beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

山間僻地のレクリエーション施設の現実

11日は片岡教授のサルナシ類調査で、県内北部のシマサルナシの野生株の生えている場所を辿って車を走らせました。

最初は大分と宮崎の県境を、波当津から直海までの県道122号線を走り、虫こぶのような異常な果実を調べました。次に鏡山林道でも異常な果実の混じったシマサルナシを見ました。何がどうなって異常が起こっているのか、専門家による検討結果が楽しみです。そして、北方に移って、布引林道で見つけた細長い果実のシマサルナシ、最後に六峰街道に上ってETOランドの手前でみつけておいたシマサルナシや天文台の近くの不思議なサルナシ類を見てもらいました。昔記載されていて、今では忘れ去られているヒロハナシカズラの再発見につながるか、または未記載種でも出てくるか、調べる楽しみは尽きません。

ETOランドの入場者がどのくらいあるか興味を持っていますので、前を通過するついでに、入場無料のゲートをくぐって駐車場を見てきました。毎週火曜日が定休日ですが、昨日は金曜日で営業中、その観察結果は、数ヶ月前に立ち寄って見た時と同様に、広大な駐車場に車が1台!ありました。本館には駐車場の端っこに1台だけで、多分従業員(留守番!)がいたのでしょう。

山上の風車がほとんど誰もいない施設で寂しげに回っている姿が哀愁を誘います。
http://www.etoland.jp/

延岡市の公設の観光、レクリエーション施設の利用状況について統計データが公表されています。
http://nobeoka2.miyazaki-nw.or.jp/toukei/toukei-h20pdf/15.pdf
このファイルの5-6頁にETOランドに関する数字があります。

施設案内には休園期間があるとは書いてありません。標高1000m近い山上のことですから、自家用車でしか行けないし、悪天候で遊園地が利用不能となり休園となるでしょう。冬場は林道の路面が凍結しているかもしれません。年間営業日数のデータが示されていませんが、週6日の営業であれば、年間の営業日数はおそらく最大で約300日です。これをベースにしてデータを読んでみました。表示された年度は平成15年から19年、項目は入園者数、宿泊件数(延べ日・人数は不明)、人工芝スキー場利用者数、ゴーカート利用者数を抽出して、300営業日で割って、営業日1日当たりの利用状況としました。
e0094349_16243796.jpg

宿泊客の中で、貸し別荘(全部で6棟)利用が1日あたり約1件です。全体のキャパシティが示されていないので正確にはわかりませんが、館内の客室の利用率から見て、もしホテルであればとっくの昔に破産しているでしょう。施設を運営、営業するという感覚がもともと存在しないために、このようなデータを出しているのか、内情を知られたくないために、表示をぼやかしているのでしょうか。

団体利用者として大学スキー部などの合宿があるようですが、それを除くと、施設が目指していたらしい家族連れの一般的な利用客は微々たるものと思われます。ゴーカートの利用者数がその指標になるでしょう。

データ解析する前に想像していたよりも利用者数は多かったのですが、この巨大な施設を維持する経費と人件費をまかなうようなレベルの客数ではないと思われます。本来は地元の議員さんが気にするべき問題でしょうが、赤字補填のための延岡市の持ち出しはどの程度あるか、そのデータを見たいものです。

この施設を経営している財団法人「早日の峰振興事業団」のHPでは、ポータル頁に広告スペースを設けていますが、お金を出して利用しているものはありません。また、施設の草刈などについて、応援ボランティアを募集しています(施設利用の優待あり)。しかし、このような山中の施設を利用するリピーターが地域にいるのでしょうか。従業員経費の節減のためか、アルバイトを募集していますが、麓の住民であっても往復が大変な場所に時給650円で働く者が見つかっているのかですが、募集案内がずっと続いて出ているので、応募が多分ないのでしょう。

以前、緑資源林道探検で大規模林道の宇目・須木線、須木区間を訪れたのですが、「すきむランド」という須木村(現在は小林市)の公設レジャー施設のすぐ傍まで行きました。時間が無くて現物は見ませんでしたが、宮崎市からでも、とても遠い場所であるし、ここも経営が大変だろうと想像していました。二番煎じの大吊橋で綾町に対抗しても勝負にはなりません。
http://www.gurunet-miyazaki.com/kankouti/sukiland/sukiland.html

西日本新聞サイトのニュースによると、すきむらんどのゴーカート場が切り売りされるそうです。
http://www.47news.jp/localnews/miyazaki/2009/09/post_20090910023409.html

 宮崎県小林市は、公設民営のレジャー施設「すきむらんど」(同市須木)のゴーカート場の土地を、酒造会社「すき酒造」を傘下に持つ同市の食品卸業「コダマ」に売却することを決めた。コダマは一般の見学もできる酒造工場や貯蔵施設、売店の建設を予定。市は「すきむらんどの来場者数増加も期待できる」としている。

 市によると、ゴーカート場の広さは約4900平方メートル。約194万円で売却する予定で、開会中の9月定例市議会にすきむらんどの設置・管理条例の一部改正案などを追加提案した。

 温泉施設や宿泊施設を備えるすきむらんどは1988年、同市と合併した旧須木村が開業した。旧村時代から「すきむらんど振興協会」が運営にあたってきたが、昨年、指定管理料流用などずさんな会計処理が問題となり、今年4月から指定管理者が変わり、経営や運営の改善を進めている。

 現在、すきむらんどの指定管理者となっている「NPK」(宮崎市)によると、ゴーカート場は現在、週末と祝日を中心に営業。営業日一日当たりの利用客が「5、6組」程度にとどまっていることもあり、NPKは「新施設と連係して観光振興を図りたい」としている。

=2009/09/10付 西日本新聞朝刊=

整地済みの土地が1平方m当たり約400円、坪1300円あまり、の叩き売りですね。この会計処理は問題とならないのでしょうか。役所に責任があるはずですが、誰も責めを負わないシステムになっているのでしょう。

これらのほかに公設のレジャー施設は諸塚村や美郷町などの山中にいくつもあって、どこも利用されているような気配が感じられません。存在すること自体が忘れられているらしい施設もあります。どこでも同じですが、最初から、営業利益を出し、施設の維持経費をまかない、施設建設の原価償却をするつもりもないまま計画され、出来た後も利用者にアピールすることも無く、時間が経過して崩れ落ちるまで「そのまんま」にされてしまうでしょう。「持続性」というキーワードがどこにも見当たらないのが、箱物行政の特徴です。都市部にあるシーガイアが破綻する時代ですから、僻地の山中でほとんど誰も来ない、どうにもならないレジャー施設の建設に公金をぶち込んだことは狂気の沙汰と思われます。
[PR]

by beachmollusc | 2009-09-12 17:01 | 評論
<< モミジカラスウリの味見 乙羽山(石神山)でサルナシ類の調査 >>