beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

地すべりと林業

26日に宮崎市で開催される「ひむかの砂浜復元ネットワーク」の勉強会で話題を提供するため、情報収集と分析をしてまとめています。パワポスライド「山幸彦のなげき」の原型が出来上がったばかりですが、最近の林道探索中に気がついた林業の問題、斜面崩壊との関係を広く知ってもらうべきであると考えます。砂浜環境の問題は流域河川の上流の山地で起こっている問題と密接に関係しています。

2005年9月に九州を襲った台風14号は宮崎県の山間部に数多くの大規模斜面崩落をもたらした。これに関する情報は応用地質分野の専門家たちによって多数の論文報告として発表されている。それら参照文献のリストを作っている余裕はないが、読んでいて驚いたことは、地すべりや土石流、斜面崩壊に関する議論では、「斜面の角度」、「地層の特性、特に滑りやすい境界面」、「降雨と地下への浸透、水圧」などの直接的な要因が論じられているが、斜面で土砂と一緒に滑り落ちていた樹木に関する情報が欠けていることであった。

地形・地質、降雨などの自然要因が重要であることは否定できないが、大規模な斜面崩壊や土石流の発生で崩れ落ちた樹木や現地の環境改変(植林や林道建設)状況について興味・関心が全く寄せられない(らしい)ことはとても不思議に思われた。岩石、土砂だけを見ているだけでよいのだろうか。

かだいおうち(鹿児島大学応用地質学)サイトで(2004年に退職された)岩松名誉教授が記された:
「九州山地の大規模崩壊、大規模崩壊の地形的特徴」から引用する。
http://www.sci.kagoshima-u.ac.jp/~oyo/collapse.html

 これは宮崎県椎葉村大河内の写真です。一見して一番よくわかるのは、山腹にいわゆる「はらみ出し」地形が見られることでしょう。この部分には崖錐堆積物(崩壊土砂)が厚くたまっており、幹曲がり樹木も見られます。常時ずるずる滑っている(クリープしている)証拠です。植物の背地性という言葉を思い出してください。幼木の時地面のすべりによって傾いたため、真っ直ぐ上へ伸びようとして曲がったのです。
 また、山頂部を歩くとクラックや二重山稜(尾根)も観察されます。山腹がクリープしてずり落ちたため、頂部に引張の力が働いたことがわかります。さらに、下部には小規模な崩壊が見られます。山腹のはらみ出しに伴う末端崩壊です。これを単なる小さな山崩れだと見過ごすと大変です。この斜面はまだ大規模な崩壊を起こしていませんが、はらみ出し部分がせり出してきて耐えきれなくなると、いずれ一気に崩壊する恐れが強いと思います。  (後略) 以上、岩松・下川(1986)による
  

上の論説に使われている写真の引用については、まだ著者の了解を得ていないので、画像リンクのURL。
http://www.sci.kagoshima-u.ac.jp/~oyo/gif/okawauti.gif

同じ著者が退職後に書いた雑文からも引用する。
老眼やぶにらみ地すべり学―次世代に期待する― 
岩松 暉(斜面防災対策技術協会地すべり防止工事士技術講習会)
http://www.geocities.jp/f_iwamatsu/retire/hyperopia.html

1.はじめに―私の懺悔―

 1986年、「片状岩のクリープ性大規模崩壊」という論文を書いたことがある。その中で、宮崎県椎葉村本郷地区の山腹に凸地形(いわゆる胎み出し地形)があり、その下部に末端崩壊がある。この末端崩壊は大規模崩壊の前兆現象であって、やがて崩れるであろうと述べた。その写真を鹿児島大学のホームページ「かだいおうち」にも載せておいた。ところが、2005年9月6日、台風14号により、まさにその場所が大規模崩壊を起こしたと、メールを頂戴した。さて、20年前の予言が当たったとして胸を張って良いのであろうか。過疎地のため、人的被害がなかったからよいものの、もしも人命が失われていたら、恐らく責任を追及されたに違いない。学術雑誌の片隅に書いておいただけで、住民にも行政にも警告しなかったからである。その後、崩壊地頭部に林道が建設されたことも知らなかったが、当然、ルート変更を提案すべきだった。なぜ、積極的に働きかけなかったのか。「やがて崩れる」というだけで時間の目盛が入っていないことが示すように、遠い将来と考えていたからである。活断層の話でも、明日動いても不思議ではないし、1,000年後かも知れないなど言って、地質家はひんしゅくを買っている。われわれの世代の地質学では、人間の寿命のオーダーでの予知予測が出来なかったのである。次の世代の方々にはぜひ土砂災害でも短期予知が可能になるくらい学問を進歩させていただきたいと願っている。  以下略 (2008年7月)


この「大河内における大規模斜面崩壊」の現場を9月14日に自分の目で見てから、これに関する情報を集めてみたが、岩松さんの文章がヒットする前に南九州大学の高谷精二・鈴木恵三の共著の報告を見つけた。

