beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

陸地峠、西南戦争の古戦場

北川の河川漁業協働組合は名物のアユ資源を守るため、北川支流の小川の源流域(矢ヶ内川)の山地を「水源の森」として保全する取り組みをやっています。林業による山地の荒廃が進み、河川を痛めつけているため、伐採されないように自分達でお金を出して山林を借りています。

この取り組みは2009年度の第8回MRT宮崎放送環境大賞を受賞しています。
http://www.mrt-miyazaki.co.jp/event/contents/09kankyou/?id=index

水を守る森を残そうかい (北川漁業協同組合)延岡市 北川町

河川流域の多様性の有る雑木林を保全し、豊かな水をつくるため、平成12年より水辺の環境保全の取り組みを行っている。川と親しむイベント、夏の河川プール、障害者を招いてのイベントも行っている。

受賞の理由:海と山の関係に早くから注目して、主催者と参加者が楽しみながら年間を通じて様々な活動を展開してきた実績と、内水面漁協が380haに及ぶ森林保全に取り組んでいる先見性が高く評価されました。

e0094349_1859237.jpg

前に2回現地を訪れていますが、この看板の写真がうまく撮れていなかったため、土曜日の勉強会で使う写真を本日(23日)撮影してきました。当然、付近の林道のサル・マタ探索もやりましたが本日は収穫なし。

矢ヶ内川の最上流の集落(おそらく宮崎県の集落として最も北に位置する)陸地(かちじ)の先に陸地峠があって、そこが西南戦争の戦場となったことから一度は行ってみたかった場所です。1877年9月24日は西郷隆盛が鹿児島の城山で自刃した日です。

ネット検索してみたら、同じコースで現地を最近訪れたレポートがあり、同じような写真が多数重なっています。

西南役余話 史跡を訪ねて 陸地峠古戦場・1,2,3
http://www.geocities.jp/seinan_eki/ooita/katiditouge-1.html
http://www.geocities.jp/seinan_eki/ooita/katiditouge-2.html
http://www.geocities.jp/seinan_eki/ooita/katiditouge-3.html

陸地集落内にあった案内パネルです。
e0094349_19284437.jpg

陸地の集落から峠までの林道は完全舗装でした。落石が少しありますが支障ありません。
e0094349_1931839.jpg

峠のすぐ下に水汲み場の標識がありましたが、沢は乾いていました。
西郷軍が立てこもった時期は梅雨だったようで、水に困らなかったのでしょう。
e0094349_19294870.jpg

峠の周辺で山腹は激しく伐採されていました。
e0094349_19383927.jpg

e0094349_1937418.jpg

峠で林道がT字路となっていて、ラミネートが汚れてしまった説明文あり。
e0094349_19473096.jpg

e0094349_19393663.jpg

看板の所にあった階段を登って行くと、お地蔵様が待ち受けていました。
延命地蔵尊です。
e0094349_194233.jpg

急な坂を上り続け、その先に石碑を見つけました。
e0094349_19491441.jpg

さらに、奥には塹壕群があるようですが、ここまでで引き返しました。
北の方角、大分県の山なみを遠く見ると、どこもかしこも林道と伐採された跡だらけです。
e0094349_19442944.jpg

峠のT字路で左折すると直川方面に向かい、以前訪れた直川ダムから、さらに超険道の603号線で大越グリーンピア公園に出るはずです。

舗装されたばかりの右折する道は地図に載っていないのですが、標識に「直川・蒲江線」とあったので、蒲江に出ることが出来るなら道も綺麗だしOKだと考えて進みました。しかし、4キロあまり先で舗装が終わりで、工事中の看板も出ていないので、途中で工事が(予算切れ?打ち切り?)中止されているようです。
e0094349_19551792.jpg
e0094349_19552865.jpg

林道の先の方は路面が荒れたダート道のようなので、しかたなく、来た道を通って戻りました。

陸地から降りて、北川と北浦を結ぶ県道43号線から国道388号線に移って古江に向けて走ると、途中で「地下」という集落を通ります。地上にある集落ですが、なぜかこの地名が付けられています。読み方は知りません。地下の周辺では東九州自動車道の建設工事で休日でもダンプカーのラッシュでした。
e0094349_202554.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-09-23 20:01 | 日記
<< 水源の森つくり 地すべりと林業 >>