beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

地域再生計画とは何か

門川防災ダムの謎の道路が気になって、広域農道との関連を探っていたら、延岡における土建事業計画のファイルが出てきた。

地域再生計画
http://202.232.190.90/jp/singi/tiikisaisei/080331/plan/143a.pdf

何を「再生」するのかと内容を吟味してみたら、この再生事業とは市道、広域農道、そして林道を建設することが骨子となっていて、そのための理由付けがあれこれと記述されている。

市道 540m → 建設費 1億2千万円     (1m当たり単価 約22万円)
広域農道 1,625m  → 35億1750万円  (1m当たり単価 約210万円)
林道 3,829m → 1億8千万円         (1m当たり単価 約4.7万円)

広域農道沿海北部地区は昭和53年に策定. された広域営農団地整備計画に位置付けられた基幹的農道で(昭和58年事業計画確定)、 全延長30kmを整備するものである。

事業費に関して、道整備交付金とやらが半分であるが、それは国の予算から来るものであろう。なんだかなんだと色々な「事業」が列記されているが、それらに関する予算措置はゼロであって、お題目のみ。結局、予算を再生するのであろう。

広域農道の建設単価が突出しているので何だろうかと思ったら、トンネル建設が入っているらしい。

夕刊デイリーWeb ヘッドラインニュース 2009.8.25
広域農道 桜ヶ丘ー大峡が開通
http://www.yukan-daily.co.jp/news.php?id=9016
県が整備を進めている、広域農道沿海北部地区(日向市塩見-延岡市大峡町、延長約30キロ、愛称・日豊グリーンライン)のうち、延岡市桜ケ丘と大峡町を結ぶ約2・5キロの区間が完成し、きょう午前9時から通行可能となった。 (以下、略)

この広域農道の全長30kmがどうなっているのか、地名だけでは良くわからない。しかし、上の夕刊デイリーの記事によると、門川町の中村(防災ダムのある場所)と延岡市小野町の間の区間がいまだに事業化されていないそうである。おそらく門川町の中でなにやらうごめいているのであろう。ちなみに、防災ダムの謎の道路の東側の山中で広い区域を造成しているような状況がヤフー地図の空中写真から読み取れる。

地形図で見ると、広域農道の建設が予定されている経路は、国道10号線、そしてそれに平行している建設中の東九州自動車道よりも内陸側で山地を走るようである。おそらく尾鈴サンロードと似たような道を、山腹を切り刻んで建設するのであろう。

地域の再生とは道路建設と見つけたり、である。広域農道は農産物などの輸送に役に立つそうであるが、尾鈴サンロードを走って見ていると、要するに国道のバイパス程度の存在であって、時間短縮に関しては国道が渋滞している時には信号停止の無い農道の方が早いかもしれない、という程度である。

広域農道建設の予算を自動車道に振り向けていれば、とっくの昔に宮崎県内の自動車道は完成していたような気がするが、どうであろうか。もしそれだけでは足りなければ、緑資源大規模林道の予算があればお釣りがきたであろうか。

門川防災ダムの謎の道路には分断された2区間にそれぞれ二つ、合計4つの行き止まりがある。
5月20日にシマサルナシを調べた時撮影したそれぞれの行き止まりと立派な橋の写真です。
e0094349_21274966.jpg
e0094349_21275736.jpg

路面に泥の跡がついているのは、ダンプトラックが道路の向こうの造成地から出入りしていたため。
e0094349_2128519.jpg

舗装された道路の終点から急な降り坂で下の人家に出る細い道がある。

谷間に向かって真っ直ぐの終点であるが、左側に削り取られた斜面に登って、そこでも終点となる。
e0094349_21281371.jpg

橋は南側の両側行き止まりの道の中央にあり、枝道で一般道に結ばれている。
e0094349_21282182.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-09-05 21:28 | 評論
<< 布引林道のシマサルナシ 奥野川上流の谷津田 >>