beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日向市美々津の乙羽山のシマサルナシ

香川大学農学部の片岡教授が日向市周辺のサルナシ類調査を行うこととなり、シマサルナシを数十年前から孤軍奮闘で栽培している黒木農園の様子を実地検分したいということになりました。来月10日に農園を訪問する予定なので、今日は黒木さんのところに訪問の受け入れのお願いに出かけました。

黒木さんがシマサルナシを栽培している背景として、農園の近くの山中に野生のシマサルナシが豊富であることが重要です。そこで、近くの乙羽山に案内していただき、自生しているシマサルナシの生育状況を見てきました。

下のヤフーマップのURLでわかりますが、乙羽山(標高は200mあまり)美々津の田の原地区にあり、黒木農園から約2km西に位置しています。太い道路は広域農道の「尾鈴サンロード」です。
http://map.yahoo.co.jp/pl?type=scroll&lat=32.33912936649314&lon=131.55336170230214&z=16&mode=map&pointer=on&datum=wgs&fa=ks&home=on&hlat=32.308314142415&hlon=131.58285527263&layout=&ei=utf-8&p=

美々津小学校の田の原分校の右手から石神山を反時計回りにぐるっと回り、乙羽山に登る道にたどり着きました。黒木さんの話では、このしっかり舗装された山道は農水省のパイロット事業で桑の栽培を山中で展開するための基盤整備だったそうです。ここでも道路建設だけで何億円か使われてるようです。開拓者魂は立派ですが、営農するために極めて立地条件が悪い場所に「パイロット事業」を展開し、しかも対象作物の将来性を考えもしないで農業従事者を引きずりまわす(農政)麻痺の典型でしょう。

案内役の黒木さんです。
e0094349_19243474.jpg

養蚕業が崩壊したため桑の栽培計画は消滅し、農地は放置されたのでしょう。結果として普通の自動車が走れる道路が山の頂上近くまであるので、サルナシ探しのアクセスとしては申し分ありません。山の状態も自然の営みによって、種々雑多な樹木が成育し、それに絡まったシマサルナシ(多い)とサルナシ(少ない)の蔓が大きく育っていました。結果的に乙羽山はシマサルナシの宝庫となっています。

野生の果実を収穫して直販店などで販売することもできますが、自生するサルナシ類の蔓は実の収穫が難しい高い木の上や急斜面にあります。収穫のため蔓を伐採すると、再生は出来るかもしれませんが、時間がかかるでしょう。蔓を誘引したり剪定したりするため、そして楽に収穫できるように果樹園を設計する必要があります。そして、優良な果実を実らせる株の選抜・育種もやるべきでしょう。

実がなっていた二本のシマサルナシの蔓から枝先を採取して持ち帰り、挿木苗を作っています。
e0094349_19265355.jpg
e0094349_1927062.jpg

2本の内の1本は葉が丸い特徴がありました。シマサルナシは葉の先端が突き出る傾向が強いのですが、個体変異があるようです。そのため、葉だけではサルナシかシマサルナシか判別できないような蔓も出てきます。
[PR]

by beachmollusc | 2009-08-29 19:31 | サルナシとマタタビ
<< モミジカラスウリなど 宮崎県の自動車林道建設 >>