beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

林道探索、美郷町北郷区にて

サルナシ・マタタビ探しをきっかけとして林道探索の道にはまってから、目的のサル・マタ以外に面白い発見が相次ぎ、退屈しません。家にいると尻が(寄生虫のせいではなく)むず痒くなって、つい出かけてしまいます。

昨日は、以前見つけて場所を記録しておいたサルナシの種類確認に出かけました。最近までシマサルナシ以外の3つのサルナシの型(サルナシ、ウラジロマタタビ、ヒロハナシカズラ)について区別していなかったからです。また、ヒロハナシカズラとシマサルナシは葉の特徴が酷似しているため、果実や花が無い株では混同していた可能性があります。

まず、美郷町の北郷区と日向市の東郷町の間を走る「山之口・五郎太線」を、前回とは反対コースで東郷町、迫ノ内(東上)から登りました。この林道は4m幅の普通林道で、北郷側は完全舗装ですが、東郷側では山頂の峠(標高約600m)付近で未舗装区間があり、麓に近い部分で路面が壊れている場所があちこちにあります。

一般に、旧東郷町の山間部を走る林道は未舗装路線が多く、幹線林道であってもガタガタの道がありますが、北郷の道は桁違いによく舗装整備され、除草もされています。それがこの林道でも明瞭な差となっています。昨日の最後は北郷の領域の六峰街道とその下に縦横に張り巡らされた林道・町道ネットワークを見てきましたが、山奥に小さな集落が多数散在しているだけでなく、どこでも道路の補修と除草が綿密になされていました。

驚いたことに、北郷の中心地である宇納間に近い秋元の集落から延岡方向に、平行して走る酷道388号線よりも立派な町道の自動車道が建設されています。六峰街道から門川方面を見下ろすと、この町道建設で大規模に削り取られ真っ白にコーティングされた山腹の斜面がものすごく目立ちます。(小黒木・延岡、川水流線)

秋元では炭焼きで地域起こしを展開中のようで、真新しい看板が立てられていました。
e0094349_1414133.jpg

林業の盛んな地域ですが、日本中で杉とヒノキ畠ばかりを一面に作ったために材木の需要が低迷(丸太の価格が低迷しているのは需給のバランスが悪いためであって、林野庁が言い訳にしている輸入外材の低価格が理由ではないようです:最近輸入されているカナダやニュージーランド産の丸太の方が値段は高いし、過剰生産は豊作貧乏と同じこと)していますので、林産物で現金収入を増やす工夫が求められ、それに応えているようです。

それはともかく、在来の(交通量が極め付きで少ない)幹線道路である国道388号線の改良をそっちのけで、そのバイパスとして立派な道路を平行させて建設する理由が良くわかりません。土建・利権のためにどこかからお金が出ているのでしょうが、税金の使い方がおかしいようです。

山之口・五郎太線に話を戻すと、坂道の途中で対向車(ミニパジェロ)が1台来たので、お互いにびっくりでした。この道には「一般車の通行はやめてください」という看板があり、前回に出会った車はゼロでした。

その先を走っていたら、路上に死んだばかりと思われる(外傷の見られない)ノウサギが転がっていました。
e0094349_14292492.jpg

カラスもトンビも来ておらず、腐敗もしていなかったようでした。すれ違ったミニパジェロに轢かれたものか、とも思いましたが、ノウサギが昼間に路上に出てくる可能性は低いので違うでしょう、まったく不思議なことです。

後はカラスの勝手におまかせで、ウサギの死の謎はそのまま素通りし、峠付近に差し掛かったら、道路にはみ出ているイバラに接触しました。どうせ車体はひっかっき傷だらけですが、このイバラは気になったので車を止めてよく見ました。
e0094349_14334048.jpg
e0094349_14335244.jpg

ジャケツイバラと再会しました。崖の下からガードレールを越えて道路に伸びだしていましたので、万一草刈作業で切り捨てられると来年に花を楽しめないかも、と思って、蔓をガードレールの向こう側に押し戻しておきました。位置はGPSで記録したし、周囲にはノブドウらしきものがあったので、この地点は重要です。
e0094349_14405644.jpg

実は食べられませんが、ノブドウも重要な山の幸の一つです。
健康食品を超えた野生種 「野ブドウ」パワー
http://www.e-yakusou.com/my.e-yakusou/my-no001.htm

宇納間に出てから六峰街道に向かい、実が付いたサルナシを2株追加して発見し、前に見つけていたものを再確認して種類を判別しておきました。その途中で葉の裏にカメムシの一種産卵中(産んだ卵を保護する習性が知られています)に出会いました。
e0094349_1444251.jpg

エサキモンキツノカメムシ、ハート型の模様があって、わかりやすいカメムシです。
http://akebonobashi.blogspot.com/2009/07/blog-post_7280.html

サルナシたちは新しい蔓を盛んに伸ばしているかたわら、葉を食い荒らされたり、すすけたようになっているものも少なくありません。

六峰街道(二子山林道)の北方からの登り口に近い、高度約300m地点に、実が付いているシマサルナシがあります。
e0094349_14483680.jpg

この株は日向市で見ているシマサルナシと葉の特徴が少し違っていて、サルナシっぽいところがあります。

詳細を調べて見るようになってから、サルナシ類の分類が頭の中で大混乱です。

{おまけ}

以前から気になっていた謎(東郷町が日向市と合併したのに、北郷、西郷、南郷の三つの村はそれと別に合併して美郷町になった理由)が少し見えたような気がします。

東郷町と比べてみると、美郷町を構成する旧3村には箱物の(行政のお荷物となっている)レジャー施設、モニュメント、そして(不釣合いなほどに)よく整備された舗装林道と町道があります。これらの整備事業のお金はほとんどが中央政府から支給されたものだと想像されます。国の赤字財政を膨張させるシステムを構築した中央官僚と地方選出の国会議員、そして市町村行政のもたれあいがその背景にあるのでしょう。

補助金という麻薬で地域経済が元気になったように見えても、体力も気力も失われます。辺鄙な場所では麻薬の支給条件が甘くなっているかもしれませんが、農林水産の中央官僚の憂愁な頭脳は、産業基盤の人づくりや技術支援などのソフトよりも手っ取り早くて安易な麻薬注入:バラマキ補助金による土建行政に頼る手法しか思いつかないのでしょう。

[PR]

by beachmollusc | 2009-08-05 14:50 | 日記
<< 天災、人災、官災 青島のウラジロマタタビ >>