beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

モミジカラスウリなど

サルナシ類に注目していると、他の蔓植物の栽培も気になります。実が食用や薬用に、蔓が吊橋の材料になったり、飾り物にも利用できる「山の幸」を網羅しておきたいと考えています。

カラスウリ類は実が装飾用に利用され、また、夜咲く白い綺麗な花が夜間に営業する店舗を飾ったりしているようです。この仲間の実は綺麗であっても食用にはならないものと思い込んでいましたが、モミジカラスウリが美味しいというネット情報に遭遇してびっくりしました。

植物生態学者の見た「自然と山の幸」ブログ記事より引用:
http://blog.goo.ne.jp/wildwatcher2007/e/ae8095bca2a1971e2b520dc183b5de66

モミジカラスウリ Trichosanthes multiloba Miq.
 「モミジカラスウリの果実は, 緋赤色に熟し,橙色の縦筋がある」と記載した文献が多い。カラスウリも,キカラスウリも,試したかぎりでは果実の苦みが強烈だったので,モミジカラスウリも果実は苦いだろう,と想像していた。

宮崎県中部,綾町,綾北渓谷では,モミジカラスウリが,橙黄色に熟れていた。
そのモミジカラスウリを,口にすると,びっくりするほど甘くて,味がよかった(1988年.11月.17日.)。


「黄熟した液果は, 乳白色の果肉が甘くて, 味覚はアケビより, ずっと上」と書かれていたので、以前道端で見つけた場所(内緒)に29日に出かけて実を採取してきました。
e0094349_823446.jpg
e0094349_8235389.jpg
e0094349_824210.jpg

この某所にはカラスウリ類各種が多数成育していて、秋が深まれば道端で赤や黄の果実が採取できます。

みつけておいた実がそろそろ熟している頃かもしれないと考えたのですが、すこし色づき始めている物があるだけで、蔓によってはまだ花が咲き続けていました。

とりあえず切り取った実の殻を開けて種を囲んでいた白い果肉?を味わってみましたが、ほのかな甘みがあるかないかわからない、味がないといった方が近いものでした。完全に熟すまでゆっくり待ちましょう。

一方、カラスウリは最近になって花がアチコチで咲き始めていて、わずかに見られる実は未熟でした。
e0094349_8431688.jpg


カラスウリに混じってツヅラフジの仲間が面白い実をつけているのを見つけました。

アオツヅラフジの実はブドウに似ていますが、なんとなく毒々しい印象です。
e0094349_8455736.jpg

ハスノハカズラの実は緑色の未熟のものと赤く熟したものが混ざっていました。
e0094349_847491.jpg

この仲間は有毒植物:アルカロイドを体内に含んでいるようで、論文検索で成分の研究報告が多数出てきます。つまり、薬になるわけです。

下は薬草サイトhttp://www.e-yakusou.com/sou/index.htmlなどの情報から抽出した情報です。

アオツヅラフジ Cocculus trilobus DC.
別名: カミエビ  生薬名: モクボウイ(木防已)  
山野に自生する雌雄異株のツル性植物。蔓・根を利尿・鎮痛・解熱など、果実を利尿薬とします。
アケビとともに、ツルを篭「かご」や葛篭「つづら」の編む材料にしました。

つづらは蓋と身のある大きい籠で、「舌きりすずめ」のお土産が入れられていたのがこれです。 いまどき手に入るかと思ったら、ネットで販売しているサイトがありました。若者に人気があるそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2009-08-31 09:03 | 植物
<< R22のシマサルナシ 日向市美々津の乙羽山のシマサルナシ >>