beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

土石流と山地の道路

「記録的な」豪雨が未曾有(みぞゆう)な「自然災害」となって、深い傷跡(しょうせき)を残す、というパターンが何度も繰り返されている。未曾有とは、いまだかつて無い、滅多に無い、つまり想定外の意味であろうが、それが「頻繁(はんざつ)に」起こっているということは、いったい何がどのように想定されていたのであろうか。それは言葉の読み違いではなく、意味を取り違えて使っているのではないだろうか。

日本列島には南から台風がやってきて、梅雨前線や秋雨前線と重なると局地的な豪雨となり、山地では土砂災害がもたらされる。このことは周知であっても、実際に生命と財産が脅かされるような、土砂災害が発生する時と場所はあらかじめわかっていない。しかし、その確率が高い、つまり危険な場所はわかっていることが多い。

土石流災害については必ず原因調査が行われているので、その情報を元にして防災を考えるべきであるが、実際には、コンクリート構造物の建設を柱にした災害復旧事業に注意が集中されているようである。同じような災害が起こる可能性が高い場所は多くあるから、原因の分析を元に被害を未然に防ぐことも重要である。

下に示した設計事務所は実際に起こった土石流について詳しい調査報告をホームページで公開している。

株式会社 米北測量設計事務所 http://www.yonekita.co.jp/

平成10年10月17日台風10号による土石流災害の検討 2003/3/31
http://www.yonekita.co.jp/pdf/topics01.pdf

この報告を見ると、2002年の台風10号によって愛媛県で発生した土石流災害は、調査報告の3件すべてが山地の道路(町道)の造成場所の「盛り土」部分が引き金となっていた。まとめの部分で述べられた一部を引用する。

{ 以上土石流災害が発生した3箇所について、調査を行ったが、地形上の共通点としてあげられることは、崩壊頭部に全て道路があり、凹型の収水地形をなし、流域形状比が0.15~0.4と小さいことである。また、流域面積0.07~0.1 km2と非常に小さい流域で土石流が発生しているのが特徴的である。
 台風10号の降雨が全降雨期間中の後部にピークが集中している降雨特性により、前期降雨で飽和状態となった表土が、上記のような地形特性により、源頭部面積が小さいにもかかわらず、瞬時に降雨が集水され、予想以上の洪水となり、土石流となったと考えられる。 (後略)}


平成15年7月九州中南部豪雨による土砂災害調査報告 2004/2/20
http://www.yonekita.co.jp/pdf/topics03.pdf

この報告では熊本県宝川内地区で起こった大規模な土石流(死者15名、全壊家屋13棟)の調査報告がある。その要点について下に部分的に引用する。

{宝川内地区は、宝川内川の谷筋の最も下流部にある集落で、標高は90~100mであり、集川が横切って宝川内川に合流している。集地区は扇状地となっており、約1.1 km上流、標高440 mの斜面の崩壊に伴う土石流が合流地点付近の民家を巻き込み、途中3基の治山ダムを崩壊して、V字谷の両岸を削りながら雪だるま式に拡大し、土石流となって一気に集落を襲った。}

{崩壊源は、2度に渡り崩壊したと考えられているが、まず最初の崩壊の段階で、ある程度ダムにより流速が低下し、水通しが閉塞し袖の高さまで埋まり、相当な河床の上昇があったと考えられる。この段階ではダムの破損はなかったと思われる。
 2度目の崩壊は、かなり大規模と考えられ、1~3mの巨礫を多量に含み、1度目の崩壊により堆積した土砂は、水により泥流化しているため、後続石礫が運搬されやすい状態となっており、その流下エネルギーでダムを破壊し、ダムに堆積した土砂と共に、渓床や渓岸を浸食しながら最終的には現時点の河床まで浸食したと考えられる。}


以上の情報が正しければ、宝川内地区の土石流では、古くからあった、土砂を溜め込んでいた3つの治山ダムは一時的には土砂の流下を足止めしたが、溜め込んだ土砂と一緒に崩落したようである。

