワイルド・フードなどの料理,その他利用法

ウラジロマタタビは、サルナシの仲間で、写真のように、青いままで、すでに完熟直前です。


この記述にびっくりして、手元に持ってきているサルナシの青い実をチェックしたら、一つだけでしたが実が少し柔らかくなっていたのがありました。試しに食べてみたら、甘みは弱く、酸味があって硬いキウイフルーツの実とそっくりの味でした。

サルナシ類は霜が降りる様になってから甘く熟すという話を聞いていたので、この情報に驚きました。サルナシやウラジロマタタビは暖かい低地では早めに熟すかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2009-08-03 15:26 | サルナシとマタタビ
<< 林道探索、美郷町北郷区にて 宮崎県の山間部の農地保全と蔓性... >>