beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

水源の森つくり

山ノ神山の尾根筋で大きな実が生っていたシマサルナシを見つけた喜びは前に報告した。

その場所で行われていた緑資源機構の「水源の森つくり」の現場は極めてショッキングな有様だったが、現場を見渡せるような場所がなかなか見つからないので、現状を写真で紹介することはかなり難しい。最新の高解像度の空中写真があれば良くわかるが、県北部の写真はオンラインで公開されていない(延岡の竜巻災害の直後の写真が国土変遷アーカイブにあるだけ)。2005年の集中豪雨の爪あとの写真は撮影した会社が一部を公開しているが、この場所は該当していない。

陸地峠の探訪の後、林道:松瀬・歌糸線の歌糸集落側(国道388号線の沿線)から山ノ神目指して登ってみた。前回はこの林道を途中から勘違いで県道43号線側の集落に降りてしまったので、完走していない。幹線林道や大規模林道には道しるべがあるが、このような一般林道では分岐点での行き先標識がない。GPSの読みではまだ先かも知れないと思いつつ、良い状態の方が主道だろうと判断して間違えたのだった。道路地図や地形図で記された林道はほとんどあてにならない。

歌糸の集落は谷間の渓流沿いにあって、水田の他には茶の栽培が目立っていた。霜害を防ぐための屋外扇風機がポツンと立っているようなのどかな村であった。肝心な林道の標識は全く無いので、勘を頼りに山に向かって進んだら、前に走った山ノ神山の尾根の少し東側に続く尾根筋が見えてきた。
e0094349_1821566.jpg

山頂の南側が見えているのだが、尾根筋が広く伐採されて裸になっている様子が麓から見ても良くわかった。
林道を登りながら見えた山腹の惨状を紹介する。
e0094349_18233196.jpg
e0094349_18233828.jpg
e0094349_18234671.jpg

e0094349_183985.jpg

e0094349_18235353.jpg

林道は部分的に舗装が切れていて、ガレのある砂利道の部分が断続的に現れるからライダー向きではない。道を塞いで通行できなくしているような斜面崩れの場所はないが、舗装面にかなりの落石があった。
e0094349_18264610.jpg

この谷間の林道沿いには砂防や治山の堰堤は見つからなかった。

水源の森を作るということを口実にした林業、しかも大規模な皆伐で山を丸裸にして、その跡地をそのまんまに放置しているように見える。このような状況は九州山地ではごくありふれているようである。

林野行政は山林の手入れを呼びかけ、ボランティアを募集したり、森林税を徴収したりしているが、現場の姿が一般市民の眼に触れないのを良いことに、実際は何をやっているのだろうか。
[PR]

by beachmollusc | 2009-09-24 18:32 | 環境保全
<< ツタの紅葉 陸地峠、西南戦争の古戦場 >>