{崩壊過程として、最初に下部の表層すべりが考えられる。もともと集川の流水による洗掘や、林道施工時点で緩んでいた法面の基礎部が、集中豪雨によりさらに洗掘され、基礎部が開放されたことにより、水を含んだ凝灰角礫岩由来の崩積土(粘性土)が、浅い表層すべりを起こしたと考えられる。
 2度目に下部崩壊により不安定となった上部法面の大崩壊が発生したと考えられる。 (後略)}


崩壊が始まった場所の現場写真を見ると、林道がその中央部を横切っているが、最初にこの林道部分の表層の地すべりが起こり、それに続いて上部の人工林の斜面が、そこに植えられていた(大きく成長していた)スギごと崩落して、土石流が起こったようである。引用した報告ではあからさまに指摘していないが、林道の存在が重要な引き金となったことは容易に想像できる。

現地の地質的、地形的な「特性」が集中豪雨のもとで地すべりを起こしやすいという、専門家による指摘は正しいものであろう。しかし、実際に引き金を引く役割を演じているもの、そして事態を悪化させているものについてはなぜか触れられないままである。上の調査報告以外にも、行政(大学や研究所などの専門家による)の報告もオンラインで見ることが出来るが、斜面にある山林の崩落について注目していないようである。
たとえば、土木工学関係団体の調査報告:
http://www.jsce.or.jp/committee/jiban/slope/hp030728/report030728-2.pdf

2003年7月九州豪雨土砂災害
http://www.disaster-i.net/disaster/20030720/

当該地区の空中写真などは(株)アジア航測のサイトに掲載されている。
http://www.ajiko.co.jp/bousai/kyusyu/kyusyu.htm

土石流災害が起こっている場所では、上の例のように、植林とそれに伴った林道建設、さらに治山ダムの建設が行われていることが多い。最近山口県で発生した土石流災害でも治山ダムが崩壊している。現地の写真を見ると、林道の存在がわかるし、前に斜面が崩壊した跡が近くの山腹の林道沿いに見られる。

宝川内地区の土石流災害は、ハード面での対策の限界を浮き彫りにさせている。その後の経過を見ると、災害復旧事業で再び治山ダムの列を元のように建設し、さらに下流部に砂防ダムを建設している。この地区の集落はこれで当面は守られるであろうが、周辺にある、よく似た状況に置かれた渓流の扇状地にある集落は大丈夫であろうか。気になることは、これらの集落の周囲の山地には杉と檜の人工林が広がっていて、それが伐採時期にかかっていることである。同じような状況は九州山地の宮崎、大分でも広く見られる。

現在の林業は、経済効率重視の掛け声のもと、大型機械を使って人工林を皆伐、つまり山の斜面の樹木を大規模に丸裸にしている。林業機械と丸太を輸送する大型トラックを通すために林道は大規模に改修されて幅が広くなり、周囲の斜面が大きく削り取られている。九州山地では人工林は山頂、稜線まで植えられていて、伐採した樹木をワイヤーで道路まで引き上げてからトラックで運ぶシステムが作られている。そのために、林道は山頂まで縦横無尽に開設されている。

人工林となっている杉は挿木苗によって成長の早いクローンが育てられているが、樹木が大きく育っていても地面の下で浅く根を張っているため、暴風による倒木の問題が起こり、そして斜面ごと一緒に崩れ、河川に流出して海まで流される。そのため、台風豪雨の後で宮崎県の発電ダムの湖面と海岸の漁港には流木が一面に浮かび、さらに海岸で山のように樹木が打ち上げられた。

林業を活性化させることは大切であるが、そのために土砂災害を誘発したり河川の環境破壊を増大させることは許されるだろうか。近年、山頂近くの林道の開設や改修工事が盛んに行われているようであるが、これは土砂災害を誘発する地雷のようなものではないか。集中豪雨が自然現象であるとして、それに伴った土砂災害を天災として、土石流の誘発や被害増大の要因として疑われる林業のありかたをそのまま放置してよいだろうか。

