beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

哺乳類によるサルナシ類の種子散布

サルナシ類などの果実を食べて種子をばら撒く、種子散布動物の生態について研究調査情報を探していたら、東京農工大学の小池伸介と森林総合研究所の正木隆の共著論文が見つかりました。これは、対象がツキノワグマ、タヌキ、テンの3種となっていて、猿や鳥類が含まれていないのが残念ですが、基本となる調査手法が糞採取によるものなので調査できる相手が限られています。

出版が新しく、既存文献を網羅していて、引用文献がリンク表示されているのがとても便利です。

小池 伸介, 正木 隆 (2008) 本州以南の食肉目3種による木本果実利用の文献調査
日本森林学会誌 Vol. 90, No. 1  pp. 26-35
http://www.jstage.jst.go.jp/article/jjfs/90/1/90_26/_cit/-char/ja/

上に引用されていますが、7月23日、自分が訪れた久住高原にてフィールド調査でテンの食性が報告されている論文があります。

荒井秋晴・足立高行・桑原佳子・吉田希代子 (2003) 久住高原におけるテンMartes melampusの食性.哺乳類科学 43: 19-28.
http://www.jstage.jst.go.jp/article/mammalianscience/43/1/43_19/_article/-char/ja

野外の山中でテンと出あったことは数回ありますが、夜間に限られます。これが小動物だけでなく、多くの植物も食べる、さらに樹上に登って果実を食べるということはこの論文を見て初めて知りました。

久住高原の山腹でドライブしてみて、牧場草原の少し上、久住連山の西を走るやまなみハイウエイ(11号線)の道路沿いにサルナシがずらっと並んでいるので驚きました。ツルウメモドキが多くて紛らわしかったのですが、交通量が多くて車をノロノロ運転できず、暑かったので、車から降りて歩きながら詳しく見るのは秋が深まってからにしようと思っています。

上の論文では、テンの果実に対する食性について久住連山の南東で調査されています。サルナシの結実する時期は、通常は9月から10月ですが、早めの8月に結実した1998年にはその月にも糞から高い出現頻度を示しました。また、秋から冬にかけてアケビ、そしてキカラスウリとモミジカラスウリを食べているようです。

ツヅラフジ科の実を食べているかどうか、リストをチェックしてみましたが、出ていません。

テンは人里近くから林縁までの様々な植物の実を、結実シーズンに、くまなく食べているようですが、秋が深まると、美味しくて栄養がある山の幸、豊富な果実を食べている姿が眼に浮かびます。ただし、昆虫類やサワガニが主な餌となっているようです。

写真は7月23日に走った久住高原の牧場地帯です。
e0094349_964461.jpg
e0094349_965124.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-09-03 09:06 | サルナシとマタタビ
<< クロシデムシ 漁船の無い漁港 延岡市神戸町 >>