beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

郷土の地名雑録

小倉ヶ浜と金ヶ浜の地名の由来を追って、「ようこそ宮崎」サイトの管理人さんに教えてもらった本「郷土の地名雑録」 佐藤 忠郎/著(地域文化研究所、1985年発行)を日向市立図書館から借り出して読んでいたが、次々と驚くこと、面白いことが出てきた。

同じ著者が出した以下の本も図書館の郷土資料室にあるので、持ち出し禁止本を見に出かけなければならなくなった。「甦えった砂浜」は美々津海岸について書かれたもので、前から参照したかった本である。

甦えった砂浜 佐藤 忠郎/編著 地域文化研究所 1985
平兵衛物語 佐藤 忠郎/著 地域文化研究会 1989

著者の経歴を見たら、1930年西米良生まれ、旧制宮崎農林専門学校(現宮崎大学農学部)出身、高校教諭や新聞記者を経て、フリーのライターとして活躍、執筆当時は「日向みどりの会」の事務局長)。
e0094349_17472783.jpg

「郷土の地名雑録」の中で、郷土の自然環境の保全のために地名とその関連情報を調べて書き記している。その情報を見ると、四半世紀前の日向市周辺の様子がよくわかり、山林の問題や忘れられている山の幸についても当時の状況がよく理解できる。

図書館の蔵書にはないが、この著者はコンニャク紙やコンニャク栽培法などの本を出版したほか、カワウソの生息調査にも取り組んでいた。残念ながら、これらの本の所在は色々検索して探したがわからない。

コンニャク紙は太平洋戦争末期にアメリカ本土を空爆した風船爆弾の風船の素材となったものである。これの素材としての特性を生かして、何か現代風に利用できたら面白いだろう。

カワウソについては、全国登山者自然保護集会 第7回 おおくえ集会(1989年)で講演している(下のpdfファイルの8頁)。
http://www.jwaf.jp/profile/activity/report/pdf/06-syuuyaku.pdf
カワウソの話(延岡市在住;佐藤忠郎). カワウソのユーモラスな生態の紹介と、絶滅したといわれるカワウソを追っている話。

動物地名の章で、北方の「獺越(ウソゴエ)」という地名に関してカワウソについて述べているので、その部分をスキャンした(クリックすれば読みやすくなります)。
e0094349_223251.jpg

e0094349_224731.jpg

宮崎県の北部から大分県南部、特に祖母、傾、大崩山の一帯では、オオカミとツキノワグマに加えてカワウソが生き残っている可能性があるとも言われている。カモシカはしっかり残っているらしいが、これらの九州絶滅トリオの一角が残っているとすれば、このあたりしかないだろう。

次に、海岸植生の道路工事による破壊、山地の斜面崩壊と人工林の関係、葛の利用についての提言などが含まれている部分をスキャンした。(クリックすれば読みやすくなります)

(二) 地名と防災、治山治水  221頁の冒頭:
延岡市の南部を流れる沖田川右岸の国道十号線の下流(下の画像に続く)
e0094349_17503179.jpg
e0094349_17504034.jpg

門川町の川内、庭谷川は五十鈴川の支流であろうが、2万5千分の1地形図ではどれかわからない。

川内の地域に流れている五十鈴川の支流、三ヶ瀬川流域では自然環境がよく保全され、現在でも季節になれば渓流全域にゲンジボタルが乱舞する。渓流沿いの林道はサルナシやマタタビの宝庫である。

著者は杉の植林が山頂まで行われた異常さに気がついているが、その背景に関しては触れていない。
e0094349_1750502.jpg
e0094349_1750575.jpg

乱伐された荒地の斜面を葛が覆って地滑りを防いでいる効果は調査され、検証されているのだろうか。

畜産の自給飼料として、また食品や医薬品としての葛は注目されてしかるべきものと以前から考えていたが、それがこの本の著者によって明確に指摘されていた。野生状態であっても採取する資源として量的に問題はないだろうが、収穫する技術に課題が残っているように思われる。また、休耕地などで支柱を作れば、雑草対策不要の農作物として栽培できるはずである。

放棄農地や休耕地を農地として生かしておくために葛栽培を公共事業化してもよいだろう。マメ科特有の共生根瘤菌による窒素固定で土地を肥やしながら、地面を覆って笹などの農地破壊を招く植物の侵入が抑えられれば、一石二鳥となるかもしれない。公共事業はコンクリート土建から頭脳を使ったソフト産業に移行しなければならないが、そのモデルがつくれないだろうか。

山の恵みとなる資源の見直し、忘れられた資源の復活、そして林業の健全化をうまくリンクさせる方策を探るヒントはいくらでもあるはずである。
[PR]

by beachmollusc | 2009-10-01 17:50 | 評論
<< 日向市塩見地区の時代変化 藪の中に咲く赤い花 >>