beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

大河内峠のサルナシ

秋の良い天気に誘われて、14日は酷道中の酷道である388号線の未走破区間を探索してきました。椎葉村の大河内越です。南郷から椎葉経由で西米良、そして熊本県の人吉に抜ける東西方向の山道です。それに隣接して、もう一つの酷道265線で椎葉村の飯干峠を越えて西米良に出る南北ルートがあり、前に約1000mの峠付近でサルナシを見つけています。
http://beachmollu.exblog.jp/10440898

南郷区の神門の集落、そして鬼神野の森の駅を通り過ぎてから山中に進むと388号線は1車線だけとなります。そのはじめの方の牛山区間で斜面崩壊対策工事中で、通行が時間規制されていました。昼飯の休憩時間でダンプが往来しない間合いを通り抜け、小丸川の上流である渓谷沿いの狭い道を走りました。途中で中山トンネル経由で椎葉に抜ける林道が枝分かれしますが、前回はそちらに進んでから飯干峠にまわって進んだわけでした。

大河内峠に登る前の道には小さな集落が点在し、壊れた板のつり橋があったり、渓流釣りの案内カンバンなどが見られましたが、面白いものはなし。峠に近づき、谷間から出て視界が開けると、サルナシが次々と現れました。サルナシの宝庫です。

峠に九州大学の演習林があり、その標識看板と入林規制のお知らせがありました。
e0094349_9151265.jpg
e0094349_9152119.jpg

山地を広く走り回っていて、登山者というものをほとんど見かけません。悪質な登山者もいるかもしれませんが、車でやってきて山の自然を荒らすやからがいるのではないでしょうか。

サルナシの枝先を少し切り取ることは山を荒らすことに該当しないでしょう。道路わきのサルナシ類は路面維持の草刈でほとんどが切り捨てになっています。

388号線の大河内峠を過ぎたサルナシの密集地帯の道路標識です。
e0094349_9205461.jpg

日向から神門まで車で1時間弱ですが、その後に山中で時間がかかります。

大河内のサルナシは1000から1100mの高度に集団をなしていました。一番多いタイプは葉が丸くて広いものですが、個体変異の範囲かもしれません。とりあえず、ヒロハと呼んで識別しています。

尖った葉と平たい丸い葉を見比べてください。
e0094349_9253719.jpg
e0094349_9254686.jpg

実が小さくて数が少ないため、そのままでは果実栽培の対象にはなりそうにありませんが、遺伝子資源として大切にしましょう。
e0094349_92743.jpg

大河内の峠を越えると一ツ瀬川の流域となります。

途中でものすごい斜面崩壊の場所を見ました。
e0094349_929963.jpg

ここでも尾根に近いところの林道が崩壊の引き金となっていたような印象です。

崩壊した下の渓谷では信じられないほど巨大な砂防ダムが建設されていました。巨額の公費がつぎ込まれています。このダムには水がなくて、溜め込まれた土砂の下で伏流しているようです。
e0094349_9304576.jpg
e0094349_9305461.jpg

4年前の集中豪雨で山が大きく崩れ、それを受けての砂防工事のようです。山崩れが起こってしまった後で「防備」しようという発想がとても不思議ですが、防災の公共工事予算をゲットするには好都合なのでしょう。

一ツ瀬ダムは斜面崩壊で出た土砂の影響で慢性的に水が濁り、下流域の環境が壊れています。そのために海に近い河口の名物だったヤマトシジミが壊滅的になっています。

大河内地区の案内看板です。飯干峠と大河内峠、演習林などの位置関係がわかります。
e0094349_934245.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-09-15 09:34 | 日記
<< 限界オートキャンプ場-樫葉 モミジカラスウリの味見 >>