beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

漁船の無い漁港 延岡市神戸町

日本の海岸線総延長は約3万4千キロとされていますが、これに対して全国にある漁港は「指定漁港」として第1種から4種までランク付けがされ、総計約3千の漁港があるという統計があります。そのほとんどが海岸にあり、全国的に平均すると、海岸線10数キロごとに漁港があるという勘定です。
漁港港勢の概要(平成16年) - 水産庁ホームページ
http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyoko_gyozyo/kousei/gaiyou.html##zu1-1

宮崎県には県が管理していない第1種と第3種がそれぞれ1港でその他が23港、合計25港があるようです。
都道府県別漁港管理者別漁港数一覧 都道府県別 (平成21年1月1日現在)
http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyoko_gyozyo/pdf/07_188.pdf

宮崎県のホームページでデータを見ると県が管理する23の漁港が地図上で示されています。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/parts/000080266.jpg
この図を見ると、日向市の美々津、平岩や細島の漁港が示されていません。また、門川漁港は一つだけですので、庵川漁協の漁港がわかりません。どうやら指定漁港ではない、つまり漁港と呼ばれていない漁港の数の方が多いようです。平岩港などは日向市が管理しているようです。

漁獲物の水揚げが行われていないけれども、漁船が係留されている実質上の漁港の数がいくつあるのか、全国規模で見たら恐ろしいことになりそうです。多分、日本が世界一漁港が多い国でしょう。漁港あたりの漁業従事者数や水揚げの統計がありますが、統計数字がなんだか無意味に思えてきました。

昨日の田舎道探索中に、もっと恐ろしいことを発見しました。漁船が一隻も見当たらない漁港?がありました。もちろん、管理上は漁港扱いではないでしょうが、場所柄といい、見た目は漁港にしか見えません。

延岡市北浦には浦城港があって沖合いの島浦島とフェリーおよび高速船で連絡しています。浦城は昔、海賊の拠点となっていたようですが、リアス海岸が天然の良港となっていて、湾内には真珠養殖いかだが見られます。もちろん漁港がありますが、これは漁港とは呼ばれていないものの一つでしょう。(延岡市漁業協同組合があります)

浦城と日向市の往復にはいつも国道388号線で山の峠越えをしていましたが、今回初めて海岸線沿いの県道212号線を浦城から延岡市東海に向けて走りました。浦城の南側湾口に近い場所で、漁協が経営するらしい真新しいマリーナが出現して驚きました。

その記事が「水産宮崎」というサイトに出ています。ヨットは見当たりませんが、釣り用の小型ボートが少しだけ広大な係留場にありました。

水産宮崎 No.597 [漁連情報] 2009.07.01発行
http://www.jf-net.ne.jp/mzgyoren/magazine/200907/category04/index02.html

去る6月13日、延岡市漁協の運営による浦城マリーナ係留施設竣工式典が、江藤代議士をはじめ多数の来賓出席のもと開催された。
主催者を代表し、日野組合長の挨拶があり、その後多数の祝辞が送られた。
県内漁協では初めての試みとして、延岡市漁協が、国・県・市の支援を受け「強い水産業づくり交付金事業」を活用し、プレジャーボート係留のための施設として整備され、漁業・漁村の持つ多面的機能の大きな柱の一つとして期待される。


専業の漁民と遊漁者との間でお魚の分捕り合戦による軋轢がアメリカなどでは厳しいのですが、延岡の沿岸では問題がなさそうです。しかし、これが「強い水産業づくり」事業ですから大きく開いた口がカパっとなったままです。地元の漁港関連の土木建設業者の懐は少しだけ潤ったかもしれません。土建化行政の典型例です。

国道388号線から県道212号線に枝分かれする場所がわかりにくく、通過してから気がつきました。
道路標識は実に見事な状態でした。
e0094349_15563020.jpg

212号線が岬の海岸線に出る場所には安井町に漁港でない漁港がありました。写真は撮影しませんでしたが、典型的な田舎町の漁港です。ここには漁協の支部もあるようです。

さらに崖の上で海岸線を南下すると、次に神戸町の海岸に出ました。ここに無人の「漁港でない」漁港がありました。小舟も全く無いし、漁業を営むような道具や設備など、漁港にあるはずのアイテムもゼロでした。
e0094349_155424100.jpg
e0094349_15543397.jpg
e0094349_15544296.jpg
e0094349_15545189.jpg

この神戸町について延岡市のHPでチェックしてみたら、住民数がわかりました。総計17世帯36名です。http://www.city.nobeoka.miyazaki.jp/toukei/machibetsu.pdf
労働人口の区分別統計はわかりませんが15から64歳までが13名です。もし漁業従事者がいても数名でしょう。
この場所の空中写真を国土変遷アーカイブサイトで見ましたが、1978年に撮影された写真には砂浜海岸に小船が数艘見られます。この時点で南側に防波堤がありますが、港は建設されていません。
http://archive.gsi.go.jp/airphoto/ViewPhotoServlet?workname=KU781&courseno=C5&photono=20

1993年に撮影された海上保安庁の空中写真を見ると、港は建設されていて、港内に小さな船が6隻見られます。
http://www4.kaiho.mlit.go.jp:8082/Air_code/ASP/ps_kou_gazou.ASP?img=../../Photo_gallery/Heavy/1993/199320239.jpg
同じ写真に隣の安井町の漁港が見えますが、これには26隻数えられました。

港が建設される前の砂浜はかなり広くて周囲は美しい海岸です。延岡市の中心街から近い場所であるし、自然環境を保全していれば海水浴やレジャーには絶好の良い浜だったと思います。港の建設で村落外の土建業者を養っただけで、地元には何も益がなかったと思われます。

日本中で海岸の集落すべてに漁港が建設されているような気がしますが、一体全体どのくらいの公共投資が行われたのでしょうか。漁港建設として表向きにされている事業予算だけでも莫大でしょうが、神戸町で見られるような、漁業にも他の目的にもほとんど機能していない構造物の建設にどれだけ税金が消耗させられて国力を削いできたのか、是非、新しい政権にしっかり検証してもらいたいものです。
[PR]

by beachmollusc | 2009-09-02 16:35 | 評論
<< 哺乳類によるサルナシ類の種子散布 丸い大きなカラスウリ >>