beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

塩見川河口のチョウセンハマグリ斃死事件

今朝(15日)は塩見川の河口の南側を見てきました。朝6時ちょっと過ぎに着いて、雨が降り出した7時ごろまで現地を見て周り、死殻を集めてサンプルとしました。

南でも河口の北側と同じように、大きい貝がまとまって死んでいました。ここではカラスが岩陰に運んでから食べていたようです。北側ほど数が多くなく、数百個でしたが、ここでは散歩する人の数が多く、打ち上げ直後の、腐敗していなかった状態で拾い集められ持ち去られた量が多かった可能性があります。
e0094349_975280.jpg

新たな打ち上げは見当たらず、ほとんどが死後数日以上経過して、中身はカラスとカニが始末していて、かなり綺麗です。つまり、打ち上げはきわめて短時間に集中していたものと考えられます。
e0094349_9284069.jpg

e0094349_965925.jpg
e0094349_971252.jpg

e0094349_981696.jpg


二次的に動いたことで正確にはわかりませんが、打ち上げられていた場所は塩見川の河口、外海に出る場所の至近距離だけでした。トドロバエの正面から汀線沿いに歩いてみましたが、河口に近づくまでは打ち上げ殻は古い小さいものだけでした。

塩見川河口付近について、海上保安庁の海底地質図から問題の部分を切り取って、説明を加えた図です。
e0094349_9274214.jpg

小倉ヶ浜の砂浜は南北約4キロです。赤岩川の河口では異常なし。

台風8号と9号のウネリがあったので、その波浪の最高到達線に打ち上げゴミの帯がありました。通常の満潮線よりやや上になっていましたが、それほど大きな波は来なかったようです。

トドロバエ付近で、砂浜のゴミは2列になっていて、そのどちらにも打ち上げられた貝殻は見当たりません。
e0094349_953955.jpg
e0094349_954832.jpg

これを見ると、チョウセンハマグリの大きい貝の打ち上げは波浪だけで起こったとは思われません。

小さい貝もいたはずですが、それが打ち上げられていない理由は移動能力があるからかもしれません。大きい成貝は波が砕けるゾーンから沖側に分布していて、小さい稚貝は浅い方に分布しています。

稚貝は粘液の糸を出して、それが水流の抵抗となり、流れに乗って移動します。ハマグリについては熊本大学で研究中と聞いていますが、チョウセンハマグリの流動・行動の研究はされていません(ハマグリほど活発ではないみたいです)。

成長にともなって、大きさによって貝殻の形が大きく変化しますが、チョウセンハマグリは稚貝時代は流動に適した形で、大きくなると砂の中で安定する形に変化します。大きい貝は住み場所を移動することを想定していないようです。

大きい貝は、おそらく産卵が終わって体力的に消耗していた可能性があります(産卵の時期と幅、そして小出しに分散させるかどうか、など産卵期と想定される5月から8月の間にしっかり調査したかったのですが、せっかく調査予算を計上している市役所の腰が重くて実施できないまま、今年は産卵期の調査はお流れです)。

まだ検討の途中ですが、これまで調べたことを綜合すると、チョウセンハマグリの大量死は、塩見川河口の至近、数百mの範囲で局所的でした。死んだ推定個体数と大きさの分布などのデータは後で出します。

死因は毒物による急性の中毒が考えられます。状況から見て、塩見川の河口の上流から雨で増水していた中に、流れ出ていたものでしょう。たまたま、現在は4~5年前から増えて育っていたチョウセンハマグリの成貝が小倉ヶ浜に全体的に高い密度で生息していて、塩見川の河口付近にもかなり集まっていたようです。

{追記} 小倉ヶ浜で起こった過去のチョウセンハマグリ打ち上げ事件について

10年以上前に起こった大量打ち上げについて水産試験場が出した調査報告があります。地元住民のなかには、10年余り前に起こったこの打ち上げ事件、そして貝を拾って集めて食べたことを記憶している人が多いようです。

坂本龍一 (1995) チョウセンハマグリの打ち上げ現象について  
宮崎県水産試験場事業報告 122-130.

この報告に引用されていますが、同様なことがもっと前にも起こっています。

成原淳一、森末安冶、河野秀伸 (1991) チョウセンハマグリの大量へい死について 
宮崎県水産試験場事業報告書 平成元年 79-81.

上の事件では稚貝を中心に小倉ヶ浜の海岸全体で打ち上げられたことで、今回とは様相が異なります。チョウセンハマグリの漁獲データの推移を見ると、1995報告の時の稚貝は数年後に漁獲量が増大した発生群(水産学では卓越年級群)であったことがわかります。

当時の調査で打ち上げの原因は不明とされましたが、貝が多く湧いて密度が高まった結果、餌不足になったのではないか、とも言われました。しかし、半世紀前には毎年、もっと多くの漁獲があったことを考えると、異常な大量発生とは言えません。

小倉ヶ浜の海岸線の長さの半分しかない高知県の大岐の浜のチョウセンハマグリの漁獲量は小倉ヶ浜よりより多いようです(漁獲統計はありませんが現地情報から)。小倉ヶ浜では資源量の増加ポテンシャルが抑えられているような気がします。
e0094349_15425545.jpg


降水量データ(気象庁サイトから抽出してグラフを作成)
e0094349_22134356.jpg

8月9,10日にまとまった雨が降り、2日間の降水量は80mmを越えました。やや多めの雨でしたが、特に大雨というほどのことではありません。今年の6月3~5日には3日間で合計95mmの降水記録があります。ただし、平均気温は6月と8月で10度近い差があります。温度も重要な要因となるでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2009-08-15 09:22 | Meretrix ハマグリ
<< センニンソウ クズの成分の利用(アルコール依存症) >>