beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

林野庁の原野商法とリフォーム詐欺

「森林の崩壊」 (副題: 国土をめぐる負の連鎖) 
白井裕子 著、 新潮選書296 (2009年1月) 187頁
e0094349_8184952.jpg


昨日配達されたこの本を一気に読みました。日本の森林と林業の深刻かつ構造的な問題について生産現場から木材のエンド・ユーザーである伝統的木造建築の現場を探訪し、データを集めて客観的に分析した結果を論じています。一般市民の多くの人に読んでもらいたい本の一つです。

この本で具体的にかつ詳細に説明されているが、山林から建築まで整合性の無い行政ルールによってガンジガラメ状態であることを理解しないと、いくら小手先だけの対策を施しても状況は変らない。また、従来の補助金をばら撒く行政手法が(まともな)当事者の意欲を削ぐだけであり、産業育成につながらないことを理解することが重要である。土建構造物のみが繁栄し、国土と産業が荒廃する構造的な疾病の根本を治療しなければならない。

この本の103頁には以下のような文章がある。

日本に合った日本人らしい仕組みを

 何事でもそうだが、自分の思い通りにビジョンを描き、そのマニュアルに従ってもらい、一から十までコントロールするより、それぞれの個性を尊重しその力をいかんなく発揮し、自発的に伸びる方がよく成長し、持続性が高い。そして後者の仕組みを考える方がはるかに難しい。国から地方にお金が配布されるほど、個性や発意自立性が薄れ、競争力が衰え、地域社会が衰弱していく理由の断片がここにも見えてくる。片田舎には不釣合いな地元民も驚くような箱物が出現するのも、このような仕組みのお陰であろう。どこも似たような施設が建ち、立派な道路が延び、どこへ行っても同じような風景が広がり、そしてそこから人がいなくなる。  (後略)

林野庁のとってきた行政手法が国土、環境に大きな負の遺産を残しているだけでなく、それがますます増大し続けている厳しい現状は一般市民の視野から巧妙に隠蔽され続けているようである。もちろん、その大きな歪が表面化して隠れ蓑となっていた「緑資源機構」が破綻したが、尻尾が切り落とされただけで本体は健在である。補助金支給のマニュアルつくりしか頭にない、山林を荒廃させるだけで森林を守らない役所は国にとって必要な存在であるかどうか、客観的に検証されるべきであろう。少なくとも失政の責任の所在を明白にして、複雑骨折した患者にバンソーコーを貼るようなことで治療していると勘違いしている役人達の意識を根本から変えないと日本の森林とその環境はお先真っ暗であろう。

「緑のオーナー制度」:http://www.eic.or.jp/ecoterm/?act=view&serial=2513
分収林制度の一形態で、国有林野事業における分収育林制度を指す言葉。分収育林制度とは、20~30年生の育成途上の樹木について、土地所有者、育林者、育林費負担者の3者、または2者が契約を結び、数十年後の伐採時に得られる収入を契約時に定めた割合で分配する制度(根拠法:分収林特別措置法。国有林については、国有林野法)。
この分収育林契約における育林費負担者を緑のオーナーと呼んでいる。本制度は、国民参加による森林整備を進める方策のひとつとして1984年から開始されたが、国有林野事業が公益的機能を重視した管理方針に転換した結果、対象となる森林が大幅に縮小してしまったこともあり、1999年度から公募を休止している。


上の国有林野事業では、その経費を一般市民から集め、環境保全されるべき国有林を舞台に天然林を伐採して人工林の過剰生産を促した。(国有林以外でも分収林として同様なことが税金の投入で続けられている。)緑のオーナー制度は結果的に出資者の期待を裏切り、訴訟中である。林野庁は莫大な借入金を返済する目的で国有林内での林業を拡大させるために行ったつもりであろうが、借金が膨らんだ理由がわかっていたはずであると考えれば、あえて「原野商法」に似た手法をとったとしか思えない。裁判の判決がどのようになるかわからないが、行政的に失敗しても担当責任を問われないような仕組みが出来ている役所であるから、教訓を生かすフィードバックで改善されることは期待できそうにない。

「国有林野事業が公益的機能を重視した管理方針に転換した」ということであるが、このリフォームは本物であろうか。金儲けが失敗したため、分収林方式の国有林での林業から撤退しただけではないだろうか。実際に行われている山林の皆伐、再植林の様子を見ると、本質は何も変らないとしか思えない。

「対象となる森林が大幅に縮小してしまったこと」ということは、役所の管理方針の匙加減一つで、全く同じものがコロコロと変ってしまうということである。財政上の都合を優先させて林業の拡大を図ったが、それに失敗したので、つじつまあわせに「公益機能」などという「事業を進める上で都合が悪かったので隠しておいたこと」を持ち出すのは「詐欺」である。

「森林の崩壊」の本で指摘されている林野行政、補助金支給のリフォームの積み重ね(マニュアルの改訂)の実態を知ると、誰でもあきれ果ててしまうだろう。また、非現実的、画一的なマニュアル通りに事業が行われて補助金が執行されていなければ、「怖い監査」が待ち受けているというのは(現場の当事者には気の毒であるが)コミックとしか思えない。切り倒された木の倒れた方向がマニュアルと違うと、その向きを「正しく直す」ように指導している役人の姿を山林の中でぜひ見てみたいものである。

「日本では補助金をもらうためには行政のマニュアル通りにしなければならない。つまり、新しい方法を考えたり、工夫したりする余地が少ないのである。日本の林業が変らない、変われない理由がここにもある。」という「森林の崩壊」の著者の言葉に日本の森林問題が集約されている。
[PR]

by beachmollusc | 2009-08-23 09:33 | 評論
<< 高潮の影響 宮崎県南部海岸に高潮注意報 >>