beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

鹿川渓谷探訪

日之影町と延岡市北方町の境界の谷川、綱の瀬川は五ヶ瀬川の支流の一つですが、その上流に鹿川(ししがわ)渓谷という名所があります。昨日は、布引林道での探索の後、よっちみろ屋で飲み物と栗ご飯とヨモギ饅頭を買って、次に国道218号線(日之影バイパス)を西に進み、枝道である県道214号線で鹿川渓谷に向かいました。

200番台の県道は、山間地では、どこに行っても険道となりますが、この道は離合できる場所を適当な間隔で配置していて、その案内表示もされて、観光客の交通量の多さに配慮した工夫がされています。日曜日だったのでかなりの数の対向車と出会いましたが、ほぼ問題なしで、譲り合いのバックは1回だけでした。また、上流で道路の拡幅工事中の場所で交通規制していますが、日曜で「開放中」とされていました。

下流の麓の集落は羊ですが上流の鹿川は申の地番となります。
e0094349_911571.jpg

e0094349_9113632.jpg


結論を先に述べれば、鹿川渓谷は川も周辺もかなり荒れた状態で、一つ西の谷筋の日之影渓谷や東北にある祝子川渓谷に比べると魅力に乏しい印象を受けました。集落の近くで川岸に変な「公園整備事業?」をやっていたのは無様です。自然景観を大切にしてそれを活かした魅力のある里つくりをすれば、観光客が増えて活気が出るかもしれませんが、このままでは、山間地でどこにでも見られる、寂れた廃村寸前の状態となるでしょう。ちなみに、鹿川渓谷の公設キャンプ場には車が2台あり、その近くのかなりくだびれた旅館にも2台ありましたので客はあるようです。
e0094349_9115769.jpg

途中で見た、荒れていない渓流の景観です。このような状態が保全されていると良いのですが。
e0094349_9142853.jpg


福岡から4時間半ドライブして、このキャンプ場を利用した人のブログコメントがありました。

鹿川キャンプ場  16年8月8日~9日 清流のあるキャンプ場でソロキャンプ
(宮崎県東臼杵郡北方町上鹿川/鹿川キャンプ場・ししがわ)
http://www.geocities.jp/nonbiri_go/diary040808sisigawa.html
せっかく渓流のキャンプ場に来たのだからフライフィッシングがしたいと思い、近くの商店へ日券(入川料)を買いに行ったのですが、今年から値上げでなんと3,000円になったと言われ意気消沈。あきらめて今回の目的を川辺での避暑と読書に切り替えた。

上のブログでバンガローが見つからないというコメントがありましたが、下の記事を見ると状況がわかります。
http://www.venus.dti.ne.jp/ggiw/ggiwfish/El-Dorado.f/myfavoriteplace-1st.html
すでになくなっているものを利用者に案内し続けているようです。

「青島シンドローム」と私が勝手に名づけた観光地の寂れる症状と似ています。このような、行政が管理する公共利用施設では、善意の管理人さんや周辺住民が頑張って受け入れをしていても、そもそも施設が利用者本位になっていない(様々な管理規制と利用者に対する情報不足)ので、リピーターが来ません。そして、わずかな一過性の来客から少しでもぼったくろうとするので、評判も落ちてしまいます。そして誰も来なくなるわけ。

青島海岸は半世紀前の湘南海岸にそっくりで、電車でやってくる客に対応するシステムがそのまま化石状態です。そして、車でやってくる客から駐車料金を取ろうとして客引きをする姿が見苦しく、道端で埃をかぶったま日光に晒された地元特産名物が痛々しい姿です。あれを買って食べたいと思う人がいるのかだろうか。(他にロクナ土産品もないし、仕方無いか)。
湘南海岸の道路みたいに車がひしめいて慢性渋滞が起こったりしないから良しとしているのか。

無料駐車場を好位置におき、魅力的な、ぜひまた来たいと思える雰囲気の海岸観光地にすれば良いのに、減り続ける観光客から少しでもお金をいただこうとしか考えていない精神的貧しさがモロに出ています。特にサーファーを受け入れる態勢がなっていません。海岸には小さな無料駐車場が一つしかありません。公衆トイレは不便な場所にわずかな数あるだけで、いくら見かけが立派な海岸公園の整備をしても利用客のことを考えてデザインしたようには見えません。

県道214号線を山に向かって進むとすぐに、見事な岸壁が谷を挟んで両側に出現しました。ロッククライミングで人気の比叡山と矢筈岳です。険道はこの比叡山の山腹を抉り取った「半トンネル」を通過しますが、上から崩れてこないだろうかと不安感がよぎります。
e0094349_981159.jpg

道路には地元の住民が観光客を歓迎するメッセージが込められた作品が色々出てきました。
e0094349_916166.jpg
e0094349_916259.jpg

上鹿川小学校は(2005年に)閉校とされていましたが、下鹿川小学校(2002年)よりも後だったようです。
e0094349_9201265.jpg

e0094349_9204357.jpg

上鹿川の集落を抜ける道筋には、登山客の安全を祈念する地蔵さんたちの姿がありました。
e0094349_918629.jpg

ここから見える大崩山などへの登山道ですが、山を挟んで上祝子川の反対側になります。

県道の途中で林道の整備工事の案内看板が出ていました。「居住」とは何のこと?
e0094349_9234142.jpg

森林保全林道建設5000万円なり、の工事です。この地域には縦横無尽に立派な林道が走っていますが、まだ足りないようです。行政は林道の密度を高めることには躍起になっていますが、それが森林、環境破壊とは思ってもいないでしょう。土建化行政ここにあり。

帰路は県道から蔵田・下鹿川林道に入り、林道沿いのサルナシを探しました。
e0094349_933299.jpg

一部古い部分の路面が壊れていましたが、県道214号線よりも立派な道路です。
日曜日だったので工事用車両は全く見かけず、途中で対向車が1台ありました!

猪の内の集落では石積みが見事な棚田を見かけました。山奥の谷間の渓流沿いで細かい規模で営まれている稲作の将来はどうなるのでしょうか。農水省は農地の規模拡大政策で山間地の農地を切り捨てる(ギリギリの補助金で細々と延命させながら、不作為で見殺し)政策をとっているように思えます。現行の農地法のままでは、積極的に行うべき方策が見つからないのでしょう。
e0094349_930332.jpg

山中で林道脇にサルナシ(またはウラジロマタタビ)の実がついた株を二つ発見しました。
そのうちの一つです。
e0094349_932549.jpg

e0094349_9322180.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-09-07 09:33 | 日記
<< 生存証明 布引林道のシマサルナシ >>