[追記]

ニュースによれば、今回の大雨で大分県竹田市の国道502号線で土砂崩れが起こり、停車中の車8台が巻き込まれたが幸い車に乗っていた人たちは全員無事だった。

大分・竹田市 土砂崩れ 車8台直撃 局地的豪雨 13人全員無事
2009年8月11日 西日本新聞
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/114559

この記事の中で、道路わきの山中にある治山ダムの上に溜まった土砂が流下したことが報じられている。

県などによると、現場の山林の中腹には治山ダムが設けられていたが、高さ約50メートル、幅約30メートルにわたり崩れた。車両8台のうち5台がその場で土砂に埋まるなどし、残り3台が国道脇の大野川に流された。

現場の確認作業再開 竹田土砂崩れ 土砂撤去、川底調査
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/114667

7月23日に竹田市経由で日田まで出かけたが、丁度その時この道路を走り、問題の治山ダムを見たような記憶がある。上の記事で写真で示された斜面崩壊現場には杉の大木が滑り落ちた様子が見える。

ここでは1994年に「治山ダム」が建設されたそうである。

竹田土砂崩れ 治山ダム「過信は禁物」 2009年08月12日
http://www.oita-press.co.jp/localNews/2009_125004047257.html

 県によると、現場は山腹崩壊の恐れがあるため県が指定した「山地災害危険地区」で、県内6756地区のうちの一つ。最も危険度が高くAランクに位置付けられている。1993年の台風被害で斜面が崩れたため、94年度に治山ダム(幅27・5メートル、高さ7メートル)を建設。ダムより上の斜面には、長さ31メートルと21メートルのコンクリート製の土留めを2カ所に埋めている。
 今回、崩れ落ちた土砂は治山ダムと土留めの間の約2千立方メートル。火山灰土は固い地層の上に堆積(たいせき)し、大きな岩を含んでいなかった。当時は1時間雨量が77・5ミリの非常に強い雨を記録。県森林保全課は「火山灰土が一気に水分を含んで重くなった。固い地層との間に水が流れ、滑り落ちやすくなっていた」とみる。


上の記事の続きには、「治山ダムが土砂の勢いを弱めたおかげで被害が軽く済んだ」という県森林保全課のコメントを紹介している。

しかし、被害が軽くて済んだ真相は別の報道にある。
Yomiuri Onlineによると
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20090811-OYS1T00286.htm

県災害警戒本部によると、土砂崩れは2度にわたって発生。1度目の土砂崩れでは、土砂の量が多くなかったため、数人は自力で車外へ出て逃げることができたとみられる。2度目は大量で、車が完全に埋まったり、川に押し出されたりし、数人が逃げ遅れたとみられる。

 同本部は「逃げ遅れた人は1回目の土砂崩れで身構えており、2回目が起きた際、素早く車外へ脱出することができたのではないか」としている。


治山ダムの本体は崩壊しなかったようであるが、恐らくダムのすぐ上に溜まっていた火山灰性の土砂が崩れただけで、ダムに激突するような大きい岩石が含まれていなかったからだろう。それにしても、ダムが溜め込んで流れ出た土砂は、ダムが無ければ溜まっていなかった、つまり土石流は起こらなかったのではないだろうか。

不思議でならないのであるが、治山ダムや砂防ダムが満杯になってから土石流に巻き込まれて崩壊し、事態を悪化させることは「想定外」なのだろうか。もし水が満杯のダムが崩壊したら下流では水害となるだろう。土砂を溜め込んだ治山、砂防ダムは永久に崩れずにその場にあるとでも考えられているのだろうか。
e0094349_10442248.jpg
e0094349_1044384.jpg
e0094349_10444734.jpg
e0094349_10445568.jpg

e0094349_20212810.jpg
e0094349_20213646.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-08-12 09:55 | 評論
<< チョウセンハマグリの大量死 不順な天候 >>