beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

チョウセンハマグリの大量死

朝から晴れ上がっていて、暑くなりそうだったので、小倉ヶ浜の北端のGIビーチに出かけました。ここは岩山が北東側にあるので浜に日陰ができます。到着したのは6時過ぎ、浜に降りる道の周辺にやけにカラスが多かったので変な気がしました。

走りたがるミッキーを押さえながら砂浜に下りると打ち上げラインに多量の貝殻が打ちあがっていました。ほぼ全てがチョウセンハマグリで、大きい成貝(殻の長さ6センチ以上)がほとんどでした。
e0094349_9355097.jpg
e0094349_936011.jpg
e0094349_936845.jpg

死後の経過時間は数日以内と思われました。すでにカラスやカニが肉を片付けていて、ほぼ綺麗になっています。腐敗臭はほとんど感じません。

浜でいつも海に向かって歌っているオバサンが獲物を持って駐車場に上がってきたので袋の中身を見せてもらい、インタビューして情報を聞き取りました。死んだばかりの貝をもらさず拾ったようでした。
e0094349_939998.jpg

他にも犬を連れて毎朝散歩するオジサンも中身が残っていた貝を沢山拾って帰ったばかり(行き違いに)と聞きました。

塩見川をはさんで、向こう岸にも一昨日からチョウセンハマグリの打ち上げがあって、拾って集めていた人を見かけたそうです。しかし、河口から南に離れるとあまり打ちあがっていないようです。つまり、塩見川の河口の両側で、数百mの範囲に集中して大量に死んで打ち上げられたようです。

約4キロある海岸線の最南部には11日(火曜日)、中央部には10日(月曜日)に出ていますが、異常はありませんでした。インタビューで聞いた話では、火曜日から水曜日にかけて打ち上げが見られたようです。火曜日には台風9号が残したうねりがあって、それが貝の打ち上げの動力になっていたようです。

サーファーが二名、波の偵察に来ていたので、サンプルの貝殻集めに協力していただきました。浜にバスケットが転がっていたのでそれに一杯になるように入れてもらいましたが、多分三分の一程度集まっただけです。わずか100mくらいの海岸線にざっと見て1000個くらいの死殻がありました。

サーファーの皆さんも毎日のようにビーチを見ていますので、話を聞いたところ、第二日曜日(9日)の定例の海岸一斉清掃の時点で異常がなかったそうです。

大量死の原因はわかりませんが、塩見川の河口付近に集中していて、台風接近でまとまった雨が降ったすぐ後だったことが気になります。単純に嵐の波浪での打ち上げには見えません。

砂浜の貝類は、嵐の最中は砂の中で深く潜ってやり過ごすようです。そして通り過ぎて静かになってから砂底の表面に出てきて餌を活発に吸い込むはずです(数日間絶食した後、海水中には浮遊、圏濁した餌が多くなっている)。その時に、もし有害な物質が取り込まれたりすると斃死するかもしれません。もし病死であれば、今回のような短時間での一斉斃死ではなく、ある程度の期間に渡ってダラダラと死ぬはずですので、毒物による急性斃死の方が可能性が高そうに思えます。

小倉ヶ浜では赤岩川河口より南側にチョウセンハマグリが集中して生息していますが、そこで大量斃死が起こっていなければ、集団全体への影響は局所的にとどまっているでしょう。昼間は暑いので、明日の早朝に南部の浜をチェックしてみます。

チョウセンハマグリの天敵たちも死んで打ち上げられていましたが、数はわずかでした。大きなアカエイ(スケールは10センチ)とツメタガイ(ホソヤツメタ)です。
e0094349_1074658.jpg
e0094349_1075694.jpg


{追記 8.14}
小倉ヶ浜の中央部、赤岩川の河口周辺を見てきました。全く異常なし、チョウセンハマグリの死殻は転がっていません。やはり、塩見川河口部だけで起こった大量斃死と思われます。

小倉ヶ浜のチョウセンハマグリは、ツメタガイに食べられて打ち上げられる大きい殻の数、そして潮間帯に成育する2~3才の稚貝の生息密度が共に赤岩川河口周辺と最南部(漁港に近いところ)で最大となっています。ハマグリ採りの潜水漁業者の船が操業している範囲も南側が主になっているようです。つまり、今回大量死が起こった最北部の塩見川河口周辺は相対的にチョウセンハマグリが少ない場所でした。

外海に面する砂浜海岸で、二枚貝類は餌の多い河口付近に集まる傾向が見られます。チョウセンハマグリは、特に1から3才までは、潮が引くと広く干上がる、干潟のようになる潮間帯に集中します。これは、砂粒に付着して増殖する微細藻類が繁茂しやすい、つまり貝のベビーフードが多い環境となっているからだと考えています。河口付近では陸から藻類の栄養素が流れ出ているし、小倉ヶ浜の最南部では地下水が染み出ているのが同じ効果を持っていると見ています。(栄養塩濃度や藻類の分布密度などのデータをとれば確認できます:水産試験場の過去の調査では肝心なポイントが全く調査されていません)。

河口部付近の海岸では貝の餌や餌の栄養素が多いのですが、その一方で、環境汚染物質も多くなります。塩見川河口付近でも潮が引くと干潟のようになりますが、チョウセンハマグリの稚貝が少ないことは以前から気になっています。その他の貝類やエビ・カニ類も極めて少ないのです。

汚水処理プラントでは雨量が多くなって扱いきれない時には処理されていないナマの下水を素通りさせていると聞いています。極めて多量の雨水で希釈された下水が海に出て、さらに海水で希釈されれば下水中の汚染物質の影響は小さいでしょうが、水量によっては高濃度になるかもしれません。汚染物質としてもっとも悪いと考えられるのは合成洗剤ですが、これについて水生の野生生物におよぼす影響はほとんど調べられていません。石鹸が合成洗剤にとって代わられた頃に、全国的に干潟の生物がおかしくなっています。
[PR]

by beachmollusc | 2009-08-13 10:07 | Meretrix ハマグリ
<< クズの成分の利用(アルコール依存症) 土石流と山地の道路 >>