beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

美郷町のモミジ林道、造次郎公園探訪

居酒屋なんじゃろかサイトで北郷の宇納間から西郷、諸塚方面に向かうモミジ林道の記事がありました。
http://nanjaroka.com/tihoudou/yosinomiya/index.html
http://nanjaroka.com/tihoudou/zouzirouyama/index.html

県道210号線で宇納間から六峰街道にはたびたび出ていますが、その途中にモミジ林道という山道があることを見落としていました。なにしろ旧北郷村の山中には林道が縦横に張り巡らされていて、林道密度日本一の諸塚村に負けていません。まだ走っていない林道がアチコチに残っています。昨日の昼間の探訪報告です。

日向市から国道327号線を西に耳川沿いに進むと、東郷町の道の駅の前後で、走っている目の前の山腹が無様に見えます。これは日向市の観光上の最大の汚点でしょう。ふるさとの美しい自然景観を破壊する無神経さが信じられません。
e0094349_20111856.jpg

山腹を大きく抉り取った高規格の林道だろうと思って、この道へのアクセス路を探し続けていますが、いまだにわかりません。おそらく、西の八峡という集落の東側の斜面と思われます。とにかく、晴れている日に見るとぞっとするおぞましい姿です。中国でやったみたいに、緑色のペンキで緑化でもしたらどうでしょうか。

国道327から388に移り、宇納間の中心地から県道210号線を北上すると、すぐにモミジ林道の入り口がありました。道幅が広い(4m)しっかりした舗装林道です。周囲は杉畠で薄暗くなっていますが、道端にはモミジの大きな木があって、紅葉シーズンには綺麗なことでしょう。
e0094349_2017622.jpg

林道を登りつめると稜線の道となって視界が開けます。そして山上の交差点に出たら「吉野宮神社」にたどり着きます。
e0094349_20202930.jpg

暑い中で、長い急な階段を登るのは遠慮して、失礼して、参拝しないで通り過ぎました。

神社から六峰街道、諸塚方面には進まないで、反対側の新しく舗装されたばかりの綺麗な道を進みました。林道の名称は和田越・南川線で、途中複数の支線が枝分かれしています。
e0094349_20302592.jpg

道端にオニマタタビの大きな蔓が絡まったスギ(またはヒノキ)を見かけました。
e0094349_2034192.jpg

その近くにも道路沿いの崖下の木に別の大きな蔓がありました。
e0094349_2034283.jpg

キウイフルーツですが、標高700mに近い山の稜線にあり、近い場所に人家もなさそうなので、野生化したものにしては不思議です。どうやってここに来たのでしょう。

真新しい綺麗な舗装道路が突然ジャリ道に移る姿に見慣れていますが、この道の場合、北郷区から西郷区に入った途端に舗装が切れました。予算執行の行政区画が明確になされているようです。
e0094349_20392411.jpg

砂利道を進むと奇妙な場所に出ました。標識には「若宮 造次郎公園」と書いてあります。
e0094349_20413134.jpg

雨水を溜めているタンク付きのトイレがあり、その先に小高いテイクオフ場があります。
e0094349_20425673.jpg

造次郎フライトパークで、スカイスポーツの拠点として行政によって4年前に整備されたようです。
http://www.kanko-miyazaki.jp/sys/search/detail.php?id=4264
http://www.kanko-miyazaki.jp/db/wakamiya.pdf

公園には草むらの中に熊がいましたが、残念ながら石で出来ています。近くには石のライオンもいましたが、このような公園整備のアイテムとしては???です。予算消化に困ったのでしょうか。それとも、九州で熊が絶滅したかもしれないので、それを憂えてのことでしょうか。
e0094349_20551393.jpg

延岡市、北川町の鏡山と日向市の米の山にも同様なフライト拠点がありますが、宮崎県のスカイスポーツ人口は小さいようです。

検索して造次郎公園の利用者の様子を調べてみましたが、ネット上では2003から2004年頃、公園整備前にも利用されていて、着陸する麓の若宮集落との地域住民との交流の様子が記録されています。その後、土砂災害でアクセス道路などの崩壊があり、利用は途絶えていたようです。

昨年、この場所でフライトを楽しんだグループがあったことも検索でわかりました。全く利用されていないわけではないようですが、草刈などの維持管理は麓の若宮集落に丸投げでしょう。

麓の耳川沿いの集落を見下ろす、周囲の山並みの景観はなかなかのものですが、不便な場所にあって、アクセス道路が悪く、利用者は極めて少ないと思われます。そもそも、この場所の存在がスカイスポーツ愛好者に知られているのでしょうか。地元に熱心なグループがあれば、ビジターも来るでしょうが、施設を造りっぱなしでは、そのうち完全に存在が忘れ去られるでしょう。
e0094349_20511156.jpg
e0094349_2051216.jpg

若宮から登る林道は行き先標識もなく、複雑に枝分かれしていて、部分的に舗装されている路面も盛大に崩壊しています。大型林業トラックの通行に耐えるようには舗装されていません。
e0094349_20531328.jpg
e0094349_20532236.jpg

麓に近い路面は舗装の修復跡だらけでしたが、公園の近くではメチャクチャに崩れた場所だらけでした。おかげで、用心していても自分の車の腹を2回こすってしまいました。
[PR]

by beachmollusc | 2009-08-27 21:02 | 日記
<< 宮崎県の自動車林道建設 遠見半島 >>