beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

山ノ神の恵み

18日の林道探索のターゲットは、シマサルナシを狙って北川と北浦の境界をなす尾根筋を走りました。

林道、松瀬・歌糸線は国道10号線と388号線を結ぶ県道43号線の松瀬の赤い橋を渡ったところが起点で、松葉小学校(6月に北川やっちみろ会のホタル博士育成講座で現地鑑賞会を実施した場所)の約3km南になります。
e0094349_8451139.jpg

この林道は麓に近い部分はかなり古い時代にしっかりと舗装されたらしい様相を示していましたが、上に登ると路面が相対的に新しい舗装となり、しかも重量物を運んだトラックによってぐしゃぐしゃにされたような、わだちの凹みのある路面が続きました。どこの林道でも似た傾向がありますが、新しい舗装部分は極めて弱いようです。

大型機械の導入で林業を振興させるという建前ですが、それにあわせた林道の開設や舗装の強化では「手抜き」工事が広がっているのでしょうか。痛んだ路面補修が追加受注につながるので、出来上がり検査で表面だけ見てもわからないし、適当に壊れやすく工事がなさているのかもしれないという気がします。

尾根に上るまでの林道は壊れた路面に集中させられて周囲を見る余裕がありませんでした。猿が目の前を横切っただけで、鹿の姿はなし。

尾根筋の標高は500mくらいで、道の両側が急傾斜で谷になっています。しかし、樹木が茂ったところが大部分ですから、万一車が転落しても木にひっかかって助かるでしょう。道幅は十分あるのでスピードを控えれば問題はありません。

尾根筋では日当たりの良い斜面下から伸びた樹木に絡んで林道脇まで登って茂ったシマサルナシとウラジロマタタビが次々に出現しました。その中で、今まで見た中で最大級の大きさの果実をたくさん実らせたシマサルナシがありました。ひどい道を我慢して走ったのが結果オーライです。
e0094349_916505.jpg
e0094349_9165947.jpg

大きさも実の付きも良いので、味がよければ栽培する元株候補の筆頭となることでしょう。

この場所の近くに今は亡き「緑資源機構」の看板が残っていました。
e0094349_9203318.jpg

この民有林での造林の費用を負担したのが廃止された緑資源機構で、看板の地図表示がH11年度です。造林は民間の事業者が受注したようです。地主は判を押す以外は何もしないでよいのでしょう。
e0094349_931890.jpg

緑資源公団は平成15年に独立行政法人化されて緑資源機構と名称変更され、平成20年に機構が廃止されたので、この看板が立てられたのは、その間のことでしょう。とにかく、かなり新しい看板です。

見取り図(地図)にある区画内の林道を少し歩いて現場を見ましたが、一面に茂ったススキ(カヤ)の背が高くて見晴らせません。
e0094349_933857.jpg

この場所では、造林(植林)する前の段階で皆伐されて、一部でスギが植林され、他はそのまま放置されたような印象を受けました。

緑資源機構は大規模林道だけでなく、このような民有林での分収林契約での山地環境改変に手を広げていたことがわかりました。このような事業は林野庁の天下り機関である独立行政法人が公金を使ってやってよいことだったのか、大きな疑問符がつきます(巨額の負債を積み重ねるだけ)。そして、何十年もの期間の契約事項を守ることなく廃止され、後始末は名前だけ変えた森林農地整備センターによるわけです。

植林された樹木が何十年も経過して大きく育った後で伐採して、その販売代金を地主、業者と主催者(緑資源)で山分け、分配するのが分収林契約です。ここでもスギ畠を作っているようですが、スギは水源涵養に役立たないでしょう。

山の斜面を丸坊主になるまで伐採して「水源涵養」とはこれいかに。一番肝要なポイントを言葉巧みにごまかすことは役人の得意芸です。

また、単一種で全国的に大規模に造林して需要と供給バランス無視では経済性が怪しくなるのは当たり前です。緑のオーナー制度という「原野商法詐欺」は分収林契約の行き詰まり(相手の山林所有者が見つからない)から考案されたもののようです。マスゴミは緑資源機構の談合事件で盛り上がったようですが、その裏に隠れている根本的な問題は見えていないようです。

看板には「山ノ神山」という地名が書かれていたので、この辺は山ノ神の在所でしょう。今回、山ノ神からシマサルナシの優良株という山の幸を恵まれたのは幸せでした。しかし、この山を荒らした天下り法人の元締め官庁に天罰が降るのは何時になるでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2009-09-19 09:44 | サルナシとマタタビ
<< 小倉ヶ浜の誤岸と高潮 ジャケツイバラの種 >>