beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

うちの殿様

産経ニュース:科学(環境の間違い?と思ったが、環境というカテゴリーが無いのね)
http://sankei.jp.msn.com/science/science/090906/scn0909061301000-n1.htm
銚子で2年ぶりに「トノサマ帰る」 全国激減のなか、気象庁のカエル調査 2009.9.6 13:00

MSNのメールを使っている関係で、メールを開くたびに産経ニュースがいつも目の前に出てきてしまいます。この新聞社はかなり(良い意味の保守ではなく)頑迷な守旧意識を身にまとっているのですきくありません。しかし、検索してみたらトノサマガエルのニュースは他のメディアではほとんど見つかりませんのでしかたなく引用です。

記事の最後の部分の専門家の意見を聞き書きした部分に突っ込みどころ満載でした。この両生類専門の教授は記事を見て怒っているでしょう。この記事を書いた記者と編集責任者が不勉強であることを示す箇所がいくつもあります。

広島大学両生類研究施設の住田正幸教授は「トノサマガエルが環境の変化に特に弱いという訳ではない。急速な宅地化や区画整理など水田の補助整備、さらに機械化によって水田の耕作法が変わり、田植えの時期が極端に遅くなったり、繁殖場所だった『苗床』がなくなるなど環境が変化したことも原因」と指摘している。

気象庁のカエル初見時期の調査は、気象台周辺の定点観測の一つであって、データは位置的にバイアスがかかっていて、県などの行政地域レベルの状況を反映させているわけではありません。毎年やっているのは年度ごとに季節的な早い遅いを比べているので、桜の開花予報と同じようなノリですから、カエルさんが増えたか減ったかの問題は、環境省の調査に頼るべきでしょう。しかし、年を追って観測できる地点数が減少を続けていること自体は明らかに「環境が変化した」ことを意味します。

「トノサマガエルが環境の変化に特に弱いという訳ではない」は意味深な表現ですが、弱いものだらけの中で特に弱くは無い、という意味ならば認めますが、文字通りの意味であれば大間違いであって、両生類の専門家が、こんなことをのたまうはずがありません。

水田の「補助整備」、ですが、これは「正しく」間違えています。「圃場整備」という補助金事業をまとめて簡略化した表現であれば、かなり頭が働いているのですが、ただの聞き間違いでしょう。おそらく農村や里の生物に関する基礎知識がゼロの記者が書いた記事です。

「田植えの時期が極端に遅くなった」というのは本当でしょうか。宮崎県では反対に極端に早くなっています。早期耕作の水田は4月はじめに田植えが終わって、早いところでは7月中、遅くともお盆の前には稲刈りです。田植え時期が遅くなっている地域はどこにあるのでしょうか。

「繁殖場所だった『苗床』がなくなる」という部分は???ですが、稲の場合は「苗代」と呼ばれています。苗代は、現在では集中的に苗が生産されるている「育苗センター」という施設になっていますが、もともと苗代でカエルが繁殖していたと考えるのは難しいでしょう。水田の代掻きが終わり、水が張られて田植えが進む時期は稲が生育できる暖かくなる時期に一致し、それがカエルやメダカ、ドジョウなどが田んぼで繁殖する時期と重なっていたのです。

トノサマガエルは環境の変化が原因で減少したが、環境の変化に特に弱くない動物である、という論理は成立するのでしょうか。このようなことが書けてしまう「科学」担当の新聞記者の質はすばらしいですね。編集者がアンポンタンであって記者を育てない、そしてそれがアホ編集者を再生産し続けるのでしょう。このような新聞を読む必要はありません。

ところで、わが家の周辺ではトノサマがワンサカいます。モチロン殿様以外のカエルたちも勢ぞろいで、鳴き声で聞き分けて少なくとも6種類はいます。雨の夜の大合唱は耳をつんざくほどです。休耕田を借りて、一年中水がある状態を維持しているだけで、カエルとトンボ、ドジョウとメダカの天国が出来ました。

うちの若い殿様です。
e0094349_8405855.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-09-09 08:41 | その他の両生・爬虫類
<< 堅果の季節 フランスの海岸でアオサの大量発生 >>