高谷 精二・鈴木 恵三 (2007) 2005年台風14号による宮崎県内に発生した巨大崩壊 
日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides 44(2) pp.90-96

一ツ瀬川上流、大河内における斜面崩壊の詳細がこの報告に含まれているが、高谷研究室のホームページには現場で撮影された、崩壊した2005年の12月と2007年8月の写真が掲載されていた。
http://takayalabo.web.fc2.com/index.html
下のURLリンクは2005年12月9日撮影の斜面崩落現場の正面から見た全景写真である。
http://takayalabo.web.fc2.com/sokuhou/hongou/h-shoumen.JPG
これと自分が先週撮影した写真を見比べてみた(クリックすると拡大します)。
e0094349_9515792.jpg

この写真では良く見えないが、崩壊斜面の最上部には林道が修復・建設されている。
下はその林道部分を拡大した写真である。ガードレール、フェンス、そして林道下の斜面の土止めが見える。
e0094349_9571289.jpg

高谷研の2007年8月の写真では、林道補修建設の途上の写真があった(下のURLはそれぞれ全景と林道補修建設現場)。
http://takayalabo.web.fc2.com/sokuhou/hongou/070824-2.JPG
http://takayalabo.web.fc2.com/sokuhou/hongou/070824-7.JPG

そもそも、ここで補修された林道が最初にいつ建設されたのか、また周辺の植林の履歴がどうなっているのか、など知りたいことはどこにも記述がない。

上に引用した岩松が述べた「その後、崩壊地頭部に林道が建設されたことも知らなかったが、当然、ルート変更を提案すべきだった。」というコメントは、斜面崩壊前にすでに林道があったことを示すだろうが、1986年の論文が書かれた時点ではどうであったのだろうか。

念のため、空中写真の閲覧サービスで国土地理院の1976年撮影のカラー写真を見たが、オンラインでは解像度不足で良くわからない(ただし、1976年までに行われた大河内周辺の山中で大規模な森林伐採の痕跡が見える)。

急斜面で尾根まで植林されたスギの高密度に育った大木が斜面を不安定にさせているようにも思えるし、集中豪雨の際に林道が川筋のようになり、谷間に雨水を集中・浸透させるようにはなっていないのだろうか。また、そこに治山ダムや砂防ダムがあれば、その部分では何が起こっているのだろうか。

高谷研究室サイトには、各地で破壊された砂防ダムの写真集があったが、そもそもこれらのダムの機能はどのように考えられ、設計されているのか、さっぱりわからない。斜面を安定化させるという建前で建設されていることは知っているが、実際にそのような構造物が期待された機能を発揮しているかどうか、いくら探してみても実証されたような情報は見当たらない。

林道と地すべりに関する報告はいくつもあるが、林道建設を含む林業の山地斜面の崩壊とのかかわりについて実態を深く調べている報告は少ない。下に参考例をメモしておく。

末峯章 「林道建設と地すべり活動について2」
http://www.dpri.kyoto-u.ac.jp/web_j/hapyo/05/p17.pdf

松元 正美 (2006) 「台風14号による林道被害状況」  鹿児島大学農学部農場技術調査報告書 14, 28-29

2年前に樫葉オートキャンプ村を訪問した時は、その先に進んで椎葉村の大河内に出る林道が(路面崩壊で)全面通行止めだった。
e0094349_14223597.jpg

また、キャンプ場手前の林道が谷を渡る場所には橋があり、その下に砂防(治山?)堰堤の列が土砂で満杯になっていたが、何時崩れ落ちてもおかしくないように思われた。
e0094349_1423465.jpg

さらに、もう少し前の場所では治山ダムの周囲で山地が崩壊していたが、このダムはどう見ても意味の無い状態になっていた。
e0094349_14254051.jpg
e0094349_14254885.jpg
e0094349_1425578.jpg
e0094349_1426549.jpg

この光景を見てから、県内各地で山地の谷間に建設されているものすごい数の堰堤の姿を注意してみているが、何のためにその場所にあるのか、さっぱりわからないものがほとんどであった。

水を溜めるダムでも決壊したら下流では大変なことになるが、土砂を溜め込むダムは決壊したらもっと危ないのではないか。

以前、砂防ダムによる防災キャンペーンで小中学生にポスターを作らせてコンクールなどをやっていた情報を見たが、「砂防ダムがあるから土石流なんて怖くない」という子どもが書いたキャッチフレーズを見てゾッとしたことがあった。

http://www.pref.shiga.jp/h/sabo/06_hou/files/e-shinbun/boshu/nyusyosakuhin.pdf
上の滋賀県だけでなく、各県で同じコンクールを続けているらしい。宮崎県でも募集案内があった。

幸いなことであるが、宮崎県内の多くの堰堤は崩れても特に人的な被害が出そうにも無い、何も守るべきものが無い場所に建設されているようだ。
[PR]

by beachmollusc | 2009-09-22 10:20 | 評論
<< 陸地峠、西南戦争の古戦場 小倉ヶ浜の誤岸と高潮